Home > 未選択 > 備忘録9月続きの続き

備忘録9月続きの続き

一つの記事の容量が小さいため複数に分けなければなりません。
煩瑣になってしまって申し訳ありません。


9月30日追記


※ブランジェリーナの『離婚』について
アンジェリーナ・ジョリーは混血のスラヴ王族だが
同じくスラヴ王族であるブラッド・ピッドよりも序列が高い。
アンジェリーナ・ジョリーが指名権を発動して、
似非カップルとなりブランジェリーナという商標を付けたのであるが、
延々と事実婚を引っ張ってきた挙句にとうとう『結婚』したと思いきや、
短時日のうちに『離婚』報道が流れているのは何故なのか?
という設問に答えておきたい。


答え それは最初から『離婚』を目的とした『結婚』だから。


ブランジェリーナの『結婚』と『離婚』は最初からセットである。
もっと有り体にいえばブラピから枷を外すためのヤラセなのだ。


すでにアンジェリーナ・ジョリーは癌に罹患している。
彼女はほとんど片足を棺桶に突っ込んだ状態になっている。
その死は決定済みである。いずれ資産もすべて回収されるだろう。
坂の上の満州族は奪う時には惜しみなくすべてを奪う。


その直前にブラピによる『虐待』を理由に離婚するということは、
子どもたちはアンジェリーナ・ジョリーを嫌っているがブラピは好いているのだが、
そのブラピを子どもに対する『虐待』を理由にあえて切る捨てるということは、
アンジェリーナ・ジョリーの死と同時に3人の難民の養子を無責任に放り出し、
ブラピは残された我が子の面倒を見ればいいという体制を整えてあげるためである。
ブランジェリーナという商標のついた似非カップルのこれが終焉である。


ブランジェリーナの実子についても説明が要る。
そもそも実子とされる3人の子どもはブランジェリーナの間に出来た子どもではない。
アンジェリーナ・ジョリーは重度のヤク中で拒食症で一度も妊娠出産していない。
実子とされる3人はブラピと高位のスラヴ王族の女性との間にできた子どもである。


そしてブラピには高位のスラヴ王族の子弟に対して特殊な養育を施す義務がある。
それは小さな子どもに別人格を埋め込む特殊な作業である。
これを中村文則(書き手が3人いる)は手を変え品を変えして書いている。


マドックス君に対する虐待?今さら何をいっているのだ。
マドックス君は人身売買で売られてきた子供ではないか。
マドックス君はカンボジアの犯罪シンジケートによって売買された子どもである。
母親が養護施設に一時預けただけの赤ちゃんを犯罪組織が誘拐して闇ルートで売ろうとし、
それを知りながらアンジェリーナ・ジョリーが赤ちゃんを買おうとしたのであるが、
カンボジアの人身売買告発のグループからストップを掛けられたにも拘わらず、
国家権力を後ろ盾に使って強引にマドックス君を強引に自分のモノにしたのである。
しかも拒食症で重度のヤク中だったから無審査のままで里親になりおおせたのだ。


アンジェリーナ・ジョリーが子どもを愛したことなど一度もない。
かつてもないし現在もない。彼女は子どもが嫌いである。
嫌いなのに子どもを買った。否、嫌いだからこそ買えたのだ。
国連大使に抜擢してやるからこれこれこういうルートで子どもを買えという指示に従えるし、
母親が返してほしいと懇願している子どもを犯罪組織から買い取って返さないでいられるのだ。


マドックス君の人身売買の元締めは国連である。
国連こそは八百長戦争を仕組んで難民を生産している元凶なのだ。
その元凶が難民支援を装いながら人身売買を促進しているのである。


UNHCRは子どもを錬金術するロゴを堂々と掲げている犯罪組織である。
アンジェリーナ・ジョリーを難民支援の広告塔として活用するために人身売買を指示し、
さらに国連難民高等弁務官特使に任命して難民支援の活動家として国際的に認知させている。


国連の内部及び国連理事会の会議室の壁に掛かった絵を見れば一目瞭然であるが、
国連は坂の上の満州族の千年王国樹立のための私的機関として創設されたものである。
それは東西ポチ10か国を含む集団ポチ国家安全保障機構の仮面を被った暴力装置である。
国連は何から何までフェイクで出来ている。それが坂の上の満州族の本質だからである。


坂の上の満州族の忠実なる下僕安倍晋三も難民のために大金を差し出す旨演説している。
ヤプーから搾り取った血税を使って一体どんな難民支援をするというのだろうか。
現在安倍は11月11日に企図された世界核戦争のために奔走している真っ最中である。
文春の呪術的イラストの表紙によるとどうも我々は星屑にされる予定らしい。


※Lucyについて

坂の上の満州族のオハコは捏造資料の『発掘』と創作神話の流布である。
Lucy(アウストラロピテクスの化石人骨)は坂の上の満州族による典型的なフェイクである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%BC_(%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AD%E3%83%94%E3%83%86%E3%82%AF%E3%82%B9)


映画『LUCY』はカールによるイルミナチオの創世記である。
LUCY=L=賢者の子の象徴化すなわち神を超える新しい神の名前。
リュック・ベッソンは知能の低い中身の空疎なスラヴ王族である。
本作はカールが映画の脚本と絵コンテを描いたものを、
リュック・ベッソンを構成する団子三兄弟の次男が完成させている。
主人公を好演しているスカーレット・ヨハンソンもスラヴ王族である。
https://www.youtube.com/watch?v=ppZS47Qj1L4




9月26日追記

※第三次世界核戦争について
文春は米軍第四軍特殊心理戦のフロント組織として機能している。
坂の上の満州族が宣下するシナリオに添って『スクープ』を捏造し、
天才イラストレーター(絵を描けない和田誠ではない)に時宜に適した呪術を描かせ、
それを堂々と表紙イラストとして掲げ、公共図書館の雑誌コーナーにも配布している。


その文春がくり返し表紙イラストに象徴化している宣下は、
2016年11月11日アラスカ州ジュノー市の海上沖から、
ロシアがアメリカ大陸と中国大陸に向けて核ミサイルを発射する、
というシナリオである。


ジュノー探査機がついに木星(中国の象徴化)の軌道に到達した(ことになっている)のは、
近未来に於ける核戦争の象徴化であり、そうすることで呪術の力を高めることが出来るという、『666』のファナテイックでパラノイア的な信条に基づくものである。
(究極の家畜制度『666』は真言密教5割、易経3割、道教2割の混淆で出来ているカルト)


現在そのための露払いを演じているのが同じ穴のトモダチ北朝鮮、
坂の上の満州族の私物国家日本、坂の上の満州族の軍事拠点アメリカ、
真打を演じるのはフェニックスの象徴化たるロシアである。


下記の動画は過去四回の八百長世界大戦が企図されたことを象徴化している。
最も重要な顔と場所を具体的に示唆している。
アンドレアス・テイールによる非常に重要なリークである。


globe   FACES PLACES
https://www.youtube.com/watch?v=W5cZcrkQ-b4
 


FACES PLACESの歌詞
http://www.kasi-time.com/item-26450.html


その象意は次の通り。

あなた・・・賢者の子(核ミサイル)
わたし・・・オオワシ(坂の上の満州族)
FACES・・・フェニックス(錬金術を行う複数の男女)
PLACES・・・ペリカン(錬金術が行われる場所)


世界核戦争が企図された年の序列は次の通り。

長男(序列3) 1984年
次男(序列1) 1994年
三男(序列2) 1970年
統合者     1997年
番外      1981年


globeの3人は錬金術を促進する三つの指輪を象徴化している。
 


3人の象意は次の通り。

序列1 火の指輪=小室哲也(悲しみの目で金を見ている朝鮮王族 作詞作曲していない)
序列2 風の指輪=マーク・パンサー(悲しみの目で金を見ている朝鮮王族 アジア人である)
序列3 水の指輪=keiko(悲しみの目で人を見ている日本人)


三つの指輪は三つの大陸を象徴化している。

序列1 火の指輪=イースタシア(ロシア)

序列2 風の指輪=ユーラシア(中国)
序列3 水の指輪=オセアニア(アメリカ)

この三つの国が常時戦争態勢にあって錬金術される。
これがフェニックス・プログラムの完成形である。
『1984年』はその完成形としての千年王国を描いている。



『1984年』は文学部門の最高峰の一つを為す傑作である。
悲恋に終わった恋愛小説としても他を隔絶している。
著者は『666』の文学部門の頂点に立つゲルマンの天才である。
彼はアンドレアス・テイールの父、カールにとっては祖父に当たる、
村上春樹『1Q84』はアンドレアス・テイール版『1984年』である。
(村上春樹は悲しみの目で金を見ている中身の空疎な満州王族の似非作家)


千年王国の三つのスローガン

戦争は平和である
屈従は自由である
無知は力である




※鬼の親子について
鬼の親子を擁護する似非言論が始まっている。
高畑裕太は解離性同一障害の多重人格者である。
その元凶は高畑淳子である。
このことについて言及する者は皆無である。


高畑裕太の人格は少なくとも5人いる。


まず良い子の人格が2人いる。
NHKドラマ『まれ』、母親と一緒に出るバラエテイ番組の時の人格で、
母親が好きな良い子で精神年齢は6歳くらいである。


同じく良い子で6歳くらいだが分別のない人格がもう一人いる。
これはおじゃマップで慎吾がヘキエキした人格である。
幼稚園年中組ぐらいで何をしでかすか分からない。
母親が15分おきに自室に干渉しに来ても厭わないほど自立していない。


次にワルが2人いる。
良い子の仮面を被ることができるワルと凶悪なワルの二人である。
悪質な性犯罪を行う時の人格でおそらく15歳くらいの精神年齢である。
おそらく15歳のみちあけの儀式のところで止まっている。
みちあけの儀式は本格的な母子相姦である。
つまり高畑裕太は二回人格分裂しているのである。


15歳で止まったままのワルの人格にとって女性はモノでしかない。
彼は自分が犯した性犯罪について何とも思っていない。
今回の事件を起こしたのもこのワルである。


但し凶悪一方のワルではなく、
良い子の仮面を被ることができる方のワルである。
ミラノの師匠に「お前はやりすぎだ、仮面を被っている」と見抜かれた、
あの芝居気たっぷりのワルである。


このワルは一見良い子だが母親と被害者に対して強い怒りを持っている。
無罪釈放の時に大声で謝罪した後に記者に声を掛けられ、
怒りが契機となって鬼の形相に変貌したワルは凶悪な方のワルであるが、
こちらの怒りはもっと凄まじい。


前橋警察署に逮捕されて震えている時の人格は3歳児くらいである。
以上ざっとみても高畑裕太の人格は5人いる。
高畑裕太をこのような多重人格者に創り上げたのは高畑淳子である。


高畑淳子は怒りと欲望が異様に昂進している鬼である。
彼女は息子が犯した性犯罪の被害者に対して強い怒りを持っている。
謝罪会見では一時間以上もかけて息子の犯罪を謝罪して見せているが、
予め用意された科白を入念かつ冷徹に演じながらも心底には怒りがある。


もし被害者が高畑淳子の謝罪会見を見たら即座にそれが分かるだろう。
だから見ないで本当によかったのである。


高畑淳子の母性神話が全部ウソ八百で出来ていることが分かる動画
https://www.youtube.com/watch?v=wXCxs0z8dNw


母親が子供の後ろに回っているのは撮影用のパフォーマンスだからである。
母親は自分の顔と左手でがっちりと子どもの顎を固定して、
右手に持ったフォークで子供の口の中に食べ物を押し込んでいる。
母親が斟酌しないので子どもは我慢して呑み込んでいる。食事というよりは拷問に近い。




裕太の目はすでに悲しみの目に変容している。この子は隣にいる鬼が怖い。鬼も悲しみの目。
 


母親の心配を追憶している裕太。この子は6歳くらいの良い子の人格。悲しみの目。
 


小学校入学時の裕太。この子は後ろで肩を抱いている鬼が怖い。親子とも悲しみの目。



小学生の裕太。この子も隣にいる鬼が怖い。親子とも悲しみの目。



裕太が壮絶ないじめを受けていたというのはウソである。




この子は壮絶なイジメをやっていた側である。悲しみの目。
 


鬼とイジメっ子のツーショット。悲しみの目。
 

桐朋学園入学時のツーショット。二人はお互いに嫌い合っている。
裕太は母親に対して怒りと嫌悪を持っている。15歳くらいのワルの人格。悲しみの目。
母親もこのワルの人格の存在を知っていて嫌っている。悲しみの目。
 

この子は右隣にいる鬼が怖い。悲しみの目をしている。

 

鬼がお芝居をしている。この子はお芝居をしている鬼が怖い。悲しみの目。



母性神話のためのアリバイ工作である。実際には60本もない。あったらもっと露出する。
 


小児性愛者の顔。その目は鬼の目である。悲しみの目で人の肉体を見ている。
 
 
高畑裕太はあふれるほどの母性愛を受けていたわけではない。
彼は過保護ではなく3歳から6歳まで性的虐待を受けていたのである。
CGユング『心理学と錬金術』に出て来るサトウルヌスさながら、
高畑淳子は我が子を貪り喰らう鬼である。


彼女はビデオが撮られる時だけ母性神話を演じている。
謝罪会見の時と同じく徹頭徹尾女優なのである。
家事も育児も人任せで息子の世話などしていない。


過保護の母親が伊豆くんだりまで出かけてホスト遊びをするものではない。
高畑淳子の長年のトモダチを任じているピーターもオカマではない。
彼は三輪明宏と同じくオカマをウリにしているノーマルなオジサンである。
高畑淳子ともオカマとしてではなく男性として肉体関係を持っている。


欲望が悪魔を作り、怒りが鬼を作る。
高畑淳子は高畑裕太を作った悪魔であり鬼である。
高畑裕太はイジメにあっていたのではなくイジメていた側である。
それは壮絶なイジメである。
長じては人格を使い分けながら延々と性犯罪を繰り返してきた。


高畑淳子はその間の事情を知り過ぎるほど知っている。
息子の犯罪を知りながら揉み消し庇護してきた。
息子のためではない。すべて自分のためである。
その罪は言葉にはできないほど重い。




※文春砲について
文春は日本人のためのメデイアではない。
坂の上の満州族御用達として創設されたメデイアである。
その本分は朝鮮王族と満州王族の使い走りの小僧であり
その本体は米軍第四軍特殊心理戦部隊である。


『文春砲』と称しながらやっていることはまさしく鬼の所業である。
日本人の斉藤佑樹が車庫飛ばしをすると二週連続でバッシングするが、
朝鮮王族が凶悪な性犯罪を犯しながら冤罪を狙った場合は、
治外法権を行使して手厚く保護し、被害者と周囲の人間を不法に攻撃する。


彼らの攻略法は非常に簡単明瞭である。
それは元ヤクザの友人を最大限に活用することにある。
文春は元ヤクザの友人が被害者の同級生であることを知っている。
知っていて故意に書かない。書けば美人局の線が消えるからである。
そうやって被害者をとことんミンチにして首吊りの輪に追い込んでいる。

元ヤクザの友人は実がある。そしてとても頭がいい。
決して高畑裕太には手を出さない。手を出さないで怒鳴っている。
彼は捜査官の前で堂々と怒鳴っている。そうして示談金を提示している。
捜査官も友人が怒鳴るのを止めない。ずっと怒鳴らせている。
目の前で被害者の様子を見て同情しているからである。


元ヤクザの友人はいくら評価しても評価しすぎるということはない。
元ヤクザの友人の適切な処置と通報により高畑裕太は即時逮捕された。
元ヤクザの友人が被害者のために適切かつ迅速に動いたことによって、
高畑裕太が今まで通り性犯罪を犯すことを阻止できたのである。
どれほどの人間が、恐らくは子供まで含めて、傷つけられてきたことか。
被害者には大変過酷な情況ではあったが非常に意義のある逮捕だったのである。



文春のトップ松居清人(まつい きよんど)
変容した悲しみの目で虚空を見ている高位の朝鮮王族。
驚くほど優しい顔をした本当の鬼である。
鬼だけど中身はなにもない。あるいは鬼だから何もなくなったのか。
本当の鬼が文学音痴であることを自ら告白している記事。
http://www.hochi.co.jp/topics/serial/CO019592/20151225-OHT1T50029.html 

 
本当の鬼が手にしているのは詐欺商法の大ヒット商品『火花』である。
アンドレアス・テイールの原作を元に日本人の男性作家が代作している。
アンドレアス・テイールが書いた箇所(冒頭と終末の部分)は秀逸であるが、
それ以外の個所はちょっと首を捻るかも知れない。


本書の標題『火花』は変容の儀式の際に盛大にあげられる花火のメタファーである。
例えばウオルトデイズニー映画の導入部の城と花火は変容の儀式を象徴化したものである。
https://www.youtube.com/watch?v=L28lZ9lqizQ


主題は変容の儀式を司る両性具有のメルクリウスすなわちバフォメットの象徴化で、
表紙の摩訶不思議なイラストもバフォメットを象徴化したものである。


前述した通り代作者は名前を奪われた日本人の男性作家である。
ちょっと貶してしまったけれどなかなか奮闘していると思う。
知能の低い本もろくすっぽ読めない又吉直樹のための第一資料にされて気の毒である。





※ゲルマンの若き王カールについて
先代の王アンドレアスと同じく日本文学の造形が深く、
万葉集を原文で読むほど日本語に堪能である。
伊吹有喜、窪美澄、村田沙耶香、新海誠、その他の原作を書いている。


西加奈子の著作のほとんどはアンドレアス・テイールの原作であるが、
前出の津村記久子の本体はこの西加奈子の代作を一手に引き受けている。
非常に力量のある当代随一の日本人作家といっていいと思う。


『コンビニ人間』以降はカールとこの女性作家がコンビを組んでいる。
元少年A『絶歌』もカールと津村記久子の次男によって書かれている。
窪美澄『アカガミ』もこのコンビによって書かれている。
窪美澄『アカガミ』はカールの原作を元に窪美澄を構成する団子三兄弟の次男が書いている。
彼女は名前を奪われた日本人の女性作家で個人的に一押しの小説家である。
また『アカガミ』の場合は原作だけでなく、表紙イラストもカールが描いている。


アンドレアス・テイールは圧倒的な作品世界を構築する不世出の天才である。
アンドレアスの作品世界に耽溺していた私はそう確信していたのだが、
しかし『絶歌』を読んだ今ではそれは早とちりであると思うようになった。
やがてカールがアンドレアスを超える日が来るだろう。

コメント

コメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新記事

(04/02)
(03/01)
(02/19)
(02/01)
(01/26)
(01/01)
(12/22)
(12/01)
(11/23)
(11/18)

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]