Home > 未選択 > 誰も知らない②

誰も知らない②

当ブログ記事の無断転載を堅くお断りします。




定義 2019年11月
あのすばらしい1911をもう一度。
すなわちSKⅡを象徴化する超重要な月間。




定義 キッコーマン
列島原住民の貴種オブ貴種のマジキチ。
亀(ペリカン)のバケの皮を被ったサソリ。
サソリの本質は毒飼いすなわち毒の使い魔。
名もなき毒から猛毒までさまざまな毒を盛る。
毒はアトピー、喘息、アレルギー、精神疾患、生活習慣病を誘発する。
サソリは微細構造定数137の鏡像でありミシャグチである。
サソリこそはハルビンの731の本体である。
サソリは食品業界のみならず芸能界にも影響を及ぼす。
さらには建築業界、医療部門をも動かしている。

激ヤバ
https://www.youtube.com/watch?v=p5XZyLxl84o




参照資料①『孤宿の人』
アンドレアスの原作をもとに窪美澄(次男)が完成させている。
この次男は本作がどんなに重要な作品であるかが理解できない。
カール原作『なでしこ物語』とほとんど区別がつかないらしい。

加賀様はユミルの民の象徴化。ほうはキッコーマンの象徴化。
鏡像の関係にある両者が合一して瀬戸内海がミシャグチとなる。




参照資料②『名もなき毒』
アンドレアスの原作をもとに2代目の次男(ヤプーの男性)が書いている。
初代の次男(ヤプーの男性)は50代だがこの2代目の次男はかなり若い。
窪美澄(次男)と同じく自分が何を書いているのか分かっていない。

杉村三郎はキッコーマンの死の部隊の精鋭である。
単行本の表紙の三日月は宮部みゆきがバフォメットであることを表わしている。
文庫本の表紙は杉村三郎がモーセの門(ミシャグチ)であることを表わしている。
この超極悪人にとっては妻も娘も使い捨ての道具に過ぎない。




では引き続き『誰も知らない』です。
『誰も知らない』だけでなく、
以下にリストアップした作品も、
すべて近藤龍人の監督によるものです。


『花よりもなほ』
『歩いても歩いても』
『奇蹟』
『そして父となる』
『海よりもまだ深く』
『万引き家族』


以上は目を通した作品に限っています。
たぶん是枝裕和の映画はすべて近藤龍人が監督したものなのでしょう。
万引き監督蜷川実花についてもまったく同様のことがいえると思います。
しかしながら最新作『人間失格』は個人的にはNGだと思います。
トンデモが付くフィクション映画なのに実話などと銘打ってはいけません。
実際のところ太宰治は女たらしでもなければ心中マニアでもありません。
この人は生え抜きユダヤの柳鍋ですが真正オカマはゼンゼン好きではありません。
その最期も純然たる他殺によるものです。


では本題です。
映画『誰も知らない』
原作 アンドレアス・テイール
監督 近藤龍人
主題 エルデイア人の死の部隊の子弟
  (ユミルの民の小児性愛者御用達を任務とする)


登場人物の象意(全員が全員とも生え抜きユダヤです)
YOU  監視者(母親を演じながら監視の任務を明に引き継がせる プロスペローの象意)
明   監視者(監視の任務を引き継いだ死の部隊の子弟 明の王の象意)
京子  ペリカン(我と我が胸を傷つけた血で子どもを養う キリストの象意)
茂   小児性愛者のために養育される子ども(茂という名前は千年王国の王の象意)
ユキ  小児性愛者のために養育される子ども(クマのサンダルやキーホルダーは皇帝の象意)
紗希  バフォメット(明の庇護者であり同行者 イブに遭遇したのはバフォメットだから)



真正バフォメット
YOUが仮初めの母親役を演じて退場した後、
紗希がバフォメットとして登場しています。
YOUが母親役を辛い役割として認識していたのとは異なり、
紗希はバフォメットとして明を庇護し任務の遂行を助けます。
紗希はある意味この映画の本当の主役といえるでしょう。
是枝裕和は前掲の創作ノートやインタビュー動画で次のように告白しています。
脚本を書く段階で紗希の何たるかがまったく理解できていなかったと。
映画を撮り終ってから寄せられた第三者の指摘で紗希の役割に気が付いたと。
閉塞状況下の兄妹に紗希という他人が入ることで自ずから明るい展望が広がるのだと。
脚本を書いたのも映画を監督したのも私ではありませんと文脈でゲロっているのです。
(より正確にいうとアンドレアスがそのように創作ノートを書いているのです)


ついでにアドレアスが仕掛けた罠の過去の事例


事例その①『模倣犯』
『模倣犯』は超大物万引き作家宮部みゆきが頂点を極めた作品である―
このように大物万引き評論家池上冬樹が手放しで絶賛しています。
なるほど『模倣犯』は特異なミステリー№1ともいうべき傑作です。
原作者アンドレアスが堂々と万引き作家を罠に仕掛けているのですから。
否、宮部みゆきの代わりに作品を仕上げた次男を罠に仕掛けている。
厳密にはそういうべきでしょう。


宮部みゆきは超が何個もつく大物万引き作家です。
次男にも初代と次代がいて各々男女一名ずついます。
『模倣犯』を書いたのは初代の次男の女性です。
しかもこの女性の次男は高村薫の次男も兼ねています。
そしてこの女性の次男はかなり序列が高い。
恐らくはエルデイア人の柳鍋なのでしょう。
ヤプーの男性の次男が完成した作品を、
好き勝手に改竄する特権を有しています。
例えばアンドレアスの原作をもとに、
ヤプーの男性の次男が完成した『マークスの山』『照り柿』、
これらを無慙な摘まみ食いで主題をメチャクチャにした挙げ句、
『全面改稿』と称して文庫本化するような無法が許されています。
『模倣犯』というのはこの女性の次男をターゲットに、
アンドレアスが仕掛けた実際のミステリーなのです。
真犯人が塚田真一であることを気取られないようにして。

ちなみに『ドラゴンタトウーの女』でおなじみの『ミレニアム3部作』。
ここの次男も妄想型多重人格のヒロインを手前勝手に理想化して、
ついには別キャラに仕立てるというゴーマンをカマしたがために、
肝心要の最後のクライマックスで自家撞着に陥るハメなっています。
リスベット・サランデル自身が連続殺人鬼なのであって、
大物スパイの父親も巨人の兄も金髪の姉も存在していません。

そもそも小説や映画に栄誉を与えること自体がオカシイ。
それらは本来なくてもまったく構わないものです。
先々代の文学部門の王ハルは何といっているのか。
我々は橋の下に住む者であると言っています。
そうでも思わなければ小説など一行でも書けるものではないと。
アンドレアスはもっと凄い。
物語を紡ぐ罪は堕地獄であるとさえ言っています。
これは次男のみなさんのことではなく、
万引き作家や万引き監督のことを指しています。



事例その②『晴子情歌』『新リア王』『太陽を曳く馬』
大物万引き作家高村薫をターゲットにしたミステリーの傑作です。
原作者が作者を引っかけているので真犯人が最後まで伏せられています。



以上の事例に照らし合わせて、
『誰も知らない』の『演出ノート』を眺める時、
万引き監督の告白の書とでも申しましょうか。
この『演出ノート』を是枝裕和が万引きすることによって、
万引き監督であることを自ら証明する結果と相成ると。
いうそういう見事な仕掛けになっています。


アンドレアスは近藤龍人のためにこれをやっています
 



こちらも万引き監督による自白です。
飛んで火に入る是枝裕和とでも申しましょうか。 
マンマとアンドレアスの思うツボに嵌まっています。
https://www.youtube.com/watch?v=K1RUIpfgrNo
https://www.youtube.com/watch?v=GRWlWdidVCY
https://www.youtube.com/watch?v=7krpMigouuM


ユキちゃんがルイヴィトンの鞄の中から出されるシーン
(小児性愛者御用達の子どもは鞄の中に入れられて宅配される)



参照資料その①『一九三四年冬―乱歩』


 いろいろな伝手を捜して、ようやくその秘密の館、宋公館を私が訪れたのは、はじめて噂を耳にしてから半年あまりも経った梅雨明けのころでした。


 よく場末の見世物小屋に出ている<海鼠女>の話を聞いたことがないでしょうか。体中の骨が自在に屈曲し、だから体をどうにでも折りたたむことができ、五尺の女が手提げトランクの中に収まってしまうというのです。


 三歳のときから、一日五合、梔子の花弁を浮かべた酢を欠かさず飲まされてきたという話はきっと本当なのでしょう。それは小遣い銭をやって手なずけた宋公館の使い走りの老婆から聞き出した話ですが、この館の地下にはいまでも大きな石瓶が据えてあって、その中には精製された黒酢を七に対し、山林檎から造った上質の山査酒を三の割合で配合した暗黄色の液体が満たしてあり、そこに夏のころ、どこからか摘んできた一かけの梔子の花弁を入れるのだそうです。これを日夜飲んでいると、体の骨という骨が次第に撓みはじめ、娘の体は三年で真後ろに反り返って頭が床につくようになり、五年で首がほぼ百八十度振り向くことができ、七年経つと体中の関節を自在に外せるまでになるというのです。そうなると、頭一つ入る穴があればそこからするりと脱け出すことも、自分で体を幾重にも折り畳んで旅行鞄に入ってしまうこともできると言いますから、恐ろしい話しです。それは、男の邪な悦楽のために造られた体でした。


 どんな姿勢で、どんなことが起ったのか、それを具に話すのはとても憚られるというよりは、私自身あまりに信じられないことが引きも切らず起ったので、今でも頭の中に靄がかかっているようで、途切れ途切れにしかその夜のことが思い出せないのですが、たった一つ、いま思っても総毛立つのは、外界から孤絶してしまったようなその部屋の、長い長い沈黙の恐ろしさです。おわかりでしょうか。その間中、女は一言も口をきくことがなかったのです、女は唖だったのです。文字通り、梔子姫だったのです。


 
 筆談で語られた、梔子姫が声を失った日の話しも私を泣かせました。―梔子姫は七歳、それは春の日、日が暮れたら水銀を嚥むことを梔子姫は知らされていたそうです。―梔子姫は七歳、それは春の日、日が暮れたら蒼い水銀を嚥むことを梔子姫は知らされていたそうです。それが定められた運命だと思っていたから、別段ひどいことだとも思わず、自分が少しでも高く売れたら、その分、海の向こうの小さい弟や妹が幸せになれると思うと寧ろ嬉しく、ただあんなに好きだった歌を明日から歌えなくなることだけが悲しくて、梔子姫は暮れなずむ空を見ながら少し泣きました。そして、いままでに知っている歌を思い出せるだけ思い出し、声が嗄れるまで歌いました。みんな悲しい歌ばかりでした。東支那海を越えて売られてきた三歳の春まで親弟妹といっしょに暮らしていた福建省の、「拝月」という子守り歌―世に歌われている可愛らしい童謡や子守り歌の中には、どうしてこんな酷い歌がこっそり紛れているのでしょう。


 そして、梔子姫がいまにも沈みそうな夕日に手を振りながら最後の声で歌ったのは、日本に来てから覚えたこんな歌だったそうです・・・・・。
  

支那の待ちの 支那の子
小さいときに 攫われて
いまでは曲馬で 泣いてます


 ただ、わかったのは、この娼館にはかなり広い地下室があって、そこには予備軍とでも言いましょうか、三歳から十歳ぐらいまでの女の子が、以前の梔子姫のように飼われているということと、その子たちを飼っている<誰か>がいるらしいということでした。

以上、アンドレアス原作『一九三四年冬―乱歩』より。
著者に擬されている久世光彦は生え抜きユダヤの万引きプロデユーサーにして万引き作家です。




参照資料その②『赤朽葉家の伝説』


6 鞄と孤独
 この一九六六年は、この国に六十年に一度だけやってくる「丙午」と呼ばれる年であった。十二支でいえば午年に当たるのだが、十干では丙であり、その二つが重なるのである、午と丙、その両方が激しい火の属性をもつために、この年に生まれた女の子どもはたいへんな暴れ馬になり、性格もべらぼうにきつく、なにより男を食い尽くすといわれる年であった、なぜだか、そんなときを選んだかのように万葉は、女の子を産み落とした。

 これが赤朽葉毛毬の誕生である。毛毬は万葉が生んだたくさんの子どものうちもっとも見た目の美しい、だがもっとも手ごわい子供であった。(中略)このあと生まれる子供がそれぞれ、鞄と孤独である。



以上、アンドレアス原作・津村記久子を構成する団子三兄弟の次男著『赤朽葉家の伝説』より
アンドレアスの津村記久子(次男)に対する信頼には絶大なものがあります。
かつてもっとも重要なマンガの原作を花郁悠紀子に託していたように、
もっとも重要な小説の原作を津村記久子(次男)に託しています。
世界で最も重要な小説とマンガはこの二人によって書かれ(描かれ)ている。
そういっても決して過言ではありません。



『赤朽葉家』の作者に擬されている桜庭一樹はキッコーマンの万引き作家です。
桜庭一樹というペンネームが持つ象意&一連の作品群の重要性から察するに、
同じくキッコーマンの万引き作家恩田陸に勝るとも劣らない超大物です。
両者はキッコーマンの超大物万引き作家の謂わば双璧を成してます。

八百長コンクールと万引き作家のタイアップ。
浜松市長と恩田陸の序列には天地の差あるので、
浜松市長は手に汗握りビビりまくってますね。
https://www.youtube.com/watch?v=-j7sCHJEeQM


オルペウス教(666)にあってクラッシック音楽、
とりわけピアニストは序列最高位に位置しています。
クラッシックピアノはカルトとして機能しているのです。
世界三大ピアノコンクールは純然たる八百長です。
ピアノの天才であろうが凡才であろうがどうでもいい。
そんなことはどうでもいい。
ただピアノを弾けばいい。
ピアノを演奏するのに序列は関係ありません。
然るに八百長コンクールは序列を付ける。
八百長で万引き優勝者を輩出するためです。


クラッシックピアノはユミルの民とエルデイア人の独壇場。
と思いきやカルト教宣映画のヒロインは何とキッコーマン。
https://www.youtube.com/watch?v=b9z6NcS5Wwc
向かって左から
序列4 エルデイア人
序列1 キッコーマン
序列2 ユミルの民
序列3 エルデイア人
コメント

コメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]