Home > 未選択 > ミラクルウオーカー

ミラクルウオーカー

当ブログ記事の無断転載は堅くお断りします。




うつについてちょっと書いておきます。
うつの原因はさまざまでしょうが、
自力ではなかなか改善が難しいといわれています。
なので抗うつ剤を飲めばかなり緩和される。
そういう幻想がはびこっています。
しかし抗うつ剤はよろしくありません。
抗うつ剤は極力飲まないでほしい。
いずれヤク中と同じ症状が出てきます。
薬ではなく食事で改善を図ってみてください。
なぜなら本当の脳は頭部ではなく、
消化器の十二指腸の辺りにあるからです。
脳死の判定が出ても実際には死んでいません。
脳死の判定が出ても一日は生きています。
通夜があるのは先人の優れた知恵なのです。


では以下に改善のためのアドバイスを書きます。
まず肉は食べないことです。これには絶対がつきます。
肉をやめるだけでうつはかなり改善されると思います。
出来れば魚も控えて肝臓を休めてください。
豆腐や納豆などの植物タンパクにしてください。
そして外食をしない。これにも絶対がつきます。
工業塩、精白した穀類、化学調味料はNGです。
就中工業塩は劇薬だと思っていいです。
その害悪は精製した砂糖の比ではアリマセン。
アミノ酸が入ったスナックやおせんべいもガマンです。
それらの誘惑にはもう鉄の意志で立ち向かうしかアリマセン。
しばらく化学調味料を体に取り入れないでいると、
取り入れた時のダメージのほどが分かってくるようになります。
そうするとしめたもので自然とガマンできるようになります。
もちろん味噌や醤油も天然塩を使ったものにしてください。
で、人参を食べてください。
何を食べてもうまいくらいに腹を空かせてから、
50度の温度で洗った人参を丸かじりしてください。
人参には愛がギュッと詰まっています。
人参は愛の天才なのです。


うつの根底には強い怒りがあります。
その怒りを愛で浄化してくれます。
人参の愛の平等にして無辺なること、
神の遠く及ぶところではありません。
もちろん料理などはしなくてよろしい。
そもそも料理などはしないに如くはない。
美食は厚化粧のオカマのようなものです。
せいぜいがボラれて終わりです。
野生動物を見てください。
野生動物は料理などしません
野生動物には愛も知性も全部ありますが
歯槽膿漏も虫歯も生活習慣病もありません。
たぶん精神疾患もない。
寝たきりも痴呆老人もない。
ピンピンコロリです。
これに異を唱えるような家族がいればガン無視すべし。
どうしても家族が食べたいものがあれば家族が作ればいい。
とにかくあなたが鬱を治すことが先決なのですから。
以上ほんの参考までに。




では本題に入りましょう。




定義 ミラクルウオーカー
中央アジアに発祥した拝蛇教徒の精鋭集団を指す。
人肉食を伴う家畜祭祀呪術集団おおよそ2万人のうち、
東西に向かって火のような侵掠を開始した1万2千人。
日本では12様と呼び慣わされている。
12様こそはオリンポス12神の元型である。


12様の頂点に君臨する加賀前田家の大豪邸(大正期)

小田部雄次『華族』中公新書


12様の頭目は加賀前田家である。
12様の指先一本でユダ金の資産などは軽く吹っ飛ぶ。
『世界皇帝』ロックフェラー財閥は砂上の楼閣に過ぎない。
12様の波が来れば崩れるそれは文字通り砂の城である。


前掲書によると加賀百万石と言われた江戸時代、
加賀前田家の上屋敷は本郷にあった。
東京大学の赤門は加賀前田家の御守殿門なのである。
昭和に入ると本郷の土地を東京駒場の農大農事試験場と交換、
敷地1万3千坪に建坪5百という大邸宅を新たに建てた。
使用人は136名、そのうち奥の用を務める召使いが60名、
女中20名が炊事、選択、掃除などの仕事を分担し、
すでに大正時代から高級車を数台輸入していたので、
車を磨くためだけの使用人も抱えていた。
この加賀前田家に次ぐのが蜂須賀家、島津家、鍋島家である。


何せ12様は拝蛇教徒であるからして、
自らをも12柱の大蛇に喩えている。
加賀前田家はアカガカチという大蛇である。
漢字では赤加賀智と書く。
加賀は蛇を、智は蛇の霊力を表わす。


吉野裕子『蛇』を実際に書いたゲルマンの哲学の天才によると、
アカカガチは八岐大蛇の目の様子を表わしているという。
アカカガチは猿田彦の目の様子をも表わしているという。
アカカガチはホウヅキと同意であるという。
ホウヅキはハハツキから転訛したもので、
ホウヅキの原型は羽羽ツキ(羽羽は大蛇の意)であるという。
その赤い三角形の実莢が蛇の頭部と見做されるという。
しかしこの赤い実莢もまた蛇の頭部ではなく蛇の目であろう。
浅草のホウヅキ市も赤加賀智市と言い換えても可なり。
赤加賀智市が開かれる7月9日は金の原子番号79に因んでいる。
7月9日に浅草寺(戦争寺)にお詣りすると4万6千日の功徳があるという。
これは何回も書いていることであるが46は鬼を象徴化する数字である。
7月9日すなわち金族(真正ユダヤ)に因む日に参拝すると鬼の功徳が千倍になる。
だからホウヅキも酸漿という字から鬼灯という字を当てるようになっている。
鬼灯すなわち赤加賀智の目はイルミナチオの光源なのである。


 しかも、この世界の中心に、じっと息をひそめて坐りつづけているものは、可憐な野の一粒のホウヅキである。神話作者、あるいは記述者たちは、光り輝く大蛇の目をホウヅキに見た立てたが、このホウヅキは、日本の原始風土を照らし出す光源でもある。(前掲書『蛇』)


吉野裕子『山の神』を実際に書いたゲルマンの哲学の天才によれば、
神の古語はカム、蛇の古語はカ、身の古語はム、神とは蛇身を指す。
拝蛇教徒にとって蛇とは祖霊であり守護神なのである。
この世に生まれることは蛇から人への変身を、
死ぬことは人から蛇への変身を意味している。
そもそも神とは拝蛇教徒が勝手に作り上げたハリボテ、
まさに『サイガサマのウイッカーマン』だったのである。
それが徐々にエロさとグロさを増して今日の姿になった。


 日本人(引用者注 真正ユダヤを指す)は抽象的な思惟を苦手とし、物ごとを目に見える形にして理解することを好むが、この傾向がさらに進むと目に見える信仰の対象、蛇のような場合にも、蛇そのものとは別に、蛇を連想させるようなものを新しく作り出し、あるいは自然、あるいは人工のものの中から選び出して、呪物としてそれを信仰するような方向に展開していく。換言すれば、蛇そのものよりも、蛇を象徴するような物実(ものざね)を呪物として身辺に常時おこうとする欲求へと発展する。そうして、その物実は呪物であるが故に、実物よりも時には一層強力に作用するものと信じられたのである。(前掲書『蛇』)


拝蛇教徒の呪物の筆頭格は何といっても高層ビルである。
富山の111タワー、アパの両国タワー、タワーマンションの林立は、
拝蛇教の頂点に君臨するミシャグチ(石神)の呪物である。
ところでミシャグチ(石神)とは何ものか。
諏訪大社(加賀前田家のマイ神社)のご神体である。
しかも従来は洩矢の神が奉斎していた土着の神を、
ミラクルウオーカーが崇める蛇神にすり替えたものである。
ミシャグチは樹を伝って下って石棒につく精霊である。
つまり石の棒をご神体とする蛇である。
このミシャグチが聖書の蛇の役割を果たしていることは想像に難くない。
ミシャグチのミは尊称、シャグチはシャクジすなわち石神である。
と同時にミシャグチのシャクは赤、チは蛇を表わしているという。
つまりミシャグチとは石神でありそれは赤い蛇だという。
しかし石神とは赤い蛇ではなく赤い口だと考える方がより妥当である。
石神=赤い口をした白いマムシである。
なぜならアステカのククルカンはミシャグチの呪物として捏造されたものであるが、
人間を丸呑みしている姿は明らかに拝蛇教徒の神ペルセポネーの特徴を捉えているからである。
口角を切開して蛇口となった石原さとみがハンジ・ゾエを演じているのも同じ理由からである。
『進撃の巨人』のハンジ・ゾエとはミシャグチすなわち明の王(不動明王)の化身なのである。
石神国子とは生けるミシャグチ、国生みをした石神の呪物、現人神の代名詞といっていい。


ペルセポネーの呪物としてのククルカン

 前掲書『蛇』


 

定義 言葉
言葉とはミラクルウオーカーが創造した光である。
言葉は拝蛇教徒の神とともにあった。
言葉は光であった。光とは蛇であった。




ハルの詩『帰途』

言葉なんか覚えるんじゃなかった
言葉のない世界
言葉が意味にならない世界に生きてたら
どんなによかったか


あなたが美しい言葉に復讐されても
そいつは ぼくと無関係だ
きみが静かな意味に血を流したところで
そいつも無関係だ


あなたのやさしい眼のなかにある涙
きみの沈黙の舌からおちてくる痛苦
ぼくたちの世界にもし言葉がなかったら
ぼくはただそれを眺めて立ち去るだろう


あなたの涙に 果実の核ほどの意味があるか
きみの一滴の血に この世界の夕暮れの
ふるえるような夕焼けのひびきがあるか


言葉なんかおぼえるんじゃなかった
日本語とほんのすこしの外国語をおぼえたおかげで
ぼくはあなたの涙のなかに立ちどまる
ぼくはきみの血のなかにたったひとりで帰ってくる




そしてハル原作『1984年』
⇒アンドレアス原作『1Q84』
⇒カール&哲学の天才原作『キュー』に結実する。


上田岳弘のすべての本の原作はカールと哲学の天才が書いている。
それを上田岳弘を構成する団子三兄弟の次男が完成させている。
作者に擬されている上田岳弘は一行も書いていない。一行でも書いたらブチ壊しになる。
上田岳弘 改造方ユダヤ 柳鍋 身も心も女性 怠惰で粗暴で低能 金を見ている似非作家



裸本
                                               表が仁の左目        裏が令の右目


帯の謳い文句 
 高橋一生 ヤプー改造型ユダヤ 柳鍋 身も心も女性 変質者 


以下本文より抜粋(哲学の天才が日本語で書いている)


「僕について言うなら、あの人から与えられているペテンの叡智の中には、コールドリーデイングなんかの会話技術や詐欺の手口といっしょに、小説の構想を組み立てたり、読み解いたりするのに役立つ知識も含まれている。言葉は記号に過ぎないが、並べ替えられた記号によって、読む者の内にイメージが作り上げられる。影響力のある小説が生み出され、それが人類全体に作用する場合もある。それもまたペテンの一種だ。(中略)客観的事実として証明されていないものでも、いやもっと言えば完全なる嘘を素材にしてでも、言語のもつ説得力を最大限に引き出して、言葉の群れが指し示す先に真実を見出させんとする。読む者が本当だと思ったことが、彼にとっても真実になる。それが事実に即している場合もあるし、そうでない場合もあるだろう。そんなことはペテン師にとって最も関係のないことだ。」


引用者注
言語を使ったペテンの最も顕著な実例としては、
旧約聖書&新約聖書を挙げることができる。
このような不遜な言動には激怒する向きもあろう。
未だにペテンに騙されているのだから当然といえば当然である。
しかしキリスト教を創作したのはゲルマンの哲学の天才である。
ユダヤ教、イスラム教、仏教、易経、道教も彼らが創作している。
それらの根本となる言語さえゲルマンの哲学の天才による創造である。
その後継者たる哲学の天才がペテンの叡智を解き明しているのだ。




これはペテンではない。










定義  黄雀行動(カマキリ、セミをうかがい、後ろに黄雀あり)

セミ=テーゼ      カマキリ=アンチテーゼ    黄雀=ジンテーゼすなわち統合者


黄連雀によるこのヘーゲル哲学の実践を黄雀行動という。
黄連雀すなわちミラクルウオーカーのことである。
黄連雀はカマキリに「異教徒を積極的に騙すことは善である」と日頃教えている。
黄連雀はカマキリに「異教徒から積極的に奪うことは善である」と信じ込ませている。
黄連雀はカマキリに「異教徒をポアすることは救済である」と洗脳している。
黄連雀はカマキリをこのように唆した後に漁夫の利を得る。


カマキリすなわち改造方ユダヤのことである。
カマキリは主観的には異教徒を騙していると思っている。
カマキリは飽くまで自分が騙している側であって、
カマキリはよもや自分が騙されている側とはゼンゼン思っていない。
カマキリは異教徒というのが自分を指しているとは夢にも思っていない。
なぜならカマキリは真正ユダヤ教が団子三兄弟で構成されていることを知らない。


真正ユダヤ教を構成する団子三兄弟の内訳
序列3 長男 キリスト教徒(異教徒)
序列1 次男 拝蛇教徒
序列2 三男 統一協会信徒(異教徒)


ハルによると黄連雀こと12様は1万2千人である。
世界人口総数75億人としてそのうち改造型ユダヤは1億2千万人。
(環太平洋全域、ユーラシア、北米、東西ポチ10カ国の1~2割が改造方ユダヤ)
改造方ユダヤ人に対する12様の人口比率は0.0001%である。

世界人口総数から眺めるとその比率は0・0000016%でしかない。


世界人間牧場が完成した暁には5%のユダヤが残り90%の原住民を支配して、
言うことを聞かない残りの5%を抹殺する・・・なーんちゃってこんなのはウソ八百なのだ。
実に黄雀行動とはミラクルウオーカーの行動原理を貫く非常哲学なのでR。
これはタルムードに於ける文底秘沈の中の文底秘沈といっていい。


911と311も黄連雀の事績である。
911と311は黄連雀の御業として引き起こされている。
これを象徴化しているのがアンドレアス作詞『はなみずき』である。
911の返礼として311が引き起こされる。
そのようにアンドレアスは予告している。


以下の3本の映画もまた、
911の返礼として311が引き起こされることを象徴化している。
いずれも黄連雀の御業を呪術的に象徴化するために製作されている。
1962年 ハル原作による『ミラクルウオーカー』
1979年 アンドレアスによるリメイク『ミラクルウオーカー』
2000年 アンドレアスによる再度のリメイク『ミラクルウオーカー』(最重要)




必要定義 アニー・サリバン
実在するアニ・サリバンは生え抜きの真正ユダヤの獰猛な真正オカマである。
物語に登場するアニー・サリバンはズバリ韓鶴子の象徴化である。
韓鶴子もまた生え抜きの真正ユダヤの凶悪な真正オカマである。
韓鶴子こそは拝蛇教徒の錬金術を司るバフォメットである。



必要定義 ヘレン・ケラー
実在するヘレン・ケラーには双子のチキとチータがいる。
チキとチータはかなり顔貌が違うので傍目にも判りやすい。
ともに生え抜きのユダヤの真正オカマであり健常者である。
物語に登場するヘレンはペルセポネーの象徴化である。


ヘレン・ケラーのチキ



ヘレン・ケラーのチキ
 


ヘレン・ケラーのチキ



ヘレン・ケラーのチキ

 

ヘレン・ケラーのチキ



ヘレン・ケラーのチキ

 




ヘレンケラーのチータ
 


ヘレンケラーのチータ
 


ヘレン・ケラーのチータ



ヘレン・ケラーのチータ



ヘレン・ケラーのチータ
 


ヘレン・ケラーのチータ



ヘレン・ケラーのチータ
  


(予定としてはここに911の返礼としての311の説明が入りますが)
先にクライマックスシーンに於ける重要な象徴化の説明をしておきます)




アンドレアス原作『ガラスの仮面―奇跡の人編』リローデッド









水がキーワードである。
このクライマックスシーンの後にアニー・サリバンすなわち韓鶴子は、
ヘレンすなわちペルセポネーから鍵を貰っている。


1962年のハル原作による映画『ミラクルウオーカー』では、 
ヘレンが母親ケイト(ペリカンの象意 具体的にはケネデイ大統領)に預けている鍵は2個。 
ヘレンはラストシーンでこの鍵を2個とも韓鶴子に渡している。
https://www.youtube.com/watch?v=v3sEHgKMV1w


1979年のアンドレアスによるリメイク映画『ミラクルウオーカー』では、
ヘレンが母親ケイト(ペリカンの象意 具体的にはカーター大統領)に預けている鍵は2個。
ヘレンはラストシーンでこの鍵を2個とも韓鶴子に渡している。
https://www.youtube.com/watch?v=4dLJxqd2s6E


最重要作品2000年のアンドレアスによるリメイク映画『ミラクルウオーカー』では、 
ヘレンが母親ケイト(ペリカンの象意 ジョージ・ブッシュ大統領)に預けている鍵は3個。 
ヘレンはラストシーンで3個の鍵のうち2個をジョージ・ブッシュ大統領に渡し、
残り1個の鍵を韓鶴子に渡している。
https://www.youtube.com/watch?v=roqwHQT1CIM


この鍵は化学兵器の象徴化である。

コメント

コメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]