Home > 未選択 > 十日文革=パナマ文書

十日文革=パナマ文書

『十日文革』=『パナマ文書』
使い物にならなくなった変態ポチを排除するために坂の上の満州族が使嗾したヤラセです。
習金平とブレアがターゲットでしょうか。殊に習金平は統合失調が強く出ているようです。
いずれにしてもペンタゴンペーパーズやウイキリークスと同じ類の茶番ですね。
世界支配システムに触れるような情報は絶対に表に出していません。
こんなのと較べたら『ロード・オブ・ザ・リング』の方が遥かに核心に迫っています。
命懸けでこれをリークした人間はもうこの世にはいないでしょう。




今回の茶番を盛り上げている同じ穴のトモダチ 
https://www.youtube.com/watch?v=DL1x7YWLQPM






ユルゲン・モサック 恐らくは満州人のハイブリッド種
『変容』している 悲しみの目で金を見ている 口から出るのは虚言






ラモン・フォンセカ・モーラ  以下同文
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%AB





ダニエル・エルズバーグ 『変容』している 悲しみの目で金を見ている 口は虚言を語る

http://www.thedailybeast.com/articles/2011/06/13/wikileaks-probe-spoils-pentagon-papers-anniversary.html



ジュリアン・アサンジ 満州人 『変容』している 悲しみの目で金を見ている 
口から出るのは虚言

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1971









モサックフォンセカの『錬金術的哲学』仕様のロゴ
 http://www.mossfon.com.hk/en/main.html





 錬金術では十字のなかの薔薇が第五実体を意味する。すなわちそこから四大が出現する第五番目の本質であり、人間の四原理からなる形而下的肉体の精神的中心、精神の流れが四方向へ流出する源泉である。(種村季弘『薔薇十字の魔法』』



 



『文革』の証言者も聞き取りをしている司馬遼太郎も満州人。
団子三兄弟の司馬遼太郎として認知されている人物は本を書いていない。
もちろん『坂の上の雲』も書いていない。
所謂『司馬史観』なる代物は坂の上の満州族に都合のいい似非史観のことである。
http://www.asahi.com/articles/DA3S12221130.html





1966年に始められた『文革』はきっちり11年後に終焉しています。
予めシナリオが決めてあったということでしょう。
1976年1月8日に周恩来が『病死』 
同年7月6日に朱徳が『病死』
同年9月9日毛沢東が『病死』
同年10月6鄧小平が反革命のクーデターを起こす
(実際には坂の上の満州族が『死の部隊』を率いている)
そうして毛遠新(毛沢東の甥)と江青ら四人組を粛清し
すべてを毛沢東の責に帰して『文革』を終焉させています。




左 毛沢東 愛情と理想の人 その目は理想を見ている その口は理想を語る
右 毛岸英(毛沢東の長男) 朝鮮戦争(国連主導の八百長)で『戦死』させられている





毛沢東は坂の上の満州族によって中国共産党の顔に選ばれた満州人ですが
中華人民共和国建国以後の後半生のほとんどを幽囚のうちに過ごしています。
妻子を奪われ、あるいは隔離され、監視役の愛人を複数宛がわれ
さらに『死の部隊』とお抱え医師と看護婦に二重三重に監視され、
秘密裏にお召列車で中国全土を物見遊山するほかは
たまさか周恩来が監視役兼連絡係りとして訪れるばかり。




共産党幹部は完全に毛沢東を蚊帳の外に置いてお仕事をしている。
国家行事で必要な時だけ毛沢東を道具として駆り出す。
下の写真の周恩来 劉少奇 朱徳は毛沢東を個人崇拝している訳でも何でもない。
写真を撮られるので和やかな表情を装っているが彼らは毛沢東の正真正銘の敵である。
 

文革で劉少奇をリンチさせ虜囚にして『病死』させたのも毛沢東ではありません。
劉少奇に愛情があって正義感があって金ではなく人を見ていたから潰されたのです。
家畜は自分の意思を持っていたり人を愛したり理想を語ったりしてはならない。
『666』は究極の家畜制度なのです。


だからメンバーには認識番号と序列が付けられている。
『改革開放』の旗手を務めた鄧小平はこの四人よりも序列が抜きんでて高い。
第一次天安門事件⇒『反革命』のクーデター⇒64(第二次天安門事件)
鄧小平はこの支離滅裂としかいいようのないシナリオの流れを上手に演じています。
度重なる『失脚』もそのための演出に過ぎません。


『文革』の残虐行為を扇動した紅衛兵の中核には満州人の『死の部隊』がいます。
64天安門事件の騒擾分子の中核にも満州人がいて残虐行為を誘発しています。
『死の部隊』は坂の上の満州族によって選抜され特殊養育された満州人の子弟です。
この特殊養育は坂の上の満州族の子どもたちの通過儀礼でもあります。
8歳の頃から子ども同士で殺し合いをして生き延びた者が覇者となるのです。



コメント

コメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新記事

(10/01)
(09/18)
(09/02)
(08/06)
(07/07)
(07/07)
(06/01)
(05/11)
(05/03)
(04/02)

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]