Home > 未選択 > 備忘録6~7月

備忘録6~7月


7月29日追記
トルコの「クーデター」について。
『錬金術』を阻止したフカシ・アカル参謀総長は、
拘束されて拷問を受けている可能性が高い。



相模原の殺傷事件について。
殺傷事件そのものがヤラセ、デッチ上げだとする見解もあるようですが、
しかし神奈川県警がこの大掛かりなヤラセに協力するというのは現実的に見てどうでしょうか。
アカウント、刺青、犯行声明、防犯カメラの映像から推察されることは、
①今回の事件は『666』の軍事部門によるもので予めシナリオも配役も準備されている。
②入所者を殺傷したのも軍事のプロ、強度のヤク中である植松容疑者は一人も殺傷していない。
③植松容疑者の背後には複数(少なくとも二人)の軍事のプロ(死の部隊)がいる。
等々の可能性です。


確実に言えることが一つあります。
それは植松容疑者が『変容』しているということです。
犯行前後の写真と往時の写真を較べて、そのあまりの変わりように驚くと同時に、
1人の人間をこれほどまでに破壊し、改造し、殺人犯として使役する連中がいる、
そういう連中がいて、そういうことが行われたことに対して、打ちのめされています。


みなさんにはこの顔は何歳くらいに見えますか。私には六歳くらいに見えます。
この人は退行しているのだと思います。
 


殺人者の異常な笑いに見えますか。小さな子の照れ笑いに見えませんか。
 



この手紙を何回も読み返してみてください。
殺人の動機としては「いかにも」のこの文案は非常に頭の良い第三者が作成したもので、
植松容疑者が自分で考えて書くことができないような内容だと思います。
この文章を植松容疑者が自分で考えて書いたというのは、ちょっと譬えは悪いですが、
あの桜木柴乃が「この文章は自分が考えて書きました」というようなものですね。
村上春樹でもいいですが。

 



ヤクでラリっている顔ですがやはり六歳くらいに見えます。
 




上からの指示で犯人たるべくアリバイ工作に務めているのでしょう。
植松容疑者は措置入院中にもフリーメーソンを自称していたそうです。
フリーメーソンの中核に浸透して換骨脱胎したのがイルミナチオすなわち『錬金術的哲学』。
その本質は後期大乗5割、易経3割、道教2割の混淆から編成されているカルトです。
それを東方正教というも可なり、世界紅卍会というも可なり、統一協会というも可なり。
そういうシロモノです。


おそらく植松容疑者本人の自覚としては統一協会信者なのではないでしょうか。
彼はまたヒトラーの思想が降臨してきたとも言っているそうです。
ナチスの優生思想のルーツは坂の上の満州族の『錬金術的哲学』にあります。


冥府としての白い月。その中にある黒いハーケンクロイツ。旗の基調は赤色。
全体として『錬金術』の三つの過程(黒化、白化、赤化)を『象徴化』している。

 


世界紅卍会の会員は卍の旗を45度傾けて持っている
 



※ハーケンクロイツ
世界紅卍会の卍の鏡像。
Googleのeと同じく45度傾いて東北を指し示している。
Googleのeが45度傾いているのは坂の上の満州族の絶対神Eruの『象徴化』。
ハーケンクロイツが45度傾いているのも、
そのルーツが世界紅卍会であることの『象徴化』である。



※1919年
ヒトラーが歴史に登場した重要な年。
同じ穴のトモダチが連動して割拠している。
1月1日 白ロシア社会主義国樹立
1月5日 ナチス結成
1月18日 パリ平和会議(戦争準備会議)
3月1日 3・1朝鮮独立運動
3月2日 コミンテルン創設
4月12日 関東軍設置
5月4日 5・4中華民国学生運動
7月7日 カルピス販売開始
10月10日 中国国民党創設



※SS
この記念すべき1919年の『象徴化』がSS。
その中核にいるのはドイツ軍ではなく、
幼少時から特殊養育を受けた満州族の『死の部隊』である。




参照
http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-177.html




参照 
http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/0dffae11959a3b4a6a5e506ce9a24992


序列2 RK(満州王族 講談師)   序列1 BF(スラヴ系王族 普通より知能が低い)
 





※緑龍会=『666』の『象徴化』
緑龍は緑の蛇の『象徴化』。
『変容』の儀式に於ける触媒として用いられる。
ゾロアスター教の地獄絵図を再現するために




※始祖鳥=坂の上の満州族の『象徴化』
彼らはあらゆるものに序列をつける。
彼らの頭の中では次のように認識されている。
序列1 鳥(彼ら自身)
序列2 植物
序列3 動物
問題外 人間(第一資料でしかない)




※血統至上主義
おなじ序列の中でも血統がすべてにおいて優先される。
血統が高いというだけであらゆる特権が与えられる。
搾取される側にとってはたまったものではない。
我々ヤプーにとっても死活問題に直結している。
しかし同時に我々は他の生物に対しては。
美化運動と称して在来の『雑草』を除去してその後に外来種の花を植えたり、
ブリーダーと称して血統書付の愛玩動物を繁殖させて流通させたり、
血統至上主義の感化を受けた卑近な例に対してはかなり鈍感になっている。
そんな傾向に無自覚になっている。
『錬金術』の同心円を描いていることに気づかないほどに。





世界紅卍会に関する拙稿
http://perimari.gjpw.net/majick/%E4%B8%AD%E5%85%B1%E3%80%80%EF%BC%B6%EF%BC%B3%E3%80%80%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%9C%80%E9%AB%98%E6%94%AF%E9%85%8D%E5%B1%A4



同上
http://perimari.gjpw.net/%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E/%E4%B8%96%E7%95%8C%E7%B4%85%E5%8D%8D%E4%BC%9A%EF%BC%9D%E8%96%94%E8%96%87%E5%8D%81%E5%AD%97%E5%9B%A3








7月18日追記
トルコの『クーデター』について。
『クーデター』は未遂に終わったが軍事衝突は本物である。
この軍事衝突によって一体何が阻止されたのかというと、
坂の上の満州族による『錬金術』(7月16日の予定だった)が阻止されたのである。

ロイターと毎日新聞(『錬金術的哲学』ロゴを掲げた坂の上の満州族御用達メデイア)によると
『平和評議会』を名乗る叛乱軍が全土掌握と戒厳令を公布したそうだが、
『平和評議会』のロゴは『錬金術』を『象徴化』した楯の中に、
翼を生やし心臓と子宮を持つEruが鎮座まします実に露骨な代物で、
坂の上の満州族の忠実なる下僕の大統領政府とは対立しようもない。

『平和評議会のリーダー』が捕獲され叛乱軍に投降指示を出した、ということになっているが、
この『平和評議会のリーダー』の男と、煙草を片手に挟んで指図している警官とは、
しかしどこをどう見ても同じ穴のムジナにしか見えない。普段から仲良しの。
しかも『平和評議会のリーダー』は軍の無線機ではなくスマホを使っている。
誰に向かってどのような投降を促しているのか保証の限りではない。
こんな場面を録画して世界配信している目的は奈辺にあるのだろうか。
『クーデター』のアリバイ工作の一環として行われたヤラセ以外に。

https://www.youtube.com/watch?v=_ZBjITixTbw
 

『平和評議会』のリーダーと警官ばかりではない。
大統領も首相も参謀総長代行もみんな同じ穴のムジナである。
そうしてみんなで口裏を合わせている。

『クーデター』の軍事衝突は本物であるがその主役は『平和評議会』ではない。
それは『錬金術』を阻止しようとしたフカシ・アカル参謀総長率いる正規軍であり
『錬金術』を阻止しようとして斃れた彼ら無名の兵士たちである。

坂の上の満州族の忠実なる下僕として『錬金術』に従事してきた大統領は、
『クーデター』は反逆行為、参加者は厳罰に処する、軍を浄化する、と宣言している。
これは『錬金術』を阻止しようとした兵士たちを『錬金術』する、という予告である。


車上右側の黒い覆面をしている兵士は『死の部隊』のメンバー(隣のオジサンは一般人)。
手前で11のサインを示している男性も『死の部隊』のメンバー。
http://mainichi.jp/articles/20160716/k00/00e/030/216000c
 


正規軍との戦闘で市民を殺傷したのは軍と市民の中に紛れ込んでいた『死の部隊』である。
市民に歓呼の声で送られているこの連中はその『死の部隊』のメンバー。
 

次々と正規軍の若い兵士たちを連行しては武装解除させたのも『死の部隊』である。
白地にチェック模様のシャツを着ている男性は『死の部隊』のメンバー。
http://jp.reuters.com/article/turkey-coup-military-head-idJPKCN0ZW0HC
 

戦車の上にいる全員が『死の部隊』のメンバー。






7月17日追記
http://news.livedoor.com/article/detail/11772438/
【AFP=時事】CNNトルコ(CNN-Turk)が報じたところによると、トルコ軍の一部が政権転覆を図ったことを受けてトルコ治安部隊は16日、首都アンカラ(Ankara)で作戦を行い、人質になっていたトルコ軍トップの参謀総長を救出した。

 フルシ・アカル(Hulusi Akar)参謀総長は首都の北西に位置するアキンジ(Akinci)空軍基地で救出されたという。アカル参謀総長は15日夜、クーデターの試みの初期段階に人質に取られたと報じられていた。
【翻訳編集】AFPBB News    



太字は引用者による。


太字部分の本読み。


「トルコ軍の一部が政府転覆を図った」=事実無根


「トルコ治安部隊」=坂の上の満州族直轄死の部隊


人質になっていたトルコ軍トップの参謀総長を救出した
=謀略を阻止しようとしたトルコ軍トップの参謀総長を捕獲した。


アカル参謀総長は15日夜、クーデターの試みの初期段階に人質に取られたと報じられていた。
=アカル参謀総長は15日夜、謀略の試みの初期段階を阻止しようと試みて死の部隊に捕獲され非常に危険な状態に置かれている。



軍のトップであるフカシ・アカル参謀総長が救出されたというのになぜ声明を出さないのか。
フカシ・アカル参謀総長は坂の上の満州族の忠実なる下僕エルドアン大統領とは敵対関係にあり
エルドアン大統領の忠実な下僕アフメド・ダウトオール首相とも敵対関係にあるからである。
(敵対する両者の間に立つ若い兵士はフカシ・アカル参謀総長を信頼している)
 トルコの首都アンカラのアタテュルク廟で行われたアシス・サンニャール教授のノーベル化学賞授賞祝賀式典後、写真撮影に臨む(右から)トルコ軍トップのフルシ・アカル参謀総長、兵士、レジェプ・タイップ・エルドアン大統領、アフメト・ダウトオール首相(当時)。トルコ大統領府報道局提供。(2016年5月19日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News







7月16日夜追記

坂の上の満州族御用達チャンネルのプロパガンダ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160716/k10010598601000.html


『政府転覆のクーデター』は確かに『正規軍対不正規軍』の内紛であろう。
しかしトルコはいまだに64の世界にあり真の正規軍と非正規軍は顛倒している。
フルシ・アカル参謀総長率いるトルコ軍が正規軍なのであるが、
大統領、参謀総長代行、叛乱軍リーダー格を演じる男によって非正規軍呼ばわりされている。

このウソつき三人組の虚言をソースにして捏造されたニュースが世界配信され、
(クーデターを非難する首相の声明もまた捏造である)
坂の上の満州族の私物国家のポチチャンネルも早速このガセネタを報道している。

64と同じく市民や兵士を殺傷したのは非正規軍の中核にいる死の部隊である。
フルシ・アカルは今非常に危険な状態にある。



7月16日追記

トルコの『クーデター』について。


まずトルコを『錬金術的哲学』側面から掘り下げてみましょう。


トルコはイルミナチオの聖地でありナズグルの本拠地の一つである。


拙稿ナズグル
http://perimari.gjpw.net/%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E/20160327_698


トルコ国旗
白い月と赤い太陽の『合一』によって『賢者の子』が生まれることを『象徴化』している。
45度傾いて東北を向いている星は『賢者の子』としての絶対神Eruである。







トルコ国章
赤い太陽と白い月が『合一』して『賢者の子』が生まれることを『象徴化』している。
国旗と較べて赤い太陽が白い月よりも大きくEruも赤い。
『錬金術』が白化から赤化へと進んでいることを『象徴化』している。









トルコ大統領 レジェップ・タイイップ・エルドアン
満州人の混血。『変容』した悲しみの目で金を見ている。






トルコ首相 アフメド・ダウトオール
スペイン系の混血。『変容』した悲しみの目で人を見ている。人の肉体を見ている変態。





参謀総長フルシ・アカル アラブ系。
知性と教養と愛情を持ち『変容』した悲しみの目で兵士と人を見ている。





エルドアン大統領とフルシ・アカル  フルシ・アカルの方が序列が高い。
 



右 ネジュデット・オネルはアラブ系。『変容』した悲しみの目で金を見ているウソつき。
フルシ・アカルの方がネジュデット・オネルよりも序列が高い。お互いに嫌悪感を持っている。
 



トルコ軍 参謀本部の徽章は『錬金術』を促進する3つの指輪の『象徴化』である。
左から水の指輪(序列3)、火の指輪(序列1)、風の指輪(序列2)
 






トルコ・ピース・カウンシルのロゴ
楯は五弁の薔薇すなわち『錬金術』の『象徴化』。
『666』の『象徴化』としてロゴに多用されている。
白と赤は『錬金術』の白化と赤化の『象徴化』。
赤化した部分に羽を持つ星が誕生する。
これはEruの『象徴化』。
心臓(ヘルメット)と子宮(錨)を持っている。
交差する二本の剣はバフォメットの『象徴化』。
植物はアルカナの『象徴化』。
 






AFP BB NEWS
http://www.afpbb.com/articles/-/3094204
AFP=1616=薔薇十字団の『象徴化』
BB=22=東西支配層の『象徴化』




結論
坂の上の満州族が7月16日にトルコ軍を使って、
何らかの『錬金術』をやらかそうとしたが、
フルシ・アカルがそれを阻止したため、
『政府転覆のクーデター』を企てたということにされた。
しかし本当に「失敗」したのかどうかは分からない。
この『クーデター』は本物である。






7月9日追記
前稿『アンドレアス・テイール作品群』
膨大な量なので随時加筆修正して参ります。
本日の追記を確認されてください。





7月6日追記
※ジュノー探査機
結論
ジュノー探査機は木星に到達していない。
アポロ11号月面着陸と同じくNASAが捏造したガセネタである。

坂の上の満州族の創作神話に於いてはジュノーは月の『象徴化』とされ、
またクリシュナはそれに対応する太陽の『象徴化』とされている。

なるほど花郁悠紀子作画『カルキの来る日』(アンドレアス・テイール原作)に於いても
ジュノーに対応するのはクリシュナである。

佐藤史生作画『マージナル』(アンドレアス・テイール原作)に於いても
NASA及びテキサス(ヒューストン)は坂の上の満州族の重要拠点となっている。

つまりNASAによるジュノー探査機のミッションが4日に達成されたというのは
三度の八百長世界戦争により彼らの千年王国が樹立するシナリオの『象徴化』であると同時に
(マリア・プロフェテイサの公理『3から4への移行』の『象徴化』)
ジュノーとクリシュナの『合一』により『賢者の子』が生まれる『象徴化』なのである。
(『賢者の子』核ミサイルによって第三次八百長大戦が始動するシナリオの『象徴化』)








※Yは『錬金術的哲学』に於けるキーナンバー3を『象徴化』している。
『錬金術』を促進する三つの指輪(水、風、火)の『象徴化』でもある。
以下はジュノー探査機と同類項である。
パリのユネスコ本部
メルセデス・ベンツのロゴ
三菱のロゴ
新宿住友ビルの屋上.



因みに
※木星は中国の『象徴化』
※火星はモンゴルの『象徴化』


ついでに
※『666』のご本尊様を構成する団子3兄弟の内訳
序列3 長男 ジュノー
序列1 次男 孔雀明王
序列2 三男 ペルセポネー






以下従前の記事



※坂の上の満州族の私物国家日本の都知事選の帰趨



坂の上の満州族御用達メデイア

文春の表紙イラストを描く団子三兄弟の内訳
序列3 長男 和田誠 イラストを描かない
序列1 次男 『錬金術的哲学』を霊感で描く天才
序列2 三男 それ以外のイラストを担当する


7月7日号の表紙は1977年第三次世界大戦のシナリオに因んでいる。
ハープはオルペウス教の『象徴化』。
ハープの色は坂の上の満州族の『象徴化』。
ハープの形は逆さまになって蝙蝠を『象徴化』している。
蝙蝠の下方には子宮が描かれている。
坂の上の満州族に仕える蝙蝠は女性である。
10個の星は都知事選の候補者たちの『象徴化』。
点線で繋がっている6つ星は結託している候補者たちの『象徴化』。
候補者の顔ぶれから予測すると6つの星の最上部が小池百合子。次の星が蓮舫。以下省略。 
6つの星はヴァラアルの鎌(ヴァラキアカ)を形成している。
ヴァラアルはアイヌアすなわち坂の上の満州族のこと。
ヴァラアルの鎌は核兵器おそらくは核爆弾の『象徴化』。
6つの星が核爆弾による八百長戦争の狂言回しを務める。
外側の宇宙は日本の『象徴化』。薄い小さな星々はヤプーである。


当確 小池百合子 満州族の王族 悲しみの目で金を見ている 統合失調軽度



当て馬 蓮舫 満州族の貴族 悲しみの目で金を見ている 統合失調軽度





※草なぎ剛=舛添要一=堀北真希
いずれも『666』に属する満州人で序列はかなり高い。
アルカナの途絶による統合失調の昂進が原因で引退を余儀なくされている。
それぞれの理由付の演出を担当しているのが例のゲス無双文春である。



※阿修羅掲示板
統一協会(満州族のカルト)がヤプーの情報操作の一環として運営する巨大掲示板の一つ。


巨大掲示板を構成する団子三兄弟の内訳
序列3 長男 学問道場
序列1 次男 阿修羅掲示板(バフォメットの『象徴化』)
序列2 三男 ホル韓(チベット貴族の『象徴化』)


阿修羅掲示板の管理人を構成する団子3兄弟の次男は六城雅敦。
彼は満州族の王族で朝鮮人の王族の阿川佐和子よりも序列が高い。
しかし私情を優先して逸脱行為がエスカレートしたため管理人を降格されている。
阿修羅掲示板が象徴として掲げている阿修羅像はゾロアスター教の最高神のアバターである。
云わずもがなであるが阿修羅像は坂の上の満州族の受注によって創作された『国宝』である。


アスラ・マズダーすなわち光の最高神を『象徴化』したロゴ




マツダRX=レックス・トレメンデ(恐るべき御稜威の王)の『象徴化』
https://www.youtube.com/watch?v=0hUmWctPPu0



※M
アスラ・マズダーのM。
世界中に林立するマクドナルドでお馴染みのM。
バフォメットの『象徴化』。
数字にすると13。
『錬金術的哲学』に於いては完全に調和のとれた数字が12とされ
13はその次に来る数字なので破壊の『象徴化』とされている。
ちなみに13の次に来る14は幸運の数字とされている。
実例としてはゾチ・ウルスの14人の世嗣が挙げられる。



ゾロアスター教の地獄絵図は『666』の『変容』の儀式の『元型』である





※文春=CNN=新唐人
坂の上の満州族が直轄する米軍第四軍特殊心理戦フロント組織として機能している。



2016年6月23日(ブータンに於いて白の会議が開催された翌日)発売の文春

例によって『錬金術的哲学』を霊感で描く天才によるイラスト




今回の呪術のお題もやはりフェニックス・プログラムである。
明るい茶色のバックはフェニックス・プログラムの『象徴化』。
白い円は冥府としての月の『象徴化』。
パレットは中国大陸の『象徴化』。
丸い穴は北京の『象徴化』。
青いラインは尖閣諸島の『象徴化』。
中国と日本の閣僚が一致協力して八百長戦争を起こすシナリオである。


パレットに置かれた七つの絵具はChina7の『象徴化』。
序列4 左端の茶色い絵具は人民軍の実質トップ。
序列2 左から二番目の茶色い絵の具は習金平。
序列1 左から三番目の茶色い絵の具は李克強。
序列5 左から四番目の青い絵の具が最重要人物。
序列3 左から五番目の茶色い絵の具は分からない。
序列6 左から六番目の青い絵の具は分からない。
序列7 左から七番目の青い絵の具が重要人物。


緑のアスパラは日本の閣僚の『象徴化』。
序列4 左端のアスパラは管直人義偉
序列2 左から二番目のアスパラは中谷元。
序列1 左から三番目のアスパラは石破茂。
序列3 左から四番目のアスパラは麻生太郎。
序列5 左から五番目のアスパラは分からない。


左端の茶色い絵具は人民軍の実質トップなので日本の閣僚とは対応していない。
茶色は失脚あるいは暗殺を『象徴化』している。
習金平と中谷元が対応し李克強と石場茂が対応している。
石破茂の方が李克強よりも序列が上である。
五本のアスパラが生えている茶色の地面は安倍晋三の『象徴化』である。
茶色は失脚あるいは暗殺を『象徴化』している。





※フジサンケイグループ
坂の上の満州族が直轄するメデイア・コングロマリット。
そのロゴは『錬金術的哲学』の露骨な『象徴化』である。


 


白い丸は冥府としての月(イシス)の『象徴化』。
赤い丸は太陽の『象徴化』。
太陽と月の『合一』によって『賢者の子』が生まれる。
『賢者の子』すなわち核ミサイルの着弾の『象徴化』である。
目を縁取る三本の睫毛は『錬金術』を促進する三つの指輪の『象徴化』。
この場合の『錬金術』とは八百長第三次世界大戦のことである。


一線超えた中国軍機 尖閣、東シナ海上空の緊張高まる ネットで発表の元空将、改めて警鐘 政府関係者は「前例のない接近だった」と吐露 
http://www.sankei.com/politics/news/160630/plt1606300020-n1.html



※三つの指輪
『伝説の女錬金術師』マリアが所有する水の指輪
ブータン国王(団子三兄弟の次男)が所有する風の指輪
平和の神様(初代は朴甲東)が所有する火の指輪


※微細構造定数137との対応
1はすべてを捉えすべてを総べるサウロンの指輪の『象徴化』。
3は水、風、火の3つの指輪の『象徴化』。
7はドワーフに与えられた7つの指輪の『象徴化』。


※その鏡像としての731部隊
『生体実験』はの主たる目的は『変容』の儀式の完成にある。
従軍慰安婦問題の紛糾は東アジア敵対外交のシナリオを促進するばかりではない。
その核心は殺人儀式に供された子どもたちの誘拐の糊塗にある。




※611の当日に公開された映画『64』後編の本読み
前篇とは打って変って勧善懲悪のエンターテイメントに仕上がっている。
佐藤浩市は何とか踏ん張っているが綾野剛と瑛太の演技は見る影もない。
目前の人声よりも大きな幻聴を常に聞いている状態で演技をしていると思われる。

『20世紀少年』と同じく『64』もまた顛倒した世界を描いている。
前者のヒーローたるケンヂは神を抹殺したユダの『象徴化』であり、
彼のテーマソングのスーダララーという歌はSの子音を取ればユダの讃歌なのである。
一方、後者の被害者の少女は『賢者の子』すなわち核ミサイルの『象徴化』である。

父親の雨宮は死の部隊の『象徴化』で毎日お仕事をしては標的の名前を消している。
その同僚が主人公の三上刑事で行方不明になった彼の娘もまた『賢者の子』である。
誘拐犯の目崎正人は核ミサイルの発射を阻止した人で文字通り正しい人なのであるが、
しかしすべてが顛倒した64の世界では極悪犯として三上にボコボコにされている。
核ミサイル発射を阻止した目崎の顔を三上が何度も漬けた河は呪術の『象徴化』である。
そうして平成15年1月15日のどんどん焼きで雨宮と三上夫婦が事件の祝着を寿ぐのである。

どんどん焼きは『錬金術』即ち八百長戦争の『象徴化』。
その真っ最中に三上の留守宅に公衆電話がかかる。
行方不明だった『賢者の子』が帰ってきたのである。



コメント

コメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新記事

(08/06)
(07/07)
(07/07)
(06/01)
(05/11)
(05/03)
(04/02)
(03/01)
(02/19)
(02/01)

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]