Home > 未選択

天人五衰

当ブログ記事の無断転載は堅くお断りします。




引き続きハル原作『2001年宇宙の旅』の本読みです。




まずはお知らせから。




小室圭のΨ難
小泉進次郎のΨ難に劣らず深刻です。
小泉進次郎は自分の立場の難しさが分かっています。
序列の高い滝川クリステルのご機嫌を損じたら即終わり。
さんざん持ち上げられてから地に叩きつけられるのだと。
デキ婚会見したばかりというのに離婚話が浮上しているのは、
滝川クリステルが早くも小泉進次郎に嫌気が差したからです。

しかしこの御仁にはその自覚が見受けられません。
自分の危うい立場というものが分かっていません。
宮内庁に見込まれたら地の果てまで逃げてもムダです。
先例を見ても分かるように逃げ切ることは不可能です。
可哀想ですが諦めて結婚するしか道はありません。
それがイヤなら次善の策として以下の呪文を唱えてください。
「私は事故死しない」「私は突然死しない」「私は自殺しない」
とにかく私は死なないと朝昼晩唱えては周囲に喚起を促すのです。
そうやって生きたまま何とか破談にこぎつけるのです。
破談にしてもらったからといって決して幸せいっぱいの顔をしない。
ひたすら暗鬱な顔をしてじっと隅っこに隠れているに如くはありません。
それもこれも命あっての物種なのです。





iphone11
前稿にiphone11についての加筆がしてありますので目を通しておいてください。
ご存知のようにiphoneの普及はドコモとAUとNHKとアップルがタッグを組んだ国策です。
ドコモはコドモすなわち2歳の白人の子供の肉を食べる象意。
NTTは14人のゾチウルスの世嗣が地獄の釜の蓋を開く象意。
AUは新しい英雄3太郎すなわち千年王国の王の三位一体の象意。
NHKは錬金術を促進する水の指輪、火の指輪、風の指輪の象意。
アップルはサイガサマが囓ったリンゴすなわち人肉食事始めの象意。
iphone11にはアポロ11号並みの特殊機能が内蔵されていることをお忘れなく。
国策というのは有り体にいってサイガサマの命令のことです。
国などという概念を作って国旗などというものを考案したのもサイガサマです。
日本は純然たる私物国家なので増税も改革もサイガサマの指先一本で行われます。
国民は税金とは払う物なのだと思わされていますがそれこそがサイガサマの思うツボなのです。
神が恣意的に徴収する税金とは権力あるいは暴力の象徴化そのものといっていいでしょう。
これから日本はガラパゴスの世界すなわち江戸時代の世界に本卦返りするのです。


神は権力である。

神は暴力である。

神は欲望と怒りの権化である。

神はガラパゴスの創造主である。


アンドレアスの原作をもとに相場英雄の次男(ヤプーの男性)が完成させている
ガラパゴスは江戸時代の奴隷ヤプーを象徴化している



下巻の裏表紙も江戸時代のヤプー



相場英雄 生え抜きユダヤ 柳鍋 口先女 人の苦痛を見ている変質者の鬼 
自らがガラパゴス化を促進する似非作家にふさわしい器である


ガラパゴス化の契機を作ったのは東大卒の電通エリート女性社員の『過労死』です。
母親もメデイアに露出して騒いでいましたが母子ともに改造型ユダヤのオカマです。
娘の高橋まつりは『過労死』のお役に就くために整形美オカマとなり東大裏口、電通コネ入社。
母親の高橋幸美は『過労死した娘の母親』のお役に就くために科白を頭に入れてスタンバイ。
『余命一カ月の花嫁』のお役に就いて乳ガンの広告塔となったオカマの長島千恵と同じく、
高橋まつりも再度整形手術を施してもらって今もどこかでお役に就いているでしょう。
これは生え抜きユダヤの生え抜きユダヤによる生え抜きユダヤのための虚構です。
しかし実際にお役に就いているのは妄想を吹き込まれたヤプー改造型ユダヤです。
(但し長島千絵を演じた榮倉奈々は生え抜きユダヤの真正オカマの変質者の鬼)
ヤプーガラパゴス化のために改造されたヤプーを使う。
生え抜きユダヤは高見にいる。典型的な黄雀行動です。

オカマの母親はまったく悲しんでいません
https://www.youtube.com/watch?v=245-8ZP5K8s

笑いが出るほどしこたまギャラを貰っているからでしょう
https://www.youtube.com/watch?v=rJ1XR5CT87o




最終問題解決
働き方改革によるガラパゴス化&消費税10%増税によるヤプー極貧化と併行する形で、
食品添加物という名の猛毒によるヤプー改造型ユダヤの『最終問題解決』が現在進行中です。
ナチが『最終問題解決』で実際に用いた手段はガス室ではなく人工的に作り出した飢餓です。
就中日本のような賃金奴隷国家では食を使って簡単に『最終問題解決』できるでしょう。
キッコーマン、AGF、クノールカップスープ、マルコメ味噌、永谷園のラインナップ商品、
吉野家、すき家、家系ラーメン、行列のできるタピオカドリンク専門店などがこぞって協賛。
最大手は何といっても同胞の殲滅に手を貸したキッコーマンのソイソースでしょう。
外食好きの改造型ユダヤは『最終解決』されたくなかったらマイ醤油を携帯してください。
われわれボンビーのヤプーもピンピンコロリで自然死できるよう自助努力を致しましょう。


その一助としてサイガサマの呪術を破るわけです。
敵を知り己を知らば百戦危うからず。
サイガサマ自らが範を垂れているように、
まずはサイガサマの正体を掘り下げていく。


サイガサマをインテグレートせよ。
サイガサマとは何ぞや?
サイガサマとは三位一体の死霊でR。


江戸時代から付着をくり返してきた加賀前田家のアカカガチの別名でR。
そのルーツは中央アジアのタクラマカン砂漠に降臨したミシャグチでR。
すなわち赤い口をした白いマムシのその赤い口でR。


1万2千人の拝蛇教徒による三光作戦(殺し尽くし、焼き尽くし、奪い尽くす)、
後にエクソダス&デイアスポラという美名を冠されたジェノサイドを開始するに当たっては、
ミシャグチの啓示による人肉食事始めが密接に関連していることは前稿で既述した通りでR。


約束の地はシナイ半島のカナンではなく黒竜江省のハルビンでR。
731部隊で有名な彼のハルビンなのでR。
それは微細構造定数137の鏡像として作られている。



三位一体の死霊の内訳
序列3 長男 プロスペロー=新皮質
序列1 次男 サイガサマ=大脳辺縁系
序列2 三男 スイモンサマ=Rコンプレックス脳




 人類は生物進化の最終段階にいるが、そうした人間の脳の中には、当然、その進化途上の各段階の生物であった時の部分もくみ込まれている。つまりR(爬虫類)複合体と呼ばれる脳の一番奥の部分は恐竜の脳の働きをしている。とれを取りまく大脳辺縁系は、哺乳類の祖先との共有であり、さらに外側の新皮質は霊長類としての人間の理性を掌る。人間が人間たり得ているのは、脳の八五パーセントを占めるこの新皮質のおかげであるが、しかもなお脳はこの三位一体で構成され、根本的には三者の力のバランスの上に成り立っている。
(ゲルマンの哲学の天才著『エデンの恐竜―知能の源流をたずねて』 
著者に擬されているカール・セーガンは生え抜きユダヤの似非学者)


これを体現するものが松江市加賀の佐太神社(さだじんじゃ)です。


 松江市の西北部、島根県八束郡の佐太神社は、佐太大神をその祭神とするが、この社はその昔、出雲の教権を出雲大社と分かち持っていた由緒深い古社である。この社の大祭、十一月二十五日の神送神事(からさで)には、出雲のどこかの浦に必ず海神の使いという竜蛇(引用者注 蛇の美称 要するに単なる蛇でR)が上がることになっていて、現在も、この祭の際には、必ず社頭に生身の海蛇が甑立ての姿で奉齋されることは第一章で既述のとおりである。
 
 また、佐太神社のご神体は檜扇であり、神紋も扇地紙紋である。古代日本人が蛇または男根を連想した蒲葵の葉が扇の祖であると私は推測するが、かれこれ考え合せれば、佐太大神と竜蛇の関係は濃密であって、この社は古代蛇信仰の痕跡をもっともよく残しているといえる。

 佐太神社の朝山宮司は、加賀(カカ)の潜戸(くけど)がこの社の真東に当たり、あらゆる天からみて、佐太神社にもっとも由緒深い聖地であるとされる。蛇信仰の痕跡濃厚なこの古社の発祥地の名称「カカ」は、隠された蛇の古名ではなかろうか。

(ゲルマンの哲学の天才著『蛇』より 
著者に擬されている吉野裕子は改造型ユダヤの似非民俗学者)




松江市の市旗 サイガサマの三位一体の象徴化
 


さだまさし 生え抜きユダヤ 柳鍋 似非シンガーソンガーライター 清の皇帝の象徴化


水木しげる 生え抜きユダヤ 柳鍋 似非漫画家 左腕切断は明の王の象徴化
実際に描いているのはゲゲゲの女房。お互いに別の連れ合いがいる。ビジネスライクな関係。


サイガサマは人間の身体の一部と引き換えに特権を与えます。
明の王は左目と左腕を捧げ、清の皇帝は右目と右腕を捧げ、
然る後にHAPPYTOGETHERして連理の枝となるのです。


参照資料
アンドレアス原作 山本一力を構成する団子三兄弟の次男著『いかずち切り』
アンドレアス原作 津村記久子(次男 ヤプーの女性)『サイガサマのウイッカーマン』


最重要拠点 加賀の潜戸
サイガサマの呪術の最重要拠点は加賀の潜戸でR。
サイガサマは加賀の潜戸から入ってきたヘライでR。
サイガサマは入れ子方式によって先住のヘライの血統を総入れ替えた後、
越前・越中・越後に拠点を定めて列島を支配下に置き東西ポチ10カ国の総帥の座に就く。


最重要三位一体 三越 
サイガサマの拠点たる越前・越中・越後をまとめて三越という。
三越とはサイガサマの三位一体の象徴化にしてイスラエルの象徴化でR.。
三越の前に鎮座ましますライオンは日本こそが真正イスラエルの印なのだ。


最重要シンボル ライオン
ライオンは明の王の象徴化である。
明とはタクラマカン砂漠すなわち冥府にのみ実在する。
三越は謂わば冥府の番人である。


最重要肛門 水戸黄門
控えおろう、控えおろう、え~い頭が高い、この印籠が目に入らぬか!
という決め文句の水戸黄門は越後の縮緬問屋の隠居という設定になっている。
この超長寿番組の主人公(捏造キャラ)の設定の理由は奈辺にあるのか?
真正の水戸が越後にあるからでR(裏日本は表日本よりも序列が高い)。
黄門とは肛門のことで蛇が貫く門の象意だからでR(斉藤工の工も蛇が貫く象意)。
越後の海を隔てた向こうにはニライカナイすなわちカナンがある。


最重要ユートピア ハルビン
水戸を往来するヘライのユートピアは黒竜江省のハルビンなのでR。
手嶋龍一(911に居合わせた3人の生え抜きユダヤの1人)の『ブラックスワン降臨』は、
911の次に返礼として311が引き起こされヘライの約束の地が到来するという意である。



 古代の日本人は蛇に対して強烈な信仰をもっていたが、その擬き(もどき)好き連想好きの本性のままに、実に種々さまざまのものをこの蛇に見立てた。
 
これら蛇に見立てられた物実の中で、まずもっとも巨大なものは山で、彼らは寂然として聳える円錐形の山の姿に、身体の上に身体を重ねてじっと動かない蛇、つまりトグロを巻く蛇を見たのである。

 ついで、蛇の肌を思わせる樹木、男根に似る木には、手足のない一本棒の蛇を連想し、また、地上すれすれに葺き下ろされた屋根と、穴グラをもつ竪穴式住居を同様にトグロを巻く蛇に擬いたのである。

 そうして、彼らの蛇の見立ては、このように山とか樹木のような大きいものからさらに身近な小さなもの、諸種の植物にまで及んでいる、うねうねと伸びひろがる蔓や地下茎をもつ植物に蛇を感じ、また、赤い三角のホウヅキの実莢からは蛇の頭を連想した。

 こうしてなんらかの意味で蛇に見立てられた植物の名称の中には、共通して「カカ」の語が潜んでいる。

 「カカ」はこの植物群中に限らない。古代神祭の詞・古代歌謡・方言・民俗の中にも「カカ」は潜んでいる。

 これらの「カカ」を中心として、そこに第一章で述べた蛇の生態を組み合わせて考察するとき、従来、人に知られなかった古代日本の信仰と現実生活が、突然、パノラマのように目前に展開してくる。
(従前『蛇』より)





ではここからハル原作『2001年宇宙の旅』の本読みに入ります。


木星探査号の部分はハル原作『豊穣の海四部作』の後日譚として捉えることができます。
なので今回は倉田卓次が完成させた『天人五衰』の最終章としての本読みを試みます。
『天人五衰』はハルの原作をもとに倉田卓次が9割以上を書いています。
純粋に倉田卓次の作品です。倉田卓次にしか書けません。他に誰が書けるというのでしょう。
個人的には『天人五衰』は三島由起夫の全作品の中で心から感動した唯一の小説です。


倉田卓次は胸が痛くなるほどピュアです。
倉田卓次ほど変態に殉じた変態は珍しいでしょう。
ハルもアンドレアスも倉田卓次が大好きです。
アンドレアスは倉田卓次のために大部の小説を書いているほどです。


では必要定義から。


定義 天人五衰
天人=蛇の象徴化
五衰=脱皮する前の蛇の状態の象徴化




 天人とは欲界ならびに色界諸天に住する有情を云ひ、特に欲界天がよく知られているが、目前の天人は、男女が互いに戯れ合ってゐるとこを見ると、欲界六天の天人たちであらう。
 
その身には、火、金、青、赤、白、黄、黒の七種の身色光明があって、あたかも虹の翼を持つ蜂雀の巨大なのが、飛び交わしてゐるのを見るやうである。
 髪は青く、微笑に洩れる歯は白くきらめき、その体は柔軟をきはめ、清浄そのもので、見つめる目は決して目ばたきをしない。

 そもそも五衰とは、天人命終の時に現はれる五種の衰相を云ひ、出典によって多少の異同がある。(中略)大毘婆沙論第七十は、大小二種の五衰をあげて、もっとも詳細に亘ってゐる。
 まず「小の五衰」とは、一は天人が往来し舞ひ翔るについれて、常ならば、どんな楽人の奏楽も及ばぬほどの美しい五つの楽声を、身に具えた楽器から発するのであるが、死が近付くと、楽は衰え、声は不如意にかすれてしまう。

 二は、常ならば天人は昼夜を問はず、身光赫奕として、その身内からかがよふ光りが、影を添はせることがないのに、ひとたび死が迫ると、身光はいちじるしく暗くなって、身は薄暮のやうな影に包まれてしまふ。

 三は、天人の肌はなめらかで凝脂に包まれ、たとへば香池に入って沐浴をしても、水を出るときに、たちまち蓮華の葉のやうに水を弾くのであるが、死が迫ってくると、その肌にも水が着くやうになる。

 四は、ふだん天人は一つの境地にとらはれることなく、まるで旋る火の輪のやうに、決して一箇所にとどまらないで、ここと思へば又かしこ、何をやっても巧みにこなし、次々とうち捨ててはよそへ移ってゆく天凜であるのに、死が近づくと、もっぱら一箇所に低迷して、いつまでもそこを脱け出すことができないやうになる。

 五は、天人の身は力にみちあふれ、、眼は決してまたたくことがないのに、死が迫るや、身力はかよわく衰えて、しきりに目ばたきをするにいたる。

 以上述べたところが小の五衰の相である。

 「大の五衰」の相はどうかというふのに、その一は、浄らかだった衣服が垢にまみれ、その二は、頭上の華がかつては盛りであったのが今は萎み、その三は、両腋窩から汗が流れ、その四は、身体がいまはしい臭気を放ち、その五は、本座に安住することを楽しまない。

 これによれば、ほかの出典の五衰とは、みな大の五衰を説いたものであり、小の五衰の生じてゐるあひだは死を転ずることも全く不可能ではないが、ひとたび大の五衰が生じた上は、もはや死を避けることができないのであった。

 それから見ると謡曲「羽衣」の天人が、大の五衰の一をすでに現じながら、羽衣を返してもらふとたちまち回復するのは、作者の世阿弥がそれほど仏典に拘泥せずに、美しい衰亡を暗示する詩語として、卒然と使ったものであろう。

 これを知るにつけて本多には、むかし京都の北野神社で拝観したことのある国宝の、北野天神縁起絵巻の一部にあった、あの五衰図が、忽ち鮮やかに思ひ出された。手近の写真版がこの喚起に役立って、むかし何気なしに見すごしてゐたものが、今はえもいはれぬ不吉な詩となって心を領した。

 ふと本多は五衰の一つの、「本位を楽まず」といふ言葉を思ひ出し、ずっと昔から本位を楽しんだおぼえのない自分が、一向に死なないのは、天人でないせゐにすぎぬのかと愚かなことを考へた。

 本多はいささかも五衰を怖れてゐなかった。
(ハル原作 倉田卓次著『豊穣の海 第四部 天人五衰』より)





 辞書によれば脱皮とは、「蛇などが成長するにつれて、古い皮を脱いで新しい皮に変わることから、これまでの考え方から抜け出て、一段と進歩することを意味する」と説明されている。皮を脱ぐ動物はほかにもいるのに、蛇に代表されるのはおもしろい。

 蛇の脱皮は文字透り抜け出るのであって、蛇の生活の中で脱皮は大きなウエイトを占めている。もし脱皮ができなければ、蛇は死ななければならないほどの重要事で、蛇が脱皮にかけるエネルギーは怖ろしいほどのものがある。蛇の生活のサイクルは脱皮にかかっているようなもので、脱皮をよく観察することでいろいろのことがわかる。健康および成長の度合い、環境の可否など、すべて脱皮によって判断できる、というより、脱皮によってしか判断できない。

 脱皮の回数は、蛇の種類、大小、環境、コンデイションによるもので、決まった数字は出せないが、大体、三週間から六週間くらいを周期として脱皮を行っている。蛇は平均して十一月から春三月までの五ヶ月が非活動時期で、この期間に冬眠する。活動時期中の蛇は四十日に一度くらいの割合で脱皮するわけである。成長のいい蛇は脱皮の回数も多く、個体差もあるが、いい条件、つまり順調に餌を与えるとか、いい環境にしてやれば、大体上記の度数で脱皮する。

 脱皮までの経過は次のとおりである。

(1)皮膚(ウロコ)の艶がなくなってカサカサしてくる。
(2)変色してくる。種類により、白っぽくなったり、黒ずんできたり、斑紋が鮮明でなくなる。
(3)眼が白濁してくる。
(4)動きがにぶく、じっとトグロを巻いて、食欲がなくなる。
(5)水に入りたがる。
 
 この状態で一週間から十日経過する。いよいよ脱皮が近付くと次のような兆候がみえる。
 白濁していた眼が澄んできて、瞳孔が見えるようになり、動きがよくなって、何かを捜す様子をみせはじめる。水の中に入っていた場合は、水の中から出てくる。いよいよ脱皮の始まりである。(ゲルマンの哲学の天才著『蛇』)



(続く)






 








ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]