Home > 記事一覧

ユダヤの祝祭

ユダヤの祝祭というのはデキレースのコンクールのことを指す。

具体的事例としてショパン・コンクールを検証する。

まず必要な定義から。


定義 フレデリック・ショパン 
ユダヤハイブリッド種の似非作曲家。
その実体はゲルマンの天才集団。
20代の女性を中心とするチーム。
この天才集団はチーム・モーツアルト、
及びチーム・ベートーベンとカブる。



定義 ショパン・コンクール
似非作曲家の名を冠したコンクールは数あれど、
世界的に最も知名度の高いコンクールとして知られる。


ユダヤ人のユダヤ人によるユダヤ人のための祝祭である。



原則コンクールの主催者及び審査員はユダヤ人で占められ、
演奏者も国籍は違えどその8割近くをユダヤ人が占める。


5年ごとに開かれ、3段階のステージを経て、
4段階目のファイナルでコンクールの覇者が決まる。
3から4への移行を経て第5元素(賢者の子)を獲得する。
まさしくマリア・プロフェテイサの公理の象徴化である。


ショパン・コンクール=フェニックス・プログラムの象徴化。


ショパン・コンクールの優勝者は事前に決まっている。
つまり予め決定している結果に向かってデキレースが展開される。
これは神聖にして不可侵であり何人も変更できない鉄則である。


事例 2015年のデキレース
このデキレースこそは3年後に開かれた平昌オリンピックの元型である。


欺瞞の受賞式ゴッコ
https://www.youtube.com/watch?v=d3aU6DsWbts



seong jin chon=羽生結弦=序列と肩書きを見ているユダヤ純血種の柳鍋


13人の錬金術師たち(13番目に坐っている真正オカマが序列最高位のバフォメット)



14番目の空席は『Nのために』用意された特別席である。
やがて壇上に登場したNは28分(完全数)で頭を下げてから特別席に座る。


注意点
今回のデキレースと1985年のヤラセとは似て非なるものである。
なので明確にここで区別しておきたい。

1985年のヤラセのおさらい

当時『ショパン・コンクール史上最大のスキャンダル』
と呼ばれたそれはおおよそ次のような筋書きのもと進行した。

①独創的な演奏(コピー)と反抗的な態度(演技)によって、
聴衆の注目を集めるようイーヴォ・ポゴレリチに命令した。
(実際のところバクハツした金髪に染めチャラオにイメチェンしたポゴレリチは、
シナリオ通りに演ずる能力と聴衆を引きつけるだけの魅力を持ち合わせていた)

②そのポゴレリチを予選落ちさせた。

③これを受けて審査員のマルタ・アルゲリッチが、
「彼は天才よ。こんな場所にいるのが恥ずかしい」
という捨て台詞を吐いて敢然と審査員の席を蹴って立った。
(という芝居を打った)

③そのアルゲリッチとポゴレリチが手に手を取って、
深夜のホテルの非常階段を逃走する姿が目撃された。
(文春砲のようにヤラセのツーショット付で報道させた)

④『破天荒な天才』としてポゴレリチは世界的に認識された。
(当初よりの目的が達成された)


2015年のデキレースの主役は虚構の天才ではない。
何と本物の天才がフェニックスとして登場している。
天才の右腕の手首には赤いヒモが巻かれている。


八百長プログラムを牽引するフェニックスの印である。



Georgijs Osokins – Sonata in B minor Op. 58 (third stage)
https://www.youtube.com/watch?v=6IWxwAjFi9U


自在に天才にアクセスしまくっていたオーソキンスは、
しかし突如としてファイナルで別人28号になる。


Georgijs Osokins – Piano Concerto in E minor Op. 11 (final stage of the Chopin Competition 2015)
https://www.youtube.com/watch?v=v2wcRviKgJI

ステージに登場したオーソキンスはまずコンマスと握手し、
次に38秒で指揮者に向かってウインクしている。
分かっているよというように指揮者は微笑むが、
心の中では悲しんでいる。


チョ・ソンジンなどは足下にも及ばぬ天才は、
「いいか何回も尻餅をつけよ」と命令されている通り、
それこそ何回も何回も念入りにズッコケている。


ワザトらしいミスタッチではマズイということで、
事前に編曲?して練習したようなズッコケというか、
天才にしか出来ないような絶妙なズッコケかたである。


ある意味このファイナルの演奏が一番スゴイ。


結果発表の人物模様をご覧いただきたい。


チョ・ソンジンはデキレースを知っているし、
知っていながら優勝を喜んでいる。


Behind the Scenes "And the Winner Is...
https://www.youtube.com/watch?v=3RkK7ahmfLk


この集団の中で天才は1人しかいない。
彼は自分の任務の何たるかを弁えているので、
ひとり集団から離れ奥の方で逼塞している。


あとはドングリの背比べである。
壁のようにツルツルしたコピーのような演奏で、
デジタルで描いた絵のように感性が死んでいる。
自力でオリジナルを描くだけの創造力がない。


Kate Liu – Sonata in B minor Op. 58 (third stage)
https://www.youtube.com/watch?v=e6cv_rOpeO8

(ケイトとソンジンの間にある差はかなり大きい
それ以外はソンジンを含めてほとんど差がない)

Seong-Jin Cho – Sonata B flat minor Op. 35 (second stage)
https://www.youtube.com/watch?v=zc9n2SOdksE

Szymon Nehring – Polonaise in F sharp minor Op. 44 (second stage)
https://www.youtube.com/watch?v=eZgrm8dNA-0

Charles Richard-Hamelin – Ballade in A flat major Op. 47 (first stage)

https://www.youtube.com/watch?v=E4S1NSD5OMw

Eric Lu – Prelude in E minor Op. 28 No. 4 (third stage)
https://www.youtube.com/watch?v=90wBhBZjAUQ

Yike (Tony) Yang – Ballade in F minor Op. 52 (third stage)

https://www.youtube.com/watch?v=XjrzG5kwrrQ

Aimi Kobayashi – Ballade in G minor, Op. 23 (second stage)
https://www.youtube.com/watch?v=OmN_uWRaxuQ


そしてこの3年後に同じことが企てられた。


17thショパン・コンクールとは、
平昌オリンピックの雛形経綸だったのだ。



『羽生結弦66年ぶり冬季オリンピック2連覇達成』
『羽生結弦冬季オリンピック通算千個目の金獲得』


呪術的意味合いを持つ上記目標を達成する上で、
最大の障壁といわれたネイサン・チェンに尻餅を連発させ、
八百長採点によって羽生結弦を優勝させたのである。


命令に従って尻餅をついたネイサンは、
フリーの演技では本来の実力を発揮することを許された。
しかしオーソキンスの場合は最後までそれが許されなかった。


そして誰もいなくなった。
「彼は天才よ。こんな場所にいるのが恥ずかしい」
といって席を立つ者は。



そして八百長で優勝した秀才は短期間でハゲシク劣化した
https://www.youtube.com/watch?v=QWFR9joxbpc



ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新記事

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]