Home > 未選択 > ポッキーの日

ポッキーの日

当ブログ記事の無断転載は堅くお断りします。




まずは追加リストからです。
煮物の定番創味のそばつゆ
回転寿司の色とりどりの醤油
濃厚な豚骨醤油味ラーメン




さて今までの記事を2行に要約すると
ユダ金陰謀論の中核にはユミルの民がいて、
エルデイア人がステルス兵器として使われていたと。
そしてすでにジアレイの記事でみなさんが予感されたように、
ユミルの民を操る真打ちとしてのキッコーマンが背後にいると。
これ以上はないほど平たくいうとそういうことです。
ついに出たぜよキッコーマン。
プラプラ講義の最終テーゼとなるべきキッコーマン。
この最終証明問題を解いていきます。
では前置きなしで早速いきましょう。




定義 ポッキーの日


11月11日は何の日?


①鏡の日
鏡は蛇の口の象徴化
∴ミシャグチを象徴化する日


②グリコポッキーの日
グリコのロゴはキッコーマンのペルセポネーの象徴化。
グリコのポッキーはユミルの民の象徴化。
グリコのプリッツはキッコーマンの象徴化。
2本のポッキーと2本のプリッツはモーセの門の象徴化。
∴ポッキーの日はキッコーマンがオプスを行う日です。


では11月11日11時は何の象徴化?


111111
Kikkomanの魔法陣を象徴化する時刻です。
別名クークラックスクランといいます。
キッコーマンこそは真正KKKなのです。
ロスチャイルドに頭からすっぽり被るような白い服を着せて、
朝飯を食べる様子を「私は見た」と家政婦にチクらせたのも、
というかそういう筋書きの告発本を捏造させたのも、
この真正KKKなのです。
彼我の顛倒方式の元祖はキッコーマンだったのです。


Kikkomanになる前はキッコーマンです。
キッコーマンになる前は亀甲萬です。
拝蛇教徒の教祖ですから脱皮しているのです。
亀甲萬の亀はペリカンの象徴化です。
亀甲萬の萬はサソリの象徴化です。
サソリはペルセポネーの象徴化です。
∴グリコのロゴはペルセポネーの象徴化でありその元型はサソリなのです。


亀甲萬の萬は万引きの万です。
亀甲萬の本性は毒を持ったサソリです。
欲しいものを引っかけて「御用!」と言う。
そうすると自動的に自分のものにできる。
サソリは万引きの元祖なのです。
人食い猿が列島を侵略する前には好き放題やっていた。
原住民からそれこそ何でも好きなものを恣に奪っていた。
人食い猿に主権を奪われてからはもっと巧妙にやることを覚えました。
もちろん今でもやっています。
万引きの民を使嗾しながら。
身に染みついた習い性ですから。
サソリはペリカンのバケの皮を被ったバフォメットに他なりません。
それは伝説の女錬金術師マリアプロフェテイサの公理3から4への移行を掌るバフォメットです。
この公理は3次に亘る世界八百長世界大戦から最終問題解決への移行を意味しています。
∴キッコーマンこそはユミルの民の黄雀行動を統合する者です。


では真正黄雀行動ってどんな行動原理なの?


それはヘーゲル哲学に基づく行動原理ではありません。
黄雀行動は錬金術的哲学(666)を貫く行動原理です。
先ずは原住民を改造してエルデイア人なるものを造ります。
そしてエルデイア人に原住民を狙い撃ちにさせるのです。
その背後からユミルの民が漁夫の利を得るために。
と、ここまでが従来の黄雀行動ですね。
然る後に真打ちとしてのキッコーマンが登場します。
んでもってすべてを統合するのです。
これがキッコーマンの真正黄雀行動なのです。
このえげつなさこそがキッコーマンの本領なのです。
∴11月11日11時はキッコーマンが真正黄雀行動を起こす時刻です。




定義 最も重要な映画と小説とマンガ
最も重要な映画も小説もマンガも、
統合者としてのキッコーマンを描いたものです。


その①最も重要な映画『万引き家族』
原作者 アンドレアス・テイール
脚本監督 近藤龍人(類を見ない天才)
万引き家族自体はユミルの民の象徴化そのものです。
万引き家族の両親と祖母はユミルの民の役者によって演じられています。
重要な脇役もユミルの民の役者によって固められています。
ユミルの民に引き取られて犯罪の片棒を担がされる子どもも、
本来は生粋のユミルの民の血統でなければなりません。
しかし実際に映画の中で演じているのは生粋のキッコーマンの子どもたちです。
生粋のキッコーマンと生粋のユミルの民があたかもモーセの門のように二部されているのです。
就中松岡茉優はすべての役に就いた役者の中でも序列最高位にある生粋のキッコーマンです。
では絵に描いたように色分けされたこの配役陣は何を表わしているのでしょうか。
ずばりキッコーマンによって明治維新の裏が返されたことを表わしています。
明治維新が起こされてからこっち表の主役をユミルの民が演じてきたけれども、
いよいよ裏の主役としてのキッコーマンが登場するのです。
否、当初よりそれを目的として明治維新なる茶番が起こされている。
『表と裏』を主題とした小説・ドラマ・映画が物語っているのはそういうことです。
アンドレアスが作詞した『ハナミズキ』の歌詞も以下同文です。
『ハナミズキ』の歌詞は311の予告そのものです。
ハナミズキの花詞は『返礼』ですが、
311ではその花詞通りのことが行われたのです。
加賀前田家復活の儀式として911を引き起こし、
その返礼としてキッコーマンが311を引き起こす。
実に911と311は連続線上にある呪術として執り行われたのです。
キッコーマンが加賀前田家を統合するための呪術的ラインとして引かれたのです。
キッコーマンこそが明治維新の裏を返して主権を奪う王であることを証すために、
つまりユミルの民に敗れてからは名を捨てて実を取っていたキッコーマンが、
いよいよ満を持して名実ともに掌握する時代がついに到来したのだと宣言するために、
そういうキッコーマン的スピリッツに溢れた毒々しい呪術的ラインとして引かれたのです。
『万引き家族』の呪術的側面も以下同文のことを物語っています。
2019年6月8日封切りは第二次明治維新の象徴化です。


その②2番目に重要な小説『製鉄天使』
原作者 アンドレアス・テイール
作者  津村記久子(次男)

必ず読んでください。文字通り必読です。
これを読まなければ一歩たりとも進むこと能わず。





その③最も重要なマンガ『夢みる惑星』
原作者 アンドレアス・テイール
作者  花郁悠紀子
著者に擬されている佐藤史生は目鼻顎などをヘタクソにイジクっているだけです。
ほとんどすべての目鼻顎をイジくりたまに四肢をイジクっては破壊しています。
花郁悠紀子の瑕瑾のない完成原稿を自己流にデフォルメして私物化しているのです。
せめて萩尾望都を見習って丸々万引きしていればいいものを・・・・・
佐藤史生は花郁悠紀子の完成原稿を永遠に損なってしまったのです。
この作品を目にする度にあまりにも無慙で卑劣なそのやりかたに、
途中で耐えきれなくなり本を投げ出して突っ伏してしまいます。




その④最も重要な小説『ユージニア』
原作者 アンドレアス・テイール
作者  津村記久子(次男)
帯の文句に『誰が世界を手にしたの?』とあるように、
文字通り世界を手にした者の秘密が書かれています。
なので作者に擬されている恩田陸もただの万引き作家ではありません。
キッコーマンの万引き作家四天王の頂点に立つ御方です。
キッコーマンの万引き作家四天王の内訳は以下の通りです。
序列1 恩田陸 
序列2 桜庭一樹
序列3 石田衣良
序列4 奥田英朗


恩田陸が万引き作家であることの証明は前もってアンドレアスがやっています。
そもそもは恩田陸というペンネームを考えついたのはアンドレアスなのです。
恩田陸というこの奇体なペンネームにはある重要な意味が込められています。
恩田陸というペンネームこそはキッコーマンのキッコーマンたる証しなのです。
恩田陸本人はこれを知らないし理解もできません。万引き作家ですから。


これらキッコーマンの万引き作家の四天王の重要な小説は、
直木賞受賞作を含めてすべて津村記久子(次男)が書いています。
津村記久子(次男)は他の万引き作家のためにも書いています。
全体どれだけ書いているのか想像がつきません。
だからでしょうか津村記久子(次男)はとても早起きだそうです。
どれだけ早起きかというと朝の3時にはすでに目が覚めていて、
あと1時間くらいしたら仕事を始めようというくらい早起きだそうです。
(そうやってお仕事をした後は「ザマアミロ」と叫んでから斃れるそうです)

コメント

コメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]