Home > 記事一覧

ユージニア

当ブログ記事の無断転載は堅くお断りします。




ユージニア、私のユージニア。
私はあなたを滅ぼすために、
ずっと一人で旅を続けてきた。
遠い夜明けに震えた日々も、
今日で終わりを告げる。
これからは永遠に、私たちは訣別する。

            アンドレアス・テイール




お知らせ
キッコーマンの女に何回か追加記事が書いてあります。
再度目を通された方も再々度目を通されてください。




祝イギリスEU離脱
EUの母は青山みつ(青山=冥府 みつ=光=蛇)すなわちキッコーマンの女です。
12個の星が閃くEUの旗は12様(12匹の大蛇としてのキッコーマン)の象徴化です。
1991年(101すなわちサイガサマの象徴化)にマーストリヒト条約なるものが協議され、
1993年11月1日魔法陣の日に発効したのがEUすなわち12様のマイ帝国なのです。
しかし遂にイギリスは国民投票によって12様が支配するマイ帝国を離脱することと相成り、
韓国のGSOMIA撤回破棄に続く今回の英国民の文字通りの英断には同慶の念に堪えません。




EU(第4帝国)
12様が所有するマイ帝国の本体は神聖R帝国です。
否、神聖R帝国のバケの皮を被った神聖P帝国です。
EU統合の雛形経綸ナチスドイツの第3帝国をもじって、
EUは久しくドイツ第4帝国などと揶揄されてきましたが、
実はEUを支配しているのはドイツなんかではゼンゼンありません。

秘密定理 最初に敗れた者が支配する

EUを支配しているのはドイツに最初に破れた者すなわち仏蘭西です。
なぜ1948年NATO結成の本部が仏蘭西の首都である巴里に置かれたのか?

答え 仏蘭西が第4帝国の中枢であり巴里は弥勒信仰の象徴化だから。

1966年仏蘭西はNATOを『脱退』したが離脱した訳ではないのです。
理事会、政治委員会、経済委員会、防空警戒管制システムは依然として仏蘭西にあります。
首都巴里は芸術とファッションの都を装っているが仏蘭西はバリバリの警察国家です。
大坂国(キッコーマンの冥府)の同志たる旭ゲンズブールはその仏蘭西の象徴化なのです。
仏蘭西は表面上いかにも紆余曲折を経ているように見せかけているが首尾一貫しています。
2019年7月13日には『空・宇宙軍』なる構想をブチ上げて本性を丸出しにします。
これは本格的にキッコーマンの『宇宙のお仕事』を始めるという意思表明です。
恐らく平壌に秘匿している生物兵器をヘリでバラ撒く指令もここから発されるでしょう。




Eugenia(第5帝国)
マリア・プロフェテイサの公理「3から4への移行」を経て獲得される第5元素の名前。
ナチスドイツ第3帝国からEU第4帝国を経て獲得される賢者の子としての第5帝国の名前。
キリスト教三位一体から統一四位一体を経て獲得される拝蛇教徒の第5の精霊の名前。
第5精霊の別名をダイアモンドヘッドという。キッコーマンの女の象徴化としてのコブラ。




世界の秘密を解き明す本
アンドレアスの原作を元に津村記久子(次男)が完成させています



表紙を裏返すと鏡像(ミシャグチ)になっています



帯の惹句は尋常ではありません 







表紙同様にプロローグもまた懲りに凝っています。
一見しただけでは分かりませんが三段仕立てになっています。
キッコーマンの黄雀行動の3つの段階を象徴化するためです。
(エルデイア人の淘汰⇒ユミルの民の駆除⇒キッコーマンの百年王国樹立)


黄雀行動の全体像を表わしています



第1段階 Eugeniaの頭頂部が消えています。エルデイア人の淘汰の象徴化です。



第2段階 Eugeniaの頭部全体が消えています。ユミルの民の駆除の象徴化です。



第3段階 Eugeniat&Riku Ondaの全体像が浮き上がって見えます。
キッコーマンの百年王国樹立と常陸平氏の復興の象徴化です。


内扉はキッコーマンカラーです。



本書はM・P(先代のクレア)に捧げられています。





『ユージニア』の主題
ユミルの民から9の機能を奪ったキッコーマンの女がいる。




キッコーマンの女
最初に破れた者の末裔にして第5帝国ユージニアの支配者。
錬金術的哲学に於いて唯一金と同義とされる真珠の首飾りはキッコーマンの女の御印。
もしくはキッコーマンに愛された女の刻印(スペコーラ美術館の生体解剖模型参照)。




実例
2008年USEUサミットを仕切るキッコーマンの女  
https://www.youtube.com/watch?v=dvF8p08z-HY





アンドレアス原作『うさぎドロップ』同族会議を仕切るキッコーマンの女





2019年12月3日~5日於ロンドン
NATOサミットを仕切るキッコーマンの女
ロンは龍 ドンは首領 ∴蛇のカマ首の象徴化
https://www.youtube.com/watch?v=Gk7qzNT7TvY



ロンドンのNATOサミットではこの女性が序列最高位のキッコーマンです。
赤いドレスを着て三連の真珠のチョーカーをしているカミラもキッコーマンですが、
こちらのキッコーマンカラーのドレスを纒って三連の真珠のチョーカーの中央に、
赤いルビー(アカカガチの象徴化)を付けた方が序列が高いキッコーマンです。


ついでに申せばキッコーマンのカミラの方がユミルの民のダイアナよりも序列が高い。
チャールズとダイアナはいかにも不仲であるように見せかけていましたがこれはお芝居です。
むしろチャールズはダイアナの方が好みです。カミラの方はコワイ。ビビっています。
結局チャールズ、ダイアナ、カミラはそれぞれの序列に見合った地位に落ち着いたのです。
劇的な交通事故でお役を解かれたダイアナはノルウエーの森で余生を送っているでしょう。
EU離脱を果たしたイギリス国民が真実を知る日もそう遠くはないと思います。


それにつけても天梨花大統領夫人メラニアに黄衣の王の扮装をさせているのが気に懸かります。
チャールズがメラニアと握手する時に左手をポケットに入れる意味深な行為は呪術でしょうか。
天梨花大統領夫人に非情哲学の任務が課されたことを象徴化しているのかも知れません。
トランプ大統領もメラニア夫人も共に危険回避できることを心から祈っています。
尚、黄衣の王についてはアンドレアス原作『英雄の書』を参照されてください。




ユージニア、私のユージニア。
私はあなたを滅ぼすために、
ずっと一人で旅を続けてきた。
遠い夜明けに震えた日々も、
今日で終わりを告げる。
これからは永遠に、私たちは訣別する。

            アンドレアス・テイール

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]