Home > 未選択 > ジアレイ

ジアレイ

当ブログ記事の無断転載は堅くお断りします。




前稿は『万引きの民』に改題します。
ジェンダーについて加筆修正してありますので再読されてください。




ではこちらに改めて鹿角と鹿角巷の記事を書きます。




鹿角
鹿角はかづのと読みます。
鹿はキッコーマンの象徴化です。
鹿角はキッコーマンの死の部隊の得物の象徴化です。




鹿角巷
台湾発の鹿角巷はTHE ALLEYと書いてジアレイと読ませます。
台湾は令のマイ湾です。つまり令の宝島という意味です。
ジアレイはジアとレイの両方の意味を含ませています。
レイは令そのものです。
ジアは太陽と月と暁を生んだ女神の名前です。
ジアも令の別名です。


ジア・キャランジ 生え抜きユダヤの貴種 真正オカマ 身も心も男性 ヤク中 令の象徴化
https://www.youtube.com/watch?v=1ON7YHUmtqM

ジアの創作神話を演じるアンジェリーナ・ジョリーもまた生え抜きユダヤの真正オカマ
https://www.youtube.com/watch?v=48GT_f-3VrI


ジア・キャランジはヤク中が昂じて26歳で死んだことになっていますが、
中川安奈(49歳で子宮体ガンで死んだことになっている真正オカマ)と同じく、
実際に死んだかどうかは保証の限りではありません。
∵生え抜きユダヤ御用達のヤクはゲルマンの医療の天才が作った超高品質の覚醒剤です。
巷に出回っている一般的なヤクの諸々の弊害を基準にして推し量ることはできないのです。




キッコーマン&ユミルの民の利害関係
列島原住民の貴種キッコーマンと侵略者ユミルの民の立場は真逆の極致にあります。
しかし怖ろしいことに両者の利害関係と目的は当初より完全に一致しているのです。
その心はエルデイア人(改造型ユダヤ)及びヤプーの安楽死すなわち殲滅です。
(カール原作『進撃の巨人』120話~122話参照のこと)




エルデイア人の『最終問題解決』
エルデイア人とは厳密にいうとユダヤ人ではなく原住民です。
自らをユダヤ人だと思い込まされている原住民のことです。
第二次性徴が起る時期に生殖機能を破壊された上に、
選民の誇大妄想を吹き込まれた謂わば究極のバカルトです。
このエルデイア人の安楽死は生物兵器を用いて行われます。
エルデイア人家庭に潤沢に与えられていた手当の途絶や、
エルデイア人の子弟に与えられていた各種特権の剥奪によって、
避けることのできない生活苦がもたらす広義の餓死も使われるでしょう。
ナチスがユダヤ人の『最終問題解決』のために主として用いたのも餓死です。
(ガス室は見世物として作られたものなので使用頻度は最小限度に止まります)
所謂ユダヤ人なるものはユダヤ人というレッテルを貼られただけの民族なのです。
エルデイア人と違ってこの所謂ユダヤ人には男女の性の逆転さえ行われていません。
所謂ユダヤ人なるものを捏造し殲滅に追い込んだナチスこそが真正ユダヤなのです。




アンドレアス原作『プロメテウス』
冒頭ガンウイルスの経口接種によって劇症を発するシーン(瀑布は明王朝の象意)

https://www.youtube.com/watch?v=ZHpJr7_5Mjg


デーヴィッドの秘密の生物兵器庫



生物兵器の形状



飲み物にポチャン



ロックフェラーセンターのプロメテウス像(ミシャグチの象徴化)





ユミルの民の『安楽死』
一方ユミルの民の『安楽死』はこれとはゼンゼン別物です。
それは高品質のヤクによって引き起こされる脳死のことです。
666のゲルマンの医療の天才が考案した自殺方法なのです。
しかしながら『安楽死』とは実のところまったく安楽ではありません。
ゲルマンの天才は『安楽死』が多大な苦痛を伴うことを知らないのです。
確かに安楽に脳死はしますが十二指腸にある本当の脳は死んでいません。
その本当の脳は安楽に脳死したあとも確実に一日以上は苦しみ抜きます。
恐らくはそれは絞首刑よりも遙かに苦しい死に方です。



ユミルの民の人肉食
ユミルの民の『安楽死』は死後の安楽ともまったく無関係です。
ユミルの民はタクラマカン砂漠に於ける人肉食事始めより、
美食の追求の一環として2歳の白人の子供を常食していますから、
いまさら騙しの手口を使っていかに多くの者に人肉を喰らわせようとも、
自らは快楽として人肉を食べてきた因果応報の理から逃れることはできません。
たとえ人を騙して人肉を喰らわせることに成功しても自らの業罰による制圧は免れ得ない。
むしろ人を騙して人肉を食べさせることは人肉を常食することの万倍も堕地獄の所業です。
コメント

コメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]