Home > 未選択 > 本日のGoogle検索の画像

本日のGoogle検索の画像

※27日追記 拙稿『Hallelujah』非公開を公開に直しておきました。


本日のgoogle検索画像の『本読み』です。


今日の検索画像はオプスの四つの過程を『象徴化』しています。


※オプス  『錬金術』の作業





 



 

 





では項目別に解説して参ります。




男女
手を繋ぎ踊っている黒人の男女は黒化すなわちニグレドを『象徴化』している。
右側にいる女性の方が左側にいる男性よりも序列が上である。
男性の黒っぽいズボン、二人の白い上衣、女性の赤いスカートは、
オプスが黒化⇒白化⇒赤化の順で進行していくことを『象徴化』している。
男女は三度その位置を変えた後、四度目は女性が上昇する。
これはマリア・プロフェテイサの公理『3から4への移行』の『象徴化』である。
三位一体の男性原理から四位一体の女性原理へ移行してマリアが君臨する意であり、
三度の八百長大戦により坂の上の満州国の千年王国が樹立する意である。



G
今日のgoogle検索画像の最初のgは大文字かつ白抜きのGになっている。
これは白い月を『象徴化』している。



L
googleのlも大文字になっていてこちらは黒くなっている。
これは黒い太陽を『象徴化』している。



三つ星
黒いLの右上方に三つ星(水・風・火の指輪)があって『錬金術』のオプスを促進している。



e
e(Eru  エル 坂の上の満州族の絶対神)は赤い四角(赤い地)の中に埋没しているが、
そこから赤い糸が伸びてL(黒い太陽)とg(ドイツ)と黒人の男女の傍らを通り、
G(白い月)へと結び付ける役割を果たしている。




g(ドイツ メルケル首相の『象徴化』)は△(火の象意)の中に半ば溶解している。
これはメルケル首相が『錬金術』されることを『象徴化』している。




黒人の男女の『合一』及び白い月と黒い太陽の『合一』によって二重の『合一』が示唆される。
二重の『合一』によってオプスが終了した後に第一資料たるメルケル首相は一旦死ぬのである。
一旦死ぬと言っても生身の人間であってメルクリウスではないのだから甦えることはない。



オプスの成就に歓喜する男女 
赤いスカートを翻した女性は大鷲(坂の上の満州族の象意)を『象徴化』している。
赤いスカートには四つの襞が描かれ『黄金の華』(グランドクロス)を『象徴化』している。
下にいる男性が黄色いネクタイを締めているのは坂の上の満州族の『象徴化』である。
そうしてHallelujahのポーズで決めているがこれは悪魔の知恵を『象徴化』している。
(拙稿『Hallelujah』参照)




結論
伊勢志摩サミットで坂の上の満州族に抗う反骨心を持っているのはメルケル首相だけである。
そのメルケル首相を第一資料として『錬金術』するシナリオを『象徴化』している。
『錬金術』の四つの過程を経て死、黒化、腐敗が訪れオプスが成就するという予告である。




参照資料としてCGユング『心理学と錬金術』』人文書院より参照資料を引用しておきます。
ユングは変質者に近い変態で著書も講演録も本人が書いたものではありません。
大著『心理学と錬金術』は『666』の哲学部門のゲルマンの天才が創案したものです。
他に類を見ない壮大なスケールのリークです。




   地(原人)       水(蝙蝠)     風(大鷲)      火(獅子)  





上記の解説
『錬金術』の四つの過程が密教の四大(地水火風)によって『象徴化』される。
密教本来の順序は地⇒水⇒火⇒風であるがイルミナチオでは火が最上のものとなる。
丸い球は水を現わしている。つまり第四段階に至りて水と火によるオプスが成就する意。








 

解説不要



 


解説不要


 




上記の解説
イルミナチオは『フランス革命』とほぼ同時進行で『ハイチ革命』を起こしている。
これは『錬金術』を促進するためにニグレドの『象徴化』として行ったものである。
(『〇〇革命』『〇〇維新』は連中の発明した『錬金術』である)





用語解説


※『錬金術的哲学(イルミナチオ)』
1616年に薔薇十字団が結成されたことになっていて、
1717年にフリーメーソンが結成されたことになっているが、
いずれも坂の上の満州族による創作神話なので年代は当てにならない。
現在我々が信じ込まされている歴史の殆どがそうした捏造資料で出来ているし、
宗教も19世紀になってからやたら『発掘』された考古学的資料に基づいている。
変態ポチ学者の一群が『検証』した『グノーシス主義』はその代表格である。
つまり『グノーシス主義』という創作神話を捏造したのもイルミナチオなら、
それを至便なツールとして最大限に活用しているのもまたイルミナチオなのである。
東方グノーシスとして知られるマーニー教の教祖マーニーは連中による捏造キャラであり、
その『象徴化』が『思い出のマーニー』でありアノニマスが被っている仮面なのである。
(『64』の露払いとして使われているSEALDsのリーダーが生やしている顎鬚も同類項)



※『象徴化』
イルミナチオの最大の特長は『象徴化』である。
『象徴化』によって呪術が強化されるという信条を持っている。。
それを金科玉条とし強迫的なまでに『象徴化』して已まない。
実例として有名どころを挙げるとGAGA(7171)がある。
これは1717の鏡像としての『象徴化』である。
緑色の星はエルフ(坂の上の満州族の閨閥)の『象徴化』。
エルフの額にあるとされる一つ星は彼らが選民であること、
唯一の神Eruから生まれたことを『象徴化』している。
(トルコの国旗も実例として挙げることが出来るが割愛する)







※空海とキリストの『合一』について。
フリーメーソンの化けの皮を被っている薔薇十字団。
その薔薇十字団の化けの皮を被っている『錬金術的哲学』。
その実体は真言密教5割+易経3割+道教2割の混淆である。
いずれ真言密教とキリスト教をブレンドして千年王国のカルトにする予定なので、
第2バチカン公会議で肝煎りして2005年から本格的に高野山の坊主と共に取り組んでいる。
このトンデモのシナリオの萌芽は少なくとも16世紀に遡ることが出来るだろう。




※『黒の書』と『赤の書』』
『錬金術』のオプスは黒⇒白⇒赤の順に進行していく。
黒はニグレド・腐敗・死を『象徴化』し、赤はオプスの成就を『象徴化』している。
『黒の書』と『赤の書』はまさに『錬金術的哲学』のプロセスを『象徴化』する書である。
ゲルマンの天才による原案をマンガ化や映画化して世界中で大ヒットした『デスノート』。
4人の変態ポチが宣伝に(顔写真だけ)駆り出されていたユングの『赤の書』。
『指輪物語』のリークによると真実の歴史が書かれた『赤の書』が裂け谷に秘蔵されている。
ユングの『赤の書』はユングの死後に捏造された絵日記であるが、
裂け谷(ブータン)に秘匿されている『赤の書』の『象徴化』として書かれている。
『666』の処刑リストが書かれた『黒の書』(デスノート)もブータンにある。
所有者は『伝説の女錬金術師』マリアである。



コメント

コメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新記事

(08/06)
(07/07)
(07/07)
(06/01)
(05/11)
(05/03)
(04/02)
(03/01)
(02/19)
(02/01)

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]