Home > 未選択 > 『進撃の巨人』22巻本読み

『進撃の巨人』22巻本読み


『進撃の巨人』22巻 2017年4月7日第一刷発行

17=Q=清王朝の象意
但し清王朝は実在していない。
清王朝の実体は李王朝である。
つまり太平天国の乱も日清戦争も捏造である。

4月7日=47すなわち良(鬼)を討つ赤穂47士(仏)の象意
但し赤穂47士は実在していない。
忠臣蔵はゲルマンが創案したフィクションである。

47士は47都道府県すなわち日本の象意でもある。
つまり22巻はエルデイア帝国ではなくパラデイ島のために書かれている。

巻頭には次のような偽史の梗概が綴られている。


ウオール・マリア奪還を果たした調査兵団の”戦果”。
エレンの父グリシャ・イエーガーが遺した3冊の本。

それは、エルヴィンが己が心臓を捧げてでも
知りたかったこの”世界の真実”・・・・。


エルデイア帝国の勃興
今を遡ること1800年以上昔―
エルデイア人の始祖「ユミル・フリッツ」は
「大地の悪魔」と契約し、巨人の力を手に入れた。


本読み
エルデイア人のルーツは朝鮮半島ではない。
中央アジア平原である。

エルデイア人の聖地は白頭山ではない。
雲南地方にあるヤンマイヨンである。

エルデイア人の別称は多種多様ある。
ユダヤ人、匈奴、女真族、女直族、金族、徳川宗家、伊達氏、真田一族。

エルデイア人の王朝は基本三つである。
李氏朝鮮(実体は清王朝)、ロシア帝国(ハイブリッド種)、江戸幕府。

いずれもその歴史は400年以上を遡ることはない。

エルデイア人の始祖ユミル・フリッツはキリストの元型である。
統一協会こそは正真正銘キリスト教の元型なのである。

始祖ユミル・フリッツは大地の悪魔と契約して巨人の力を得た。
すなわち赤い口をした白いマムシを祀り上げて呪術の本尊とした。

呪術とは死霊の付着による復活を用いた洗脳支配のことである。
併せて家畜制度(去勢による性転換)による血統至上主義も確立した。

通過儀礼としてオルギアを伴う殺人儀式を執り行った。
これがゾロアスター教(過去に遡って捏造したカルト)の元型である。

人肉食を常習としていた。
主として2歳の白人の子どもを食べている。

これは今もなお現在進行形である。
人肉食ルートというのが確立されて久しい。

但し、ユミルの民の人肉食は飢餓ゆえではない。
あくまで人肉に対する嗜癖によるものである。

なのでやめることができない。
ユミルの民のこれが最大の恥辱である。

だから騙してでも人に人肉を食わせ、
人類普遍のことにしたいのである。



巨人の力でユミルは、荒れ地を耕し、道を作り、橋を架け、
街を豊かに氏、エルデイア人に富をもたらした


本読み
エルデイア人を率いるユミルの民は、
同族の去勢を楯に、嗜癖としての人肉食を矛に、
東西二手に分かれて凄まじい殺戮と侵略を開始した。

その象徴化として作られた番組がフジTVのホコタテである。
「ヤラセが激しい」との批判を受けているが原則に忠実だというべきである。

東方の大陸・半島・列島へ向かったユミルの民&エルデイア人は、
原住民を無惨に狩り、恣に食べ、性奴隷として使役し、農耕に従事させた。

道を作らせ、橋を架けさせ、豊かな自然と生態系を完膚なきまでに破壊した挙句、
入れ物だけがやたらリッパで中身カラッポといった類のエルデイア人専用の街を作らた。

この錬金術的哲学仕様で出来た都市国家の権力中枢を占拠したのがミルの民である。
以降、国家という概念、国旗という意匠、国歌といった幻想からなる神話世界を構築した。



エルデイア帝国を築いたユミルの力は、死後「九つの巨人」に分けられ、
帝国は古代の大国マーレを亡ぼし、大陸の支配者となった。


本読み
やがて半島に李王朝を築いたユミルの民はイエヘナラを名乗った。
8種族に分かれて9の死霊の名前を冠した死の部隊を擁していた。

死の部隊は幼少時より特殊養育を施したした子どもによって編成される。
死の部隊のトップは14歳の真正オカマである。
『中二病』とはこの14歳に捧げられたキャッチコピーである。

大陸・半島・列島を分割統治する陰の支配者となったイエヘナラは、
死の部隊の子どもたちに『統一戦線の自由の戦士』という幻想をすり込む。



そして、巨人になる力を持ったユミルの民、すなわちエルデイア人は、
以降およそ1700年刊にわたり他民族を弾圧・征服し、民族浄化を続けた。


本読み
家畜制度と人肉食を兵器として常用するようになっていたイエヘナラは、
以降およそ300~400年間にわたり正体を隠して他民族を弾圧・征服し、
生殖信仰の教義(乗っ取りを目的とした遺伝子交配)を実践していった。

例として『モンスター』の絵本に登場する東の怪物ヨハンを挙げる。
ヨハンは城主の病弱な息子につけ込んでついには本体を乗っ取っている。

これは江戸時代に頻繁に行われていた「入れ子」の象徴化である。
金ずくで、あるいは力ずくで、狙った家系の長男を廃嫡させる。

その後釜には縁もゆかりもない他人の子どもを据える。
そうやって血統をまるごと取っ替えるやり方を「入れ子」という。

つまり『王族』なるものの存在は『有史』上に記載されているが、
それがイエヘナラの捏造ではないという保証はどこにもないばかりか、
仮にあったとしても「入れ子」によって書き換えられているということだ。


巨人大戦、マーレによる国家転覆、そしてエルデイア人の離散
1700年の後、増長したエルデイア帝国はマーレによる内部工作を許し、
誘発された内戦の末、弱体化した。


本読み
エルデイア帝国(李王朝のこと 『有史』上では清王朝になっている)は、
自ら『太平天国の乱』を起こして『内戦』を誘発し王朝の『弱体化』を演出した。

一応『有史』では西太后が清王朝を崩壊に導いたことになっている。
あれは西太后という捏造キャラを演じているオカマの女優である。


そして「九つの巨人」の内の「七つ」までを手中に収めたマーレが、
100年ほど前の「巨人大戦」に勝利し、エルデイアを打倒した。


本読み
そして9つの死の部隊のうち7つまでを手中に収めた中国国民政府が、
100年ほど前の『辛亥革命』に『勝利』して李王朝を吸収した。
もとより国民政府首脳と李王朝は同じ穴のイエヘナラ、
西太后もイエヘナラ、孫文もイエヘナラ、蒋介石も宋家三姉妹もイエヘナラ、
孫文の右腕となった堀川辰吉郎もイエヘナラ、みんな同じ穴のイエヘナラである。


他の巨人すべてを支配し操ることができる「始祖の巨人」を
継承しながらも、戦うことを放棄した145代エルデイア王フリッツは、
一部の国民を引き連れて辺境の「パラデイ島」に逃れ、
築いた”三重の壁”の中に籠った。


本読み
145代エルデイア王フリッツとは具体的には伊達氏を指す。
伊達氏は「巨人大戦」に敗れて大陸から逃げてきたのではない。

伊達氏自らが望んでパラデイ島にやってきたのである。
伊達氏率いるエルデイア人は弥生人の元型である。

パラデイ島こそは拝蛇教徒の楽園であった。
そこにはアラハバキを拝む縄文人がいた。

アラハバキすなわち白い蛇である。
縄文人すなわちキッコーマン一族である。

拝蛇教徒同士で誼を通じた伊達氏とキッコーマンは、
東北から本所深川に拠点を移しパラデイ島制圧に着手する。

江戸時代は「鎖国」していた・・というのは大ウソである。

なるほど一般エルデイア人やヤプーは「鎖国」されていた。
一般エルデイア人はお江戸の御朱引線という名の檻の中で家畜としての安逸を貪っていた。
原住民たるヤプーはその外側に縛り付けられ奴隷以下の存在として使役されていた。
この構図の中でいわゆる江戸の花というヤツが絢爛と咲き誇ったのである。

伊達氏とキッコーマンには一切の縛りがなかった。
伊達氏とキッコーマンの本質は海賊なのだ。

海賊が鎖国してどうする。
鎖国していては商売にならない。

お江戸は海賊仕様の軍艦である。
お城と行徳は塩を運ぶために直結している。

これが本当の塩の道である。
お城とは総合商社なのだ。
そこにはコスプレ侍の一群がいた。

キッコーマンは近場で悪事に励んでいた。
伊達氏は西へ東へ出かけてはセッセと侵略していた。

海流に乗ってしばしばノバイスパニアに出張した。
ついでにイスパニアまで足を伸ばして色々やっていたのだ。

初代壁の王の『不戦の契り』など有名無実のお題目である。
大陸・半島・列島を転がす口実として唱えていたに過ぎない。

『不戦の契り』とは八百長内戦、八百長革命、八百長戦争の代名詞であり、
『平和』とは八百長戦争と八百長戦争の谷間に奏でられる間奏曲なのだから。



一方、大陸に踏みとどまり、取り残されたエルデイア人は、
収容区に隔離され、マーレの圧制下に置かれた。


本読み
やがて24巻で明らかにされるように、
マーレ政府はタイバー家の当主の統率下にあった。

マーレ政府は中国政府の象徴化である。
タイバー家は北朝鮮の将軍家の象徴化である。

だからもし仮にマーレ政府が半島の残留エルデイア人を収容所に隔離し、
苛烈な圧制下に置いていたとすればそれはマーレ政府独自の判断に依るものではない。
タイバー家当主の命令に従って弾圧したのである。

そのタイバー家が従って居るのが伊達氏である。
タイバー家は伊達氏の命令でミサイルを乱射している。

伊達氏が最強の死の部隊を率いてパラデイ島を支配しているように、
タイバー家もまた『戦鎚』と呼ばれる独自の死の部隊を擁していた(過去形)。

タイバー家の当主は伊達氏との連携をスムースにするため、
パラデイ島の死の部隊に入って訓練を受けることを義務付けられていた。
その時に用いられるコードネームがアルミンである。

半島に戻ってタイバー家の当主を継いだアルミンは次のように呟く。

「我々は・・・ただ見ていた
エルデイア人を檻に入れ
マーレに好き放題させるのを」

が、しかし、事実は違う。

ゲットーの壁(万里の長城の元型)を構築したのは、
マーレ政府ではなくタイバー家なのである。

タイバー家が立て籠もるために、
ゲットーを作って前面に城壁を構築したのだ。

万里の長城はタイバー家のための楯であった。
ユミルの民は壁が好きなのだ。

壁に向かって坐り続け大悟したという達磨は、
死の部隊の隠れ蓑としての禅の始祖である。



大陸の反体制地下組織「エルデイア復権派」は、マーレ政府内に潜む内通者
「フクロウ」の補佐のもと、秘密裏に勢力を拡大、壁の中に持ち去られた
「始祖の巨人」を”真の王家”の手に取り戻す計画を進めていた。


本読み
フクロウは光延東洋のコードネームである。
それはバフォメットの象徴化である。

光延東洋は伊達氏の柳鍋である。
その姓からも名前からもトンデモなく序列が高いのが分かる。

東洋という姓はイエヘナラそのもの、
コミンテルンそのものを表わしている。

ちなみに大学で一番序列が高いのは東洋大学である。
東洋大学は超重要なカルト教義を発信する拠点である。

その次に高いのが日本大学で、次に東京大学。
伊達氏は裏口顔パスで入る。高額な裏口金を積むのはモグリである。

光延東洋は日米戦争に至るシナリオに於けるキーパーソンの一人である。
山本五十六の監視者として貼り付く傍ら情報交換&収集に務めている。
加瀬俊一(御前会議の情報を一両日中に米国務省のトモダチに流していた)とも通じている。

米国務省もイエヘナラの巣窟なら、加瀬俊一もイエヘナラ、
米大統領に貼り付いて命令していた宋子文もイエヘナラ、
五十六以外はみんなイエヘナラのトモダチの輪で出来ていた。

『梟に朝が来た』という小説仕立てのプロパガンダによると、
光延東洋はイタリアで銃撃戦の末に死んだことになっている。

山本五十六のシンパを装って監視していた光延東洋が、
五十六の死を知って子どものように大粒の涙を流して泣いたことになっているのだから、
異国での客死も映画の筋書き上のことで本人はどこかで静かな余生を送ったことと思う。

『進撃の巨人』に登場するフクロウとはまるで別物である。



その中で、島に逃れることを拒んだ”真の王家”の末裔ダイナ・フリッツと、
グリシャ・イエーガーは結ばれ、息子ジークを授かった。

一方、マーレ政府も「始祖の巨人」奪還を企図し、大陸各地の
エルデイア人収容区から「マーレの戦士」を募った。


本読み
マーレ政府に「マーレの戦士」を募らせているのは、
エルデイア人収容区に優雅に暮らすタイバー家の当主である。



集められたのは、男女を問わず5歳から7歳のユミルの民。
その目的は、マーレ政府管理下にある「七つの巨人」の器に
値する者を選別することにあった。


本読み
前述したようにユミルの民の死の部隊の中核は子どもである。
彼ら彼女たちは5歳から7歳で選別され特殊養育を施される。

文革の中核にいたのも子どもの死の部隊である。
911&311の実行犯も子どもの死の部隊である。

死の部隊のトップは14歳の真正オカマである。
これは超超超重要事項としてインプットされたい。



「マーレの戦士」になるべく遣わされたジークは、
七つになった頃、両親をマーレ政府に密告。
捕らえられたエルデイア復権派は、全員「楽園」に送られた・・・・。


本読み
ジークが取った行動は賢者の子としての義務である。
賢者の子は7~8歳で捨て子もしくは孤児にならねばならない。



そして、大いなる悲劇の
時が訪れる・・・・。


本読み
大陸・半島・列島のエルデイア人同士を敵対させた挙句、
「死なばもろとも東アジア一掃八百長戦争」が企図される。

これが最終的に伊達氏が漁夫の利を得る方式である。
これが薔薇十字の中央に咲く赤いバラの象意である。

朝鮮半島原住民と日本列島原住民は壊滅である。
てかもともとカウントされてない。

事ここに至って伊達氏とキッコーマンの内戦状態に突入している。
統一戦線の自由の戦士の去就が両者の趨勢を決定することになる。

以下は自由の戦士に捧げたフクロウの遺言である。
(フクロウとは偽史を元に道を説くカルト教祖のコードネームだが
しかし後述するように教祖自らがこの教義を裏切っている)



「九つの巨人の力」を
継承した者は
13年で死ぬ

フクロウはそれを
「ユミルの呪い」
と言っていた

13年は始祖ユミルが
力に目覚めてから
死ぬまでの年月に
相当する時間だと

始祖ユミルを
超える力は
持てない

そのときが近付けば
体が衰え・・・器は
その役割を全うする

「九つの巨人」を宿す者が
力を継承することなく
死んだ場合・・・

巨人の力はそれ以降に
誕生するユミルの民の
赤子に突如として継承される

それはどれほど
距離が離れて
いようと関係なく

血縁の近親者に
関わるものでもない

あたかも
「ユミルの民」とは
皆一様に見えない
「何か」で繋がっていると
考えざるをえない

ある継承者は
「道」を見たと
言った

目には見えない
道だ

巨人を形成する
血や骨はその道を通り
送られてくる

時には記憶や
誰かの意思も
同じようにして
道を通ってくる

そしてその道はすべて
一つの座標で交わる

つまりそれが・・・

「始祖の巨人」だ

すべての巨人・・・
すべてのユミルの民は
その座標へと
繋がっている

空間を超越
した「道」でな

これはマーレ政府
巨人化学研究学会最新の
見解によるものだ

始祖ユミルは
「有機生物の起源」と
接触した少女・・・・

そう唱える
者もいる



以下は地下室に隠された3冊の本
「グリシャ・イエーガー氏の生涯」「巨人と知りうる歴史の全て」「壁外世界の情報」
に基づいてのハンジ・ゾエの発言である。



手記によれば我々は
「エルデイア」国の中でも
巨人になれる特殊な人種
「ユミルの民」

その「ユミルの民」は世界を
支配していた過去があり
再び支配する可能性がある

だから世界は
我々「ユミルの民」を
この世から根絶するのだと


本読み
ハンジは故意にエルデイア帝国とパラデイ島を主客転倒させている。
パラデイ島がエルデイア帝国のお株を奪うシナリオの先取りである。
ヒストリアには遠く及ばないがハンジの発言もまた欺瞞に満ち満ちている。


以下はフクロウの遺言の白眉である。
自分で選んだ道を行けと言っている。


古来よりエルデイアは
「無垢の巨人」を安価な
破壊兵器として利用した

「始祖の巨人」が操らない限り
複雑な命令はできないが
一度放てば恐れを知らない
自動殺戮兵器となる
 
現にこの島ではエルデイア人が
壁の外へ自由に出られないように
するための檻の役割を担っている
(引用者注 壁の王の命令でやっている)

そもそもマーレが大多数の
エルデイア人を収容区で
生かしているのは
(引用者注 タイバー家の命令でやっているのは)

生かしたエルデイア人の数だけ
「無垢の巨人」として軍事力の
頭数に加えられるからだ
(引用者注 タイバー家の収支決算ではそうなる)

マーレは現在
この議論を棚上げにしているが
(引用者注 タイバー家が棚上げにさせているが)

いずれ必ず
資源を求めて 
この島を取りに来る
(引用者注 タイバー家がマーレにそうさせる)

そしてこの島を開発する
ためには「無垢の巨人」を
排除しなくてはならない
(引用者注 使い捨てにしなくてはならない)

壁の王が持つ
「始祖の巨人」を
手に入れてな
(引用者注 壁の王と一致協力してな)

その後エルデイア人の
存亡を巡る議論は
再燃するだろう
(引用者注 これを『ユダヤ人問題』という)

軍事転用か
根絶やしか
どちらかだ
(引用者注 これを『ユダヤ人問題の最終的解決』という)

壁の王は
戦わない
(引用者注 と見せかけている)

壁の王は民を道連れにし
エルデイアの滅亡を望み
受け入れている
(引用者注 自分だけ生き残るためである)

臆した王から
「始祖の巨人」を
取り上げろ
(引用者注 欺瞞の王から統一戦線の戦士を解放しろ)

それが俺たちの
使命だ

(中略)

俺はここで初めて
同胞を蹴落とした日から

お前は妹を連れて
壁の外に出た火から

その行いが
報われる日まで
進み続けるんだ

死んでも

死んだ後も

これは

お前が始めた
物語だろ



コメント

コメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新記事

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]