Home > 未選択 > いつも何度でも

いつも何度でも


※アンドレアス・テイール(1957~2006年)
坂の上の満州族が創設した家畜制度『666』の文学部門の頂点に立つ不世出の天才。
日本で育ったので日本語が堪能である。小説もマンガの原作も歌詞も日本語で書いている。
愛読書は山本周五郎(山本周五郎は日本人の魂の救済のために書いている稀有な作家)。
彼は山本周五郎から霊感を受けてヤンマイヨンを「降りるために登る」ことを決意し、
人間をミンチにし不変の序列で串刺しにする家畜制度を崩壊せしめんと果敢に挑んだ。
彼のリークは坂の上の満州族をして既定のシナリオを劇的に変更せざるを得なくせしめている。





アンドレアス・テイール
http://www.kino.de/star/andreas-thiel/
 
悲しみの目で人を見ている。
知性、教養、愛情、感性、霊感、信仰心を持っている。
口から出るのは真実と希望の言葉である。







※ヤンマイヨン 
中国雲南省にある三つの神の山の一つで文殊菩薩とされている。
清王朝の皇帝(坂の上の満州族の傀儡)は文殊菩薩の化身。
つまりヤンマイヨンは坂の上の満州族の『象徴化』なのである。






『ホビットの冒険』に登場するエレボールも坂の上の満州族の『象徴化』である。
 





坂の上の満州族の既定のシナリオ
2011年アメリカ崩壊&日本ファイナルサラマンダー
2012年中国世界覇権国&坂の上の満州族の千年王国樹立




2006年に劇的に変更されたシナリオ
『アメリカの失われた十年』『ブッシュが壊したアメリカ』ということにする。
『アメリカのセカンドチャンス』『チェンジ!』の旗印を掲げブレジンスキー計画を発動する。










統一幹部及び信者を使って『在特会』『北朝鮮拉致問題』等で東アジア敵対外交を扇動。
中国VSアメリカによる世界大戦へ誘導し真打のロシアが登場して漁夫の利をさらう形で終結。
アメリカと日本はファイナルサラマンダー状態、朝鮮半島と中国大陸も壊滅状態となる。
2016年1月1日坂の上の満州族の千年王国をクリミア半島のバフチサライに樹立する。





ヤンマイヨンの一夜
 
米軍第四軍特殊心理戦部隊のフロント組織が
米国に対する強力な呪術の『象徴化』を表紙イラストにしている。
この自作自演をヤンマイヨン方式と呼ぶことにする。
『新唐人』の64批判などはその恰好な実例である。





アンドレアス・テイールに話を戻す。
彼の天与の才は未曽有といっても過言ではない。
早熟の天才の例に漏れず既に10代半ばから本格的な創作活動を開始している。
以下は彼による多大な作詞群のほんの一部の実例である。





『ひこうき雲』 アンドレアス・テイール作詞(彼が日本語で作詞している)
https://www.youtube.com/watch?v=9HInQDjCCRc




※荒井由美(松任谷由美)
悲しみの目で金を見ている満州人。
作詞作曲しないシンガーソングライター。





『時代』 アンドレアス・テイール作詞(彼が日本語で作詞している)
https://www.youtube.com/watch?v=Ry_bpaKDcAo




※中島みゆき
悲しみの目で肩書と金を見ている満州人。 
作詞作曲しないシンガーソングライター。




『空と海の輝きに向けて』 アンドレアス・テイール作詞(彼が日本語で作詞している)
https://www.youtube.com/watch?v=5-GfWCJOGnQ





『空と君のあいだに』 アンドレアス・テイール作詞(彼が日本語で作詞している)
 




『銀の龍の背に乗って』 アンドレアス・テイール作詞(彼が日本語で作詞している)
 





『地上の星』 アンドレアス・テイール作詞(彼が日本語で作詞している)
https://www.youtube.com/watch?v=v2SlpjCz7uE






『糸』 アンドレアス・テイール作詞(彼が日本語で作詞している)
https://www.youtube.com/watch?v=jOegTv3a2h4







『命の別名』 アンドレアス・テイール作詞(彼が日本語で作詞している)
 






『月光』 アンドレアス・テイール作詞(彼が日本語で作詞している)
https://www.youtube.com/watch?v=iyw6-KVmgow





※鬼塚ちひろ
悲しみの目で金を見ている満州人。
作詞作曲しないアーテイスト。






『手紙~拝啓十五の君へ~』 アンドレアス・テイール作詞(彼が日本語で作詞している)
8歳より特殊養育されていた『貴種』は15歳になると親と近親相姦する儀式を執り行う。
『みちあけ』と呼ばれるその儀式で生じる深刻な葛藤を『象徴化』した歌詞である。
https://www.youtube.com/watch?v=erGCAu_hFqM




※アンジェラ・アキ
悲しみの目で金を見ている満州人。
作詞作曲しないアーテイスト。




アンドレス・テイールは少女マンガの原作も日本語で書いている。



※草分け当時の少女マンガ界の偉大なる団子三兄弟の内訳
序列3 長男 山岸凉子
序列1 次男 花郁悠紀子
序列2 三男 佐藤史生



少女マンガ界の偉大なる真の父はアンドレアス・テイール。
少女マンガ界の偉大なる真の母は花郁悠紀子。
両者は少女マンガ界の偉大なるゴールデンコンビである。




1971年『11月のギムナジウム』
アンドレアス・テイール 原作(彼が日本語で書いている)
花郁悠紀子 作画




※萩尾望都
悲しみの目で金を見ている朝鮮人。マンガを描かないマンガ家の代表格。
初代は花郁悠紀子、次代は佐藤史生、現在は男性が『萩尾望都』を務めている。
男性の『萩尾望都』はかなり大味である。

本人はお絵描きの好きな小学生がマンガの登場人物を真似て描く程度。
http://www.hagiomoto.net/event/gariki.html
あの『萩尾望都』がこんな粗雑でいい加減な筆致のラフを描く訳がない。
あの『萩尾望都』が西原恵理子と画力対決してどうなるものでもない。
そもそもマンガ家の魅力はこんな対決で測ることはできない。
こんな見世物で学生の目を晦ますことは不可能である。






1971~1975年 『アラベスク』
アンドレアス・テイール 原作(彼が日本語で書いている)
山岸凉子 作画
 








1972~1976年『ポーの一族』
アンドレアス・テイール 原作 
花郁悠紀子 作画
 







1974~1976年『トーマの心臓』 
アンドレアス・テイール 原作 
花郁悠紀子 作画
 






1975年『11人いる!』
アンドレアス・テイール 原作(彼が日本語で書いている)
花郁悠紀子 作画





次の2作品は第三次世界大戦のシナリオのための『象徴化』である。



1977~1978年『妖精王』
アンドレアス・テイール 原作
作画は山岸凉子だが花郁悠紀子の下描きが使われている。
1977年第三次世界大戦勃発⇒千年王国樹立⇒王の帰還のシナリオの『象徴化』。
1988年アニメ化。映画『ロード・オブ・ザ・リング』に先行する重要作品である。
 







1977~1978年『百億の昼と千億の夜』
アンドレアス・テイール 原作(日本語で書いている)
花郁悠紀子 作画
 

 








1978年『ゴールデン・ライラック』
アンドレアス・テイール 原作(日本語で書いている)
花郁悠紀子 作画







1978年『スター・レッド』
アンドレアス・テイール 原作(日本語で書いている)
花郁悠紀子 作画





1979年『恐るべき子供たち』
アンドレアス・テイールが日本語でネームを書いている
花郁悠紀子 作画







1980年『訪問者』
アンドレアス・テイール 原作(日本語で書いている)
花郁悠紀子 作画








※1980年12月12日花郁悠紀子逝去





1980年~『メッシュ』
アンドレアス・テイール 原作(日本語で書いている)
佐藤史生 作画
 





1980年『銀の三角』
アンドレアス・テイール 原作(日本語で書いている)
佐藤史生 作画
 







1980~1984年『日出処の天子』 
アンドレアス・テイール 原作(彼が日本語で書いている)
作画は山岸凉子だが一部花郁悠紀子の下描きが使われている。

『錬金術的哲学』に於ける孔雀はフェニックスと同意である。





1981年『A-A’』
アンドレアス・テイール 原作(日本語で書いている)
佐藤史生 作画
 




※A
Eruが最初に創造した高貴な一族アイヌアの『象徴化』。
金曜の夜11時から放映される『Astudio』も以下同文。
 
https://www.youtube.com/watch?v=HY3nA_2kLeM

 笑福亭釣瓶と北村一輝は満州族の王族(序列もほぼ同じ)
北村一輝はアルカナを吸って役作りをする傾向が顕著に見られる。
(アルカナが途絶しているのですでに過去形の話である)







1981年『籠の中の鳥』(最も重要な作品の一つ)
アンドレアス・テイール 原作(日本語で書いている)
山岸凉子 作画





1984年『半神』
アンドレアス・テイール原作
佐藤史生 作画
 





1985年『時じくの香くの木の実』(最も重要な作品の一つ)
アンドレアス・テイール 原作(彼が日本語で書いている)
山岸凉子 作画







1985~1986年『神隠し』(佳品)
アンドレアス・テイール 原作(日本語で書いている)
山岸凉子 作画







以上はアンドレアス・テイールが書いた原作の一部である。
決してすべてを網羅している訳ではない。
では次に映画、小説、マンガ取り混ぜて彼の大作を年代順に追って見よう。







1985~87年『マージナル』      
アンドレアス・テイール 原作(日本語で書いている) 
佐藤史生 作画 

  





1992~2001年『残酷な神が支配する』
アンドレアス・テイール原作(日本語で書いている)
花郁悠紀子の中編を元に佐藤史生が膨大な長編を描いている。




花郁悠紀子の作画









1994~2001年『MONSTER』
アンドレアス・テイール 原作(日本語でネームを書いている)
浦沢直樹 作画





NHK(坂の上の満州族御用達)がウソ八百で捏造した創作神話
https://www.youtube.com/watch?v=Bw0jfEVksGI






1995年『あらしのよるに』
アンドレアス・テイール 著作(日本語で書いている)
 








1997~1999年『白夜行』
アンドレアス・テイール 著作(日本語で書いている)







※東野圭吾 
悲しみの目で金を見ている満州人(王族)。
本を書かない作家。







1999~2006年 20世紀少年
アンドレアス・テイール 原作(日本語でネームを書いている)
浦沢直樹 作画









2001年『千と千尋の神隠し』
アンドレアス・テイール 原作(日本語で書いている)
スタジオ・ジブリ 作画





※『千と千尋の神隠し』
日本アニメ史上最高の動員数を誇る名作。
原作はアンドレアス・テイールが日本語で書いている。
究極の家畜制度『666』に対して密かに突きつけた果たし状である。
『象徴化』こそが力を持つというカルト教義を盲信する坂の上の満州族に対抗して
自分がやろうとしていることを本作品で『象徴化』してそのお株を奪ったのである。
その主題は『クライマーズ・ハイ』によってさらに強く打ち出されている。







2003年『クライマーズ・ハイ』
アンドレアス・テイール 著作(日本語で書いている)
http://noripi-49.at.webry.info/200607/article_1.html
 



※横山秀夫
悲しみの目で金を見ている満州人。
小説を書かない小説家。ウソつきの口先男である。







ヤンマイヨンを乗り越えようとしたアンドレアス・テイール
http://www.altcine.com/person.php?id=6472









2003年『blue』
アンドレアス・テイール 原作(1996年の同名のマンガも彼が原作者である)
https://www.youtube.com/watch?v=jNbbBDXDBwM









2003~2005年『容疑者Xの献身』
アンドレアス・テイール 著作(日本語で書いている)
 








※従前の拙稿にはXと十字の混同があったのでここで訂正いたします。
X=バフォメtットの『象徴化』 梟の象意  ex.大阪万博の太陽の塔
十=坂の上の満州族の『象徴化』 大鷲の象意 ex.リオデジャネイロの巨大なキリスト像
薔薇十字=坂の上の満州族の心臓の『象徴化』(天命の証とされるドラゴンボール)








2004年『MONSTER』(日仏共同製作のアニメ)
アンドレアス・テイール 原作



※劇中絵本『名前のない怪物』
これもアンドレアス・テイールが日本語で書いている。
後に彼が処刑される原因となった最重要リークである。
https://www.youtube.com/watch?v=AE9qPRIt1vU





2005年 私を離さないで(Never Let Me Go)
アンドレアス・テイール 著作(彼が英語で書いている)

https://www.youtube.com/watch?v=mo6n1X1Zk6Q




※カズオ・イシグロ
悲しみの目で金を見ている満州人。
小説を書かない小説家。






2006年 アジアンタム・ブルー アンドレアス・テイール 原作
(大崎善生の幼稚な駄文に6割がた書き換えられている)
https://www.youtube.com/watch?v=FBK4-YOHuuQ
 





※大崎善生
悲しみの目で金を見ている満州人。
原作を台無しにするしか能がない。







映画『アジアンタム・ブルー』の導入部は闇の世界の太陽の『象徴化』
 


大鷲と太陽の『合一』の『象徴化』 (大鷲の頭部は△すなわちヤンマイヨン)



『合一』=核爆発の『象徴化』
 


フェニックス・プログラムの『象徴化』





2006年『そして私たちは愛に帰る』(The Edge Of  Heavn)製作
アキンとステイール

二人は無理やりVサインをさせられている。




※Vサイン
東西の世界支配層22人の『象徴化』である。
しかし1966年に東の怪物が西の怪物を食べた時点で(字義通り心臓を食べている)
22の象意は形骸化している。




※1966年
坂の上の満州族がポルトガル最高支配層を食べた年。
その祝祭の『象徴化』として行われたのが『文化大革命』である。





※1977年
坂の上の満州族が第三次世界大戦を企図した年。
前年の1976年には周恩来・朱徳・毛沢東を暗殺、
10月反革命のクーデターを起こして江青ら四人組を粛清。
実動部隊は坂の上の満州族に直属する死の部隊及び四川軍。
第三次大戦のシナリオに協力しなかった朴正煕も暗殺している。
朴槿恵はこの間の事情を知悉した上で命令通りに動かない。
メルケル首相と同じくコウモリにならない覚悟を決めている。







(続き)
アンドレアス・テイールは右目を殴られている。
彼が抱いている感情は悲しみ。そして希望。
彼は傍らにいるファテイ・アキンを守りたいと思っている。
ファテイ・アキンが抱いている感情は恐怖である。
彼はアンドレアス・テイールを信頼している。

前掲写真の拡大図






同年9月22日 白の会議(於ブータン)      




同年9月23日 アンドレアス・テイール処刑される
白の会議の翌日アンドレアス・テイールはトルコ黒海沿岸海辺で八つ裂きの刑に処されている。
処刑人が刃物を使わず手で彼の両眼を抉り出し両手と両足を捥ぎ取り頸を捩じ切っている。
オルペウス教に基づくこの処刑法は文革で横行した『ジェット式』の『元型』である。
64と同じく彼ら紅衛兵の中核にいたのもまた坂の上の満州族に直属する死の部隊である。
 




     
同年11月 『そして私たちは愛に帰る(Edge of The Heavn)』完成
海辺に座っている主人公はアキンの『象徴化』。彼はアンドレアス・テイールを待っている。
 







アンドレアス・テイールの白鳥の歌
https://www.youtube.com/watch?v=9O4SMw_8Om0



いつも何度でも  アンドレアス・テイール作詞(彼がこのまま日本語で書いている)


呼んでいる 胸のどこか奥で 
いつも心躍る 夢を見たい
悲しみは 数えきれないけれど
その向こうで きっとあなたに会える
繰り返すあやまちの そのたび ひとは
ただ青い空の 青さを知る
果てしなく 道は続いて見えるけれど
この両手は 光を抱ける
さよならのときの 静かな胸
ゼロになるからだが 耳をすませる
生きている不思議 死んでいく不思議
花も風も街も みんな同じ


呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも何度でも 夢を描こう
かなしみの数を 言い尽くすより
同じくちびるで そっとうたおう
閉じていく思い出の そのなかにいつも 
忘れたくない ささやきを聞く
こなごなに砕かれた 鏡の上にも
新しい景色が 映される
はじまりの朝の 静かな窓
ゼロになるからだ 充たされてゆけ
海の彼方には もう探さない
輝くものは いつもここに
わたしのなかに 見つけられたから











コメント

コメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新記事

(08/06)
(07/07)
(07/07)
(06/01)
(05/11)
(05/03)
(04/02)
(03/01)
(02/19)
(02/01)

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]