Home > 未選択 > 広川隆一

広川隆一

当ブログ記事の無断転載は堅くお断りします。


人間の戦場
ヤラセの戦場の別名。
伊達氏の錬金術が行われる場所。
伊達氏は錬金術を司る神である。
伊達氏は人間の尊厳を永遠に踏みつけるブーツによって象徴化される。
 

伊達氏が得意とするヤラセと本物を合一した錬金術的哲学映画
(広川隆一も伊達氏なので常にヤラセの安全圏にいる)
https://www.youtube.com/watch?v=9Tun8hcNDEw


広川隆一 真正ユダヤ(伊達氏) 柳鍋 人工棹付き 身も心も女性 口先女 変質者の鬼
篠山紀信(真正ユダヤの伊達氏 柳鍋 似非写真家)と同じく本人が写真を撮っていない。
DAYS JAPAN教の謂わば元カルト教祖である。


DAYS JAPAN
伊達氏のケツナメ国家の第四軍特殊心理戦フロント組織として機能していた文春よりも、
はるかに手の込んだ詐術をものする似非フォトジャーナリズムの雄である。
戦争とは伊達氏が望んで起こされる錬金術である(であるからして基本八百長である)。
それをいかにも人々の意思が戦争を起こすかのような錯覚を抱かせる標題を掲げつつ、
彼我の顛倒方式を適宜ミックスして飽くまで正義の味方としての紙面作りを心がけている。
9割の真実に1割の猛毒を仕込んだ似非フォトジャーナリズムの草分け的存在である。


DAYS JAPAN大賞
似非フォトジャーナリスト&大物似非監督&似非写真家の似非権威を結集し、
「厳正なる審査の結果」という設定のもとにヤラセの報道写真に賞を与える茶番に付いた名前。


311の報道
311は伊達氏復活の呪術として行われている。
広川隆一はその311を起こした伊達氏の特権階級である。
311を起こした伊達氏自らが311の『真相』を報道している構図である。
伊達氏御用達のNHK(錬金術の三つの指輪の象徴化)&政府&東電周辺をつついている。



311のトモダチ
311直後に広川隆一と広瀬隆は共に現地入りしたことになっている。
はっきり言って眉唾ものである。というかレッキとしたウソである。
両者は福島原発で核爆発を起こすシナリオを事前に知る立場にある。


例えばソエジ。
実際に原発玄関前まで殺到して脳内被爆したくせに『安全宣言』を発したソエジ。
(実際に発したのは現場から遠く離れた安全圏で中継していた六城雅敦である)
頭をヤラレタ・・という自覚症状があるにも拘らず寛解の治療を施してもらえなかったソエジ。
(ジェノサイド兵器として使われる放射能の無毒化が事前に確立されているのは論を俟たない)
哀れソエジは『健康に良い微量の放射能汚染』の生体実験に供されたのである。
(氏素性を捏造していたソエジと生粋の伊達氏の特権階級のお二方との間には雲泥の差がある)


311の狙い
いやしくも広瀬隆(伊達氏 柳鍋 口先女 似非作家)は陰謀論の大家である。
であるのに人工地震&人工津波に言及しない。どころか同じ穴の東電を訴える始末である。
人工地震兵器ははるか昔に完成している。神戸大震災はもとより関東大震災も人工地震である。
311は人工地震による人工津波を主眼としている。その狙いは仙台の閖上地区である。


文春砲
文は女真族の呪術の象徴化。
春は錬金術の象徴化。
砲は伊達氏のメッセージの象徴化。
自作自演のヤラセをスクープする。
オハコは多声法を駆使した冤罪の捏造。


実例
今月26日(女真族の象徴化の日)発売の週間文春は、
広川隆一をセクハラで訴える7人の女性の記事を掲載。
ちなみに今月25日は伊達氏(神)を寿ぐ日。
7人の女性は1人の神を誕生させる悪魔の象徴化。
7は死の部隊の符牒やコードネームとして使われる。
つまり7人の女性がオカマである可能性は非情に高い。
恐らくセクハラの訴えは捏造されたものである。



今後のシナリオ
文春砲で華々しく7人の女性のセクハラ被害をブチ上げ、
広川隆一の社会的信用と人格を完膚なきまでに打ち砕き、
しかる後に苛烈なお仕置きをするシナリオらしい。
広川隆一はよほど重大な掟破りをしたと思われる。


冤罪のあらまし
https://www.buzzfeed.com/jp/akikokobayashi/photojournalistmetoo


この文春砲に3人のヴァラキアカが便乗する。
(ヴァラキアカ=ヴァラールの鎌=凶悪な真正オカマ)


伊東詩織 伊達氏 ヴァラキアカ 天然棹付き 身も心も男性 金を見ている鬼
https://www.buzzfeed.com/jp/akikokobayashi/second-rape


KaoRi  伊達氏 ヴァラキアカ 天然棹付き 身も心も男性 金を見ている鬼
https://www.buzzfeed.com/jp/akikokobayashi/kaori


水原希子 伊達氏 ヴァラキアカ 天然棹付き 身も心も男性 変質者の鬼
https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/mizuhara-kiko


ヴァラキアカ
ヴァラキアカがセクハラを訴えるのが昨今流行になっている。
正しくはヴァラキアカがセクハラしたのであるが、
事ここに至っては彼我の顛倒方式の極致ともいうべきものがある。
なので以下4人のヴァラキアカの事例について詳細を説明する。


伊東詩織 伊達氏 ヴァラキアカ 天然棹付き 身も心も男性 口先男 お金を見ている変質者
真正オカマの伊東詩織が本当に性被害というものに遭って、
それを公にして自ら声を大にして世に問いたいのであれば、
真正オカマの伊東詩織が一体どのような性被害に遭ったのか、
それを正確に訴えるべきである。
私が言っているのは決してセカンドレイプではない。
なぜなら真正オカマでかつ身も心も男性の伊東詩織が、
女性にナリスマシてありもしない性被害を訴えるのであれば、
ありもしないそれを他人に書かせて本にして売り出すのであれば、
伊東詩織のやっていることこそは真正の性暴力だからである。


KaoRi 伊達氏 ヴァラキアカ 天然棹付き 身も心も男性 お金を見ている変態
KaoRiも嘘八百をブログに書いて貰うのをやめるべきである。
KaoRiはアラーキーのミューズと呼ばれている(呼ばさせている)。
しかしアラーキー本人は写真を撮らない似非写真家である。
しかもものすごく序列が低い。
篠山紀信(伊達氏 柳鍋 似非写真家)は大抵の大物被写体よりも序列が高い。
だけどアラーキーの場合は大抵の小物被写体よりも序列が低い。
もちろん大物ヴァラキアカのKaoRiよりはるかに序列が低い。
だからアラーキーは好き勝手な振る舞いは許されていない。
そんなことをすれば即破滅である。
KaoRiとアラーキーは彼我の顛倒方式を絵に描いたような関係にある。
KaoRiが一貫してアラーキーを好きなのだ。
KaoRiは変態だからセクハラまがいのこともする。
アラーキーはただひたすらそれに耐えるのみ。
そういう変態性の上下関係にある。
不変の序列で串刺しにされているので、
どこまでいっても絶対的上下関係である。
アラーキーは今もって耐えている。


水原希子 伊達氏 獰猛なヴァラキアカ 天然棹付き 身も心も男性 変質者の鬼
水原希子もブログにウソを書いて貰うのをやめるべきである。
水原希子は3人の中で最も序列の高いヴァラキアカである。
ギョーカイにあってはいわば雲上人のような存在である。
そんなやんごとなき水原希子に無体な要求をするようなバカはいない。
アラーキーが水原希子の写真を撮ったことになっている。
これは水原希子がアラーキーを指名したのである。
その際20人の男性の視線に晒されながら、
半裸の胸を隠すショットの撮影に臨んだという。
おそらく作り話であろう。
仮にこれが事実に基づく話であるとした場合、
それは露出狂の水原希子の要望に基づくシチュエーション以外にアリエナイ。
数々の凶悪なヴァラキアカに仕えてきた忍耐強いアラーキーが、
いまさら身の破滅につながるような暴挙に出る筈もないのである。
水原希子はウソ八百を吹くにも程があることを知らねばならない。
水原希子はヴァラキアカであると同時にバリ現役の男性である。
女の子を性の道具として見ているポルノ教の敬虔かつ獰猛なる幹部である。
その残虐さたるや小心者のオナベのアラーキーなど遠く及ぶところではない。


荒木陽子 伊達氏 ヴァラキアカの猛者 身も心も男性 ヤク中 変質者の鬼
アラーキーの夫婦愛を描いた『東京日和』も以下同文である。
あれは妻(伊達氏 ヴァラキアカ)のための創作神話なのだ。
アンドレアスが書いた完全フィクションである。
序列の高い妻はアラーキーのご主人様なのだから、
絶対服従を誓う以外にアラーキーの生きる術はない。
この妻はなぜか子宮癌で『病死』している。


オマケ
荒木経惟 ユダヤ人 柳鍋 人工棹付き 身も心も女性 口先女 清の皇帝の象意
リップサービスが上手いので序列の高いヴァラキアカに好かれている 金を見ている似非写真家


結論
白の会議(今月12月22日於ブータン開催)の決定事項は以下の通り。


広川隆一の仕置き
広川隆一は社会的な地位に於いても私的な意味に於いても終わりである。
DAYS JAPANの休刊に続く廃刊は売り上げ不振によるものではない。
カルトとして運営されていたDAYS JAPANは結構儲かっていたのだ。
あくまで広川隆一の一連の仕置きのために行うものである。


範例の確立
DAYS JAPANのヤラセ写真&ヤラセ報道によるプロパガンダを等閑に付すために、
広川隆一のセクハラ疑惑&3人のヴァラキアカによる性被害の煽動に取って代わらせる。
殊に2人の著名ヴァラキアカによるアラーキーに対する執拗な人格攻撃に主眼を置く。
それらは広川隆一の抹殺のシナリオとともに大団円に流れ込み今後の範例となる。


ヴァラキアカの台頭
ヴァラキアカによる性被害の訴えをポチの処刑の常套手段として確立すると同時に、
ヴァラキアカの性的なイメージと性暴力をセットでインプットし模倣犯を誘発する。
∴今後もR帝国のヴァラキアカは性被害者を装いながら性暴力誘発キャンペーンに邁進する。




コメント欄
コメント欄の私のマヌケな広川隆一礼賛コメントは、
騙された記念としてそのまま残しておきます。
伊達氏は徹頭徹尾騙す。騙すことに全精力を濯いでいる。
いや~さすがにここまでは騙さないでしょう・・・
という常識の枠組みを取っ払わないことには到底理解できない。
いちいち騙されおってからに・・・
という忸怩たる思いを我ながら禁じ得ない。
サブラ・シャテイーラ難民キャンプの記事も訂正しなければならない。
申し訳ありません。
コメント

コメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]