Home > 未選択 > 文春6月23日号

文春6月23日号

※文春
ヤラセを『スクープ』して自ら無双を誇る『エリート』編集者のほとんどが満州人である。
彼らは坂の上の満州族の私物国家日本に於ける情報操作の至便なツールとして、
坂の上の満州族が直轄する米軍第四軍特殊心理戦部隊のフロント組織として機能している。
611の本番に向けてゲス不倫(ゲスの極み文春が捏造したデキレース)の一連の報道や、
映画64(原作者はゲルマンの天才)の意匠を凝らしたスチール写真を第一資料として用い、
『錬金術』の四つの過程の『象徴化』によりフェニックス・プログラムの完遂を目指している。
(しかしながら彼ら自身はそういうシナリオを読めていない。
ヤラセが得意なくせに自分たちが何をやらされているか分からないボケ揃いである)



※フェニックス・プログラムを構成する団子三兄弟
序列3 911
序列1 611
序列2 311


※611のXデーを構成する団子三兄弟
長男 6月2日
次男 6月11日
三男 6月16日



6月16日に発売された文春の表紙はもはや『象徴化』の域を越えて『呪術』そのものである。



表紙絵はロシア民話の禿山の一夜が『元型』だという。
しかし和田誠は表紙の絵を描いていない。
ロシア民話のコジツケも和田誠が考えたものではない。


※文春の表紙を描くイラストレーターを構成する団子三兄弟
序列3 長男 和田誠(イラストを描かないイラストレーター)
序列1 次男 『錬金術的哲学』を霊感で描く天才イラストレーター
序列2 三男 その他のイラストを描く凡庸なイラストレーター



本読み



これはアメリカに対して掛けられた強力な呪術である。
東西ポチ十か国およびトモダチ出演のロシアの計11か国で滅びの山を形成している。
611こそはフェニックス・プログラムの真打でありその規模も過去最大である。



内訳
滅びの山の頂上はアメリカである。
黒っぽい二つの山は左がロシアで右が中国。
ニグレドを『象徴化』している。
一つだけ明るいオレンジの山がある。
これは日本。核ミサイルの着弾を『象徴化』している。
中央の手前はフランス。奥はドイツである。
大きな山の端の手前左がオランダ。手前右がイスラエル。
大きな山の端の奥左がイラン。端の奥右はスイス。


象意
滅びの山は『錬金術』の『容器』の『象徴化』。

中国、ロシア、日本、ドイツ、フランス、イラン、オランダ、イスラエル、スイスは
『錬金術』の焔の『象徴化』。

滅びの山の頂上にいる二人の骸骨は右がバラク・オバマ、左がヒラリー・クリントン。
死者としての月と死者としての太陽が『合一』して死者としての『賢者の子』が生まれる。
『錬金術』のオプスにより滅びの山とヤンマイヨンが『合一』して『千年王国』が誕生する意。

滅びの山の頂の水色は核ミサイルの着弾の『象徴化』。
七本の柱は『賢者の子』の規模あるいは数を示唆している。
おそらく膨大な数の犠牲者数。

発射地点は中国。
核ミサイルの発射を止められるのは中共の漢民族の戦士しかいない。
本日6月16日がつつがなく過ぎたとすれば
それは偏に彼らの命懸けの戦いによる賜物である。






※文春の記事の方は例によってヤラセの寄せ集めである。

範例 萩尾望都
萩尾望都が40年ぶりの『ポーの一族』の新作を描くそうである。
萩尾望都はマンガを描かないマンガ家の代表格である。


http://perimari.gjpw.net/majick/majick117%20%20%20%20%20%20%20%20%20%E8%8A%B1%E9%83%81%E6%82%A0%E7%B4%80%E5%AD%90%E3%81%A8%E8%90%A9%E5%B0%BE%E6%9C%9B%E9%83%BD


※『ポーの一族』
原作者は『666』の文学部門の真に偉大なる天才アンドレアス・テイール。
作画は少女マンガ界の偉大なる真の母・花郁悠紀子。
薔薇十字団の始祖に擬されているローゼン・クロイツ(創作神話による架空キャラ)
及び淫血症者(嗜血癖のさらに上を行く)たる坂の上の満州族の『象徴化』である。


※『トーマの心臓』
原作者は『666』の文学部門の真に偉大なる天才アンドレアス・テイール。
作画は少女マンガ界の偉大なる真の母・花郁悠紀子。
『変容』の儀式によって造られるプロト・トーマ(人造人間)
及び心臓(ドラゴンボールが宿る部位とされる)を食べる行為の『象徴化』である。


コメント

コメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新記事

(04/02)
(03/01)
(02/19)
(02/01)
(01/26)
(01/01)
(12/22)
(12/01)
(11/23)
(11/18)

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]