Home > 未選択 > アンドレアス・テイール作品目録④

アンドレアス・テイール作品目録④


※MONSTER
アンドレアスによる最大級のリーク。
https://www.youtube.com/watch?v=AE9qPRIt1vU
https://www.youtube.com/watch?v=epC71UrPcgg
https://www.youtube.com/watch?v=O9u_T0ARFv0



※20世紀少年
重要なリーク。



※The Mist




※蒼穹の昴



※中原の虹
千年王国の王として特殊養育された張学良に関するリークを含む。



※珍妃の井戸
清王朝崩壊の真相をリークしている。




※マンチュリアン・リポート




※アバター
漢民族のアバターとしての満州王族の象徴化。




自叙伝としての作品群




※時代
https://www.youtube.com/watch?v=Ry_bpaKDcAo
アンドレアスが日本語で作詞している。




※空と海の輝きに向けて
アンドレアスが日本語で作詞している。
空も海も輝きもイルミナチオの『象徴化』。
この歌と対極にあるのが『いつも何度でも』。
人生の海原の彼方に金色に輝くものを目指して命の舵を取った彼は
終に輝くものはいつも自分の中にあったことを見つけられたのである。




※私のフランソワーズ
アンドレアスが日本語で作詞している。
彼はフランソワーズ・アルデイが好きである。




※やさしさに包まれたなら
アンドレアスが日本語で作詞している。



※わかれうた
アンドレアスが日本語で作詞している。



※この空を飛べたら
https://www.youtube.com/watch?v=-fIM4GI1pKg
アンドレアスが日本語で作詞している。



※生きていてもいいですか
アンドレアスが日本語で作詞している。



※誘惑



※歌姫
https://www.youtube.com/watch?v=Y_6nmWR_UV8
アンドレアスが日本語で作詞している。



※世情
https://www.youtube.com/watch?v=ZavsX-5vR0A
アンドレアスが日本語で作詞している。



※銀の龍の背に乗って
https://www.youtube.com/watch?v=o0QPMajk8dk
アンドレアスが日本語で作詞している。



※ファイト
https://www.youtube.com/watch?v=MhiW_svhD28
アンドレアスが日本語で作詞している。



※地上の星
https://www.youtube.com/watch?v=v2SlpjCz7uE
アンドレアスが日本語で作詞している。
風の中の昴=砂の中の銀河=草原のペガサス=街角のヴィーナス=ゲルマンの天才たち。
歴史にその名を刻まれることなく何処から来て何処ともなく消えて行った天才の一群。
この名曲に名前を冠している中島みゆきは作詞作曲しないシンガーソングライターの代表格。
満州族の王族で悲しみの目で肩書と金を見ている野心家である。



※宙船
https://www.youtube.com/watch?v=fXcGnibvKnU
アンドレアスが日本語で作詞している



※命の別名
https://www.youtube.com/watch?v=LwbX5fxH3Us
アンドレアスが日本語で作詞している。



※荒野より
https://www.youtube.com/watch?v=ia1HWtcQLwQ
アンドレアスが日本語で作詞している。



※手紙~拝啓 十五の君へ~
https://www.youtube.com/watch?v=erGCAu_hFqM
アンドレアスが日本語で作詞している。
十五の君はアンドレアス自身のこと。
みちあけの儀式(十五歳で近親相姦を行う)の葛藤がテーマ。



※月光
https://www.youtube.com/watch?v=iyw6-KVmgow
アンドレアスが日本語で作詞している。
アンドレアスそのものである。



※おと・な・り
https://www.youtube.com/watch?v=nL0w93ZsckU
アンドレアスは岡田準一が好きである。



※BOY7
アンドレアス原作。
7=G=ゲルマンの天才の『象徴化』。
BOY7はアンドレアス自身である。



※弁護(アントネッリ=アンドレアス アントネッリ=天吾)
アンドレアスが英語で書いている。
B・W・バッフォはスラブ系の王族で悲しみの目で金を見ている口先男である。



※訴追(アントネッリ=アンドレアス)




※審判(アントネッリ=アンドレアス)




※遺産(アントネッリ=アンドレアス)
アンドレアス版『Great Gatsby』




※充たされざる者(The Unconsoled)
アンドレアスが英語で書いている。




※私を離さないで(Never Let Me Go)
アンドレアスが英語で書いている。



※忘れられた巨人(The Buried Giant アクセル=アンドレアス)
アンドレアスが英語で書いている。
Giant=ゲルマンの天才  
The Buried Giant=砂の中の銀河  
坂の上の満州族=蒼穹の昴


山の頂上に『錬金術的哲学』の木が生えている。
その中にサラマンダーがいる。
その傍らには向かい合っている二つの顔が見える。
山はヤンマイヨンの『象徴化』。
サラマンダーは『錬金術』の『象徴化』。
向かい合っている二つの顔は意識と無意識の『象徴化』
この表紙全体でアンドレアスの内なる『賢者の子』を『象徴化』している。
 


三角の山はヤンマイヨンの『象徴化』。四つあるのは四位一体すなわち千年王国の『象徴化』。
霧を発生させている二つの山は東西最高支配層が並び立っていることの『象徴化』。
すでに坂の上の満州族がポルトガル最高支配層を呑み込んだ1966年に形骸化している。
霧は『変容』の儀式の『象徴化』及び儀式によって記憶中枢に異常をきたす『象徴化』である。
 



※作者に擬されているカズオ・イシグロ
悲しみの目で金を見ている満州王族。
口先は達者だが本を書かない巨匠の代表格。



http://miw.cc/news.html
日本生まれの英国人、ブッカー賞作家のカズオ・イシグロさん。
彼の10年ぶりの長編小説の装画を描かせていただきました。
謎の霧に満ちた世界で。或る老夫婦が息子に逢いに旅をします。
失われた記憶。愛。巨人の正体って・・・?
荒涼としたその霧の世界を描きました。
空気は流れているのか停まっているのか。
読み進めながら、時々この絵を眺めていただけるとウレシイです。
そうそう。秘かなワタシのオススメ箇所は・・・
背表紙のヘンテコリンなヤツ、なのでした。
ヘンテコリンの正体は、ぜひ読んで想像してみてください。


http://miw.cc/news/giant.jpg
 
このヘンテコリンの正体はコウモリの『象徴化』である。




※『Giant’s  Bread』(『The Buried Giant』の『元型』)
 



邦題『愛の旋律』と銘打たれたこの小説はアンドレアスが英語で書いている.
アガサ・クリステイがメアリ・ウエストマコット名義で書いたことになっているが、
アガサ・クリステイは本を書かない作家の女王である。
 




※天地明察
アンドレアスが日本語で書いている。
冲方丁は悲しみの目で金を見ている満州王族の似非作家。
 



※花咲ける青少年(マンガ)
アンドレアスが日本語でネームを書いている。






※Hallelujah
参照 拙稿『ペルセポネー』
http://perimari.gjpw.net/majick/majick123%20%20%20%20%20%20%20%20%20%20%20%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%9D%E3%83%8D%E3%83%BC




※バルバラ異界(マンガ)



愛する人のためのレクイエム(順不同)



※ひこうき雲



※スター・レッド(マンガ)
アンドレアスが日本語でネームを書いている。
作画は花郁郁子。3割くらい佐藤史生が手伝っている。
火星はモンゴル帝国(坂の上の満州族の聖地)の象徴化。
星(セイ)はエルフ族すなわち坂の上の満州族の象徴化。 
白い髪と赤い目は『錬金術』の過程に於ける白化と赤化の象徴化。
アンドレアスはこの『象徴化』を逆手に取って花郁悠紀子に永遠のメッセージを送っている。
エルグはアンドレアス自身を仮託したキャラ、星(セイ)は唯一無二の存在としての花郁郁子。
(花郁悠紀子はそれと気づかずにアンドレアスの指定通りに描いている)
花郁悠紀子もアンドレアス原作のこの寓話を痛いほど理解している。
アンドレアスと一緒に行かなかったことを後悔しながら描いている。
アンドレアスは花郁悠紀子が『失われる』運命にあることを明らかに知っている。
そしてアンドレアスは花郁悠紀子を失った後に自ら狂気を解き放つことを予め許している。
彼は花郁悠紀子のために新しい火星を見つけようと試みて失敗したのである。



※リバイバル



※永遠の嘘をついてくれ
花郁悠紀子を喪ったアンドレアスの慟哭の歌である。
アンドレアスが八つ裂きの刑に処された当日に吉田拓郎が嬬恋でこの歌を歌っている。
これほどアンドレアスにふわさしい葬送曲はないだろう。
https://www.youtube.com/watch?v=Mnb0DpmsgD0


吉田拓郎がどこまで事情を知っているかは分からない。
中島みゆきが作詞作曲していないことは知っているのだろう。
彼は中島みゆきに対して明らかに強い嫌悪感を持っている。
アンドレアスはこの歌を日本人の吉田拓郎に歌ってほしい。
中島みゆきからの提供という形で彼に託したのであって(吉田拓郎は人の労作を掠め取らない)
今日という日に中島みゆき側の要望で出張ってくるのは(吉田拓郎の要請である筈はない)
人の心に土足で足を踏み入れるに等しい行為である。
当日の中島みゆきはアルカナを使用していると思われる。
アルカナの主たる効用の一つは万能感であり
共同幻想の場にいる観客にはバカウケである。




※Too Much Love Will Kill You
https://www.youtube.com/watch?v=fKFEjZ98Q4s




※ウンデイーヌ(マンガ)
アンドレアスが日本語でネームを書いている。
作画は山岸凉子。


行子=花郁悠紀子 陸田(おかだ)=アンドレアス

以上 山岸凉子『月読』文芸春秋社発行 自作選集より




※空と君のあいだに
https://www.youtube.com/watch?v=tTnU8FNBWmo
アンドレアスが日本語で作詞している。



※糸
https://www.youtube.com/watch?v=kpFZ6IqiB1c
アンドレアスが日本語で作詞している。




坂の上の満州族に対する挑戦状



※クライマーズ・ハイ



※あらしのよるに




※八雲立つ(布椎闇己=アンドレアス・テイール 七地健生=花郁悠紀子)


1976年19歳で文学部門の王を引き継いだアンドレアスの象徴化 



2006年49歳で処刑されたアンドレアスの魂の復活の象徴化





※千と千尋の神隠し(千尋=花郁悠紀子 ハク=アンドレアス・テイール)


千と千尋の神隠しのラストシーンは花郁悠紀子の最期の遺作とその死を象徴化している
 
コメント

コメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新記事

(04/02)
(03/01)
(02/19)
(02/01)
(01/26)
(01/01)
(12/22)
(12/01)
(11/23)
(11/18)

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]