Home > 未選択

花郁悠紀子

当ブログ記事の無断転載は固くお断りします。


最近、映画、小説、マンガについての記事が続いていますが、
こんなものは本来なくても一向に構わないものです。
666の6部門のお仕事の96%はなくても一向に構わない。
6部門とは政治・経済・文学・哲学・軍事・医療です。
ユダヤ特権階級が捻り出した純然たるカルトです。
この96%は少なく見積もっても厳然たる害悪です。な
国連安保理(サイガサマの真正宦官の巣窟 八百長戦争装置)の壁には、
この96%以上不必要なカルトに従事するユダヤの人々のタペストリーが掲げられています。


江戸時代の丁半博打の延長線上にある証券会社や、
札差の延長線上にある銀行などというシロモノは、
不要どころの話ではありません。
害悪というもおろか純然たる悪です。
銀行の呪術的漢字の成り立ちによると、
それは呪術を行う四つ辻に於いて、
艮の金神が行う錬金術を表わしています。


当ブログ記事は主として文学哲学部門を扱っています。
ウンコを以てウンコを制するようなこんなくだらない記事も本来不要なものです。
必要上、天才とか秀才とか凡才とか評価していますけれども、
天才だから天才だと書いているだけでそれ以下でも以上でもありません。
天才の作品や演奏には感動するしすばらしいと思うけれども無ければ無いで一向に構わない。
それが僥倖であろうがなかろうが生態系にとって必要不可欠なものではありません。
そんなものに最高の栄誉を与えるなどもってのほかです。
殊に文学部門のみなさんは勘違いしてはいけません。
やるからには橋の下に住む者だと思ってやらなければいけません。
そうでなければ一行でも書けるものではないのです文学などというものは。
文学だろうがサブカルだろうが書いても書けなくてもどうでもいいのです。
そんなものを無理に捻り出さなくてもいい。
もとより敗北感なんか覚える必要もありません。
本来は文字も知識も何も要らないのだから。


初等教育から頭の中にウンコを詰め込まれ、
それを後生大事に生きていく必要もありません。
人間以外の動物はそんなものは必要としません。
彼らは必要なもの以外は持たない。
愛情と知性と感性を持って生きている。
そういうものに私はなりたい。
いまはウンコまみれだけれどいつかは。


ではまず前稿の追加事項からです。


定義 斉藤工(37歳)
斉(Ψ)はサイガサマの三位一体の象徴化。
藤はサイガサマのヴァラ(力)の象徴化。
工はメルジーネの象徴化。


斉藤工にはチキとチータがいます。
チキは意識の象徴化。
チータは無意識の象徴化。
チキとチキは代わる代わる登場します。
意識と無意識が合一して賢者の子が誕生するのです。


斉藤工は当年とって37歳。
サイガサマの魔法陣を構成する1人です。
共演した上戸綾よりもはるかに序列が高い。
超が何個もつく重要人物としてインプットしてください。


諏訪Pの構図
斉藤工チキ&チータと上戸彩チキ&チータ。
意識と無意識を象徴化する2組のチキ&チータは、
不倫ドラマで唯識論を演じるVIPな4人組です。
何たって4人組はキーワードなのです。かの江青を見よ。
『獄中死』した『稀代の悪女』が演じさせられたその役割を。
で、この不倫4人組による諏訪P(SWAP)の序列は次の通り。


序列4 長男 
上戸彩チキ ユダヤ特権階級 真正オカマ 身も心も男性 金を見ている変質者 摂食障害者
打ち上げの会話をしているのがチキ
https://www.youtube.com/watch?v=XZ_VyL_HXho


序列2 次男 
斉藤工チキ ユダヤ超特権階級 柳鍋 身も心も女性 男の子が好きな変質者の鬼
https://www.youtube.com/watch?v=x7AF7EFZ-dg
https://www.youtube.com/watch?v=OAI9cdNVKuo
https://www.youtube.com/watch?v=_zj4YjRuI8E


序列3 三男  
上戸彩チータ ユダヤ特権階級 真正オカマ 身も心も男性 好きな人を見ている人間
https://www.youtube.com/watch?v=I1Ry6cY8HB8


序列1 統合者 斉藤工チータ
ユダヤ超特権階級 柳鍋 身も心も女性 男の子が好きな変質者の鬼
https://www.youtube.com/watch?v=BN_EStsCsPU
https://www.youtube.com/watch?v=-VdOvS1KNIg
https://www.youtube.com/watch?v=x_c91hiVbEo


アンドレアス作詞 ゲルマンの天才作曲『糸』に因んで一句
題して『昼顔の意図(ダジャレになっています)』
♪チキ同士の合一がヨコの糸、チータ同士の合一がタテの糸
ヨコの糸とタテの糸のグランドクロスを幸せ(令の別名)と呼びます♪




さてここから本題です。




萩尾望都が掘った墓穴

2019年6月25日発売


本誌は奇しくも第一次朝鮮八百長戦争が勃発した96年後に発売されています。
エドガーは明の王の象徴化。アランは清の皇帝の象徴化。
エドガーは金日生の象徴化。アランは金正日の象徴化。
つまりエドガーとアランはツインタワーの象徴化です。


エドガーが左手に持っている鍵はサイガサマの三位一体の象徴化。
背景のバラのアーチはマーブルアーチの象徴化。
第二次挑戦八百長戦争によって賢者の子が誕生する前触れでしょうか。


表紙イラストも三段階の分業によって完成されています。
とある秀才が背景のバラを描き(五弁の薔薇は錬金術の象徴化)、
次に凡才の次男がエドガーとアランを描き
最後に別の秀才がエドガーとアランの靴とズボンを着彩し、
バラのアーチを描き入れてから全体のトーンを整えて完成。
作業工程の流れとしてはこんな感じでしょうか。
気のせいかエドガーとアランの靴とズボンにのみ求心力が感じられます。


前掲書の説明によるとこれから萩尾望都が鉛筆の下描きにペン入れするとのこと。
しかし一体どこにペン入れするのでしょうか?イラストにはペンは使われていません。



引き続き前掲書の説明には「筆を持つ手に注目!」とあります。
筆には黒い墨が含まれています。一体どこに墨入れするのでしょうか。
イラストの人物の着衣には黒い墨は使われていません。



定義 萩尾望都  
ユダヤ超特権階級 真正オカマ 身も心も男性 女の子が好きな変質屋の鬼 似非漫画家の母




萩尾望都の掛け値なしの画力

『人生画力対決』で衆人環視の前で描いたアンパンマン&グレッグ
次男の下描きなしで描くとこんな程度の絵しか描けません。
絵の好きな小学生の方がはるかに上手です。




萩尾望都の天紋
萩尾望都の眉間にある黒子は天紋といいます。
天紋は清の皇帝の印です。
ちなみに令の顎に付いている黒子は地紋といいます。
地紋は明の王の印です。


天紋と地紋が揃うと天変地異を引き起こすことができます。
呪術上ではそういうことになっています。
では実際にはどうするかというと、
メキシコのユカタン半島の恐ろしの森にある、
気象兵器のスキマスイッチを押します。


で、萩尾望都の天紋ですがこれは天然のものではありません。
恐らくは変容の儀式を受けた19歳に人工的に付着したものです。


こちらの写真にはデカイ天紋が付着していますね。
 
テレビランド増刊 イラストアルバム6『萩尾望都の世界』より



下記動画にも萩尾望都の天紋が登場します。とっても重要な印なんですね。
すでに『人生画力対決』で馬脚を顕しておきながら懲りもせずに製作した創作神話です。
その狂言回しを務める浦沢直樹もまたユダヤ特権階級の変質者の鬼の似非漫画家です。
https://www.youtube.com/watch?v=MudJD3iybnk


天紋がしっかり捏造されています。創作神話ですから。
 


顔付きも凜々しく見えるようにイジられています。創作神話ですから。
 


元型はこちらです。
本当の顔付きはもっと間延びしています。
もちろん天紋もまだ付着していません。
  
文藝別冊『少女マンガ界の偉大なる母 萩尾望都』より


萩尾望都を構成する団子三兄弟の次男の変遷
初代 花郁悠紀子 不世出の天才 花郁悠紀子を超える少女漫画家は未だ出現していない
次代 佐藤史生  花郁悠紀子の遺稿を加工して自家薬籠中のものにしている男性(オカマ)
三代 マルン   知性と感性が欠落している統一バカルト 様式の範疇から一歩も出ない


定義 マルン
マルンは萩尾望都の三代目の次男です。
佐藤史生と同じく真正オカマの形態を取るユダヤ人です。
周囲からはマルンという愛称で呼ばれています。
当ブログでもマルンと呼ばさせてもらいます。

萩尾望都名義の厖大な作品群は3人の次男によって書かれています。
初代の花郁悠紀子は情感豊かな女性の感性で作品を描いています。
この人は感性だけでなく知性も豊かです。ハル以上かも知れません。
次代の佐藤史生と三代目のマルンは男性の感性で描いています。

『芸術新潮』で萩尾望都のヨイショをさせられていた女子美の教授が、
萩尾望都が描くキャラクターの目の表情の豊かさに注目していますね。
実にその通りです。鋭い。

俗に目は心の窓と申します。
この3人が描いた絵をを一瞬で見分けるには、
それぞれが描いた目を見ればいい。
文字通り一目瞭然です。

花郁悠紀子の描く目には知性も感性も愛情もあります。
佐藤史生の描く目には知性も感性も愛情もありません。
マルンが描く目はデカイだけのガラス玉です。
三文オペラのように大げさで中身がありません。
記号のようなものです。

花郁悠紀子の遺稿を加工して自分のものにしている意味でも、
マルンは佐藤史生の正統なる後継者です。
懲りもせずバレバレのアリバイ工作の現場指揮を取っているのも、
この真正オカマのマルンです。

晩年の佐藤史生には自分のやったことに対する葛藤がありましたが、
マルンにはそんなものは微塵もありません。
マルンにあるのは自分の作品に対する自信と揺るぎのない使命感です。
統一バカルトですから。


これは丸ごと一冊佐藤史生の本です。
佐藤史生の悲しみが詰まっています。
 


これが佐藤史生の手です。



佐藤史生が描いたマルンとの師弟関係です。





こちらは花郁悠紀子と佐藤史生を写した貴重な写真です。
 
前掲書『少女マンガ界の偉大なる母 萩尾望都』より


左上から時計回りに4人を『コンパクト』に説明していきます。 
部外者(食っちゃ寝している萩尾望都 合間には原稿をぼーっと眺めて無為に過ごしています)
花郁悠紀子(美しすぎる顔を見せないように極力頭を下げさせられながら必死に描いています)
部外者(『マネージャー』の城章子 その実体は萩尾望都のお茶飲みトモダチ兼監視者です)
佐藤史生(真面目に原稿に取り組んでセッセと描いています)


上記4人の序列は次の通り。
序列1 城章子
序列2 萩尾望都
序列3 花郁悠紀子
序列4 佐藤史生


城章子はものすごく序列の高い名前です。
名前だけでいうとチャンツイーに匹敵します。
章子というのは令の別名なのです。




花郁悠紀子の遺稿
これを書くのはかなり気が重くてできれば先延ばしにしておきたかったのですが、
萩尾望都の粗忽なアリバイ工作の度に花郁悠紀子の遺稿が冒涜されるのを見るにつけ、
はやり書くべきことを書かねば自分の中でも終らないのだと思うので書きます。


まず佐藤史生について書いた以前の記事は全面撤回しなければなりません。
「萩尾望都と違って佐藤史生は腐った餌は食べない、
高い矜恃を持つ人だから抹殺されたのだ」
という記事は迷妄以外の何ものでもありません。
この記事は浅慮の一失というほかありません。
訂正してお詫びします。


読者のみなさんにはすでにご存知のように、
萩尾望都の原作はアンドレアスが一手に引き受けています。
最近はカールに移行していますが、
原作の9割以上がアンドレアスによるものです。
そのアンドレアスが佐藤史生に対して怒っている。


そういうことを以前チラっと書きましたが覚えていますか。
アンドレアスは萩尾望都に対してよりも佐藤史生の方を怒っていると。
そうアンドレアスは怒っているのです。しかも物凄く。
アンドレアスの萩尾望都に対する怒りは、
せいぜいがラクダ呼ばわりする程度ですが、
佐藤史生に対する怒りの方はというと、
豚呼ばわりして唾棄せずには置かない。
それほど熾烈で強烈です。
それはもう本当に怒っている。
特大の怒りです。


アンドレアスがこんなに怒っているのは、
私の知る限り佐藤史生に対してだけです。
大抵の似非作家にも怒らないアンドレアスが・・なぜここまで怒っているのか。
それを真剣に考えざるを得ない。


前掲書に掲載されている花郁悠紀子のクロッキーノート

いやーこれはもうアンドレアスでなくても特大の怒りを覚えるでしょう。
これ以外にもどれだけ隠し持っていやがるのか?という悲憤を感じますよ。
これは本来遺族のものです。だけど遺族は知らない。
つまり窃盗です。しかも話は窃盗では終らない。こうやって利用され続ける。
もし遺族が知っていたらこんなことがまかり通るはずがない。
生きている間はともかく花郁悠紀子は死んでいるのです。
それともこうやって何度でも踏みつけにされるのが、
最初から織り込み済みだとでもいうのでしょうか。




萩尾望都の拙劣なアリバイ工作(ワースト3)
花郁悠紀子のラフが萩尾望都の大量の悪筆で台無しにされています。
目を覆わんばかりの狼藉です。一見しただけでウンザリします。
第一に花郁悠紀子は『ポーの一族』なんつー題名は書き入れません。
それは花郁悠紀子の他の無傷のラフスケッチを見れば分かることです。
くだらない科白も書き入れていません。絵に関する最小限のメモだけ。
いまさらですが萩尾望都には思考能力というものがありません。





萩尾望都の拙劣なアリバイ工作(ワースト2)
花郁悠紀子のラフの顔をいじくったりお絵かきしたり。
その稚拙さには愕然とします。なぜ自覚できないのでしょうか。
にしてもここまで傍若無人な挙に及ぶとは神経を疑います。






萩尾望都の拙劣なアリバイ工作(ワースト1)
まさにラフスケッチの傑作です。
それにメモを書き入れることができる!
ウンコをなすりつけることができる!!
萩尾望都には神経というものがない!!!





番外編のワースト『萩尾望都パーフェクトSelection6 ポーの一族Ⅰ』小学館
内扉の花郁悠紀子のラフスケッチに萩尾望都がお絵かきをしています。
エドガーのいびつな顔とデッサンの狂った下半身に萩尾望都の特長が出ています。。
一番左下の横向きの女の子も描いています。幼稚園の頃に描いた絵ではありません。念のため。






花郁悠紀子の遺稿は実に厖大です。
『バルバラ異界』で終わりではありません。
率直にいってマルンの作品には脳疲労しか覚えません。
『バルバラ異界』以降の作品は斜め読みで済ましています。
なので今回初めてジックリと『なのはな』目を通した訳ですが、
アンドレアス原作の中でも三指に入る重要な作品といえるでしょう。


当然のことながら花郁悠紀子がネームとペン入れ原稿を残しています。
昔からアンドレアスは重要な作品ほど花郁悠紀子に描かせています。
『なのはな』はキメイラの如き、メルクリウスの如き、グロテスクな作品です。
花郁悠紀子の遺稿とそれを加工したマルンの絵が入り乱れています。
両者の落差が激しい。それがモザイクになっている。ほとんど吐き気がします。


『なのはな』の詳細な説明は次回に譲るとして、
今回は花郁悠紀子の遺稿の加工の事例として、
『残酷な神が支配する』を取り上げてみます。
『残酷な神が支配する』は厳密には花郁悠紀子の作品です。
ざっと全体を見渡してみても花郁悠紀子が3割以上を描いています。


実は『残酷な神が支配する』は『メッシュ』よりも早い時期に描かれています。
なぜそれが分かるのかというと佐藤史生の加工具合から分かる。
両者の原稿を比較すると佐藤史生の加工力にかなりの差が見られます。


佐藤史生の加工力
&


本来花郁悠紀子が完成させたイラストには中央のメッシュしかいません。
上と下のメッシュは佐藤史生が後から描き入れたものです。
メッシュの顔と首をやたら長くして目鼻も佐藤史生好みにイジってあります。
花郁悠紀子と佐藤史生の感性だけでなくデッサン力の差が歴然としています。
端っこのミロンの影絵も佐藤史生が追加したものです。
ウンコとまでは言わないまでもミソを付けているのには変わりありません。
花郁悠紀子のイラストの透明な完成度が完膚なきまでにブチ壊されています。
他人が完成させたイラストを勝手にイジくって自分のものにしてはいけませんね。


ではこの『メッシュ』に於ける佐藤史生の加工力と、
『残酷な神が支配する』に於けるそれを比較してみましょう。
花郁悠紀子が造形したキャラクターの中でも、
イアンはダントツに佐藤史生好みなのでしょう。
錬金術の恰好の素材として選ばれています。


佐藤史生のイアン①
花郁悠紀子が完成させたイラストに、
佐藤史生がイアンの上体を描き入れています。
イアンのデッサンは狂っているし、
顔も佐藤史生型にイジってあります。
このジェルミとイアンが表わしているものは、
前掲書のエドガーとアランが表わしているものと同じです。
『昼顔』の紗和と北野先生が表わしているものも同じです。





佐藤史生のイアン②
これも花郁悠紀子が完成させたイラストに
佐藤史生がイアンを描き入れています。
この時期の佐藤史生はどうしようもなくヘタです。





佐藤史生のイアン③
これも花郁悠紀子が完成したイラストに、
佐藤史生がデッサンの狂ったイアンを描き入れています。
全体の調和を破綻させています。





佐藤史生のイアン④
これも同じパターンです。
花郁悠紀子が完成させたイラストを、
佐藤史生がイアンの顔だけイジってあります。





花郁悠紀子が完成させたイラストです。
佐藤史生がイジクってないので調和が取れています。





花郁悠紀子が完成させたイラストです。
完成度が高くてさすがに佐藤史生もイジられない。
というか佐藤史生のジェルミに対する姿勢には、
イアンに対するような情熱や執着が感じられません。





人物も背景も花郁悠紀子が1人で描いています。
木の枝の先にまで花郁悠紀子の感性が息づいています。





以下はすべて花郁悠紀子が1人で描いています。
説明は要らないでしょう。

































ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新記事

(08/17)
(08/08)
(07/27)
(07/19)
(07/11)
(07/08)
(06/29)
(06/21)
(06/02)
(05/01)

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]