Home > majick > ハイブリッドな人々

ハイブリッドな人々

家畜制度による人類の堕落について。


釈迦
昔は欲と飢えと老いという三つの病があっただけであった。
ところが諸々の家畜を祀りのために殺したので、九十八種の病が起った。
およそ苦しみが起きるのは、すべて食料を縁として起きる。
諸々の食料が消滅するならば、もはや苦しみの生ずることもない。
「苦しみは食料の縁から起る」と、この禍いを知って、
一切の食料を熟知して、一切の食料にたよらない。
食を取るには剃刀の刃の譬え(剃刀の上の蜜を舌でなめる譬え)のように用心せよ。


孔子   
耳と目から入る教育ほど役に立たないものは無い。
食事こそが本当に人を教育する。



太田龍
家畜制度の行き着く果ては人類の破滅である。



これと真逆のベクトルを持つのが『錬金術的哲学(イルミナチオ)』です。
すなわち人間を究極の家畜へと『変容』させる支配システム『666』です。




定義『錬金術的哲学』(イルミナチオ)

中国最高支配層とスペイン最高支配層が創始した支配システムの名称である。
その実体は真言密教と易経と道教の混淆に『錬金術』の仮面を被せた呪術である。
世界紅卍会の配下にある既存のカルトの母胎はこの呪術である。
大本 世界救世教 統一協会(勝共連合) 創価学会 立正佼成会 幸福の科学 生長の家etc.
これらすべては『第三次世界大戦』を経て『マーニー教』に統合される(予定である)。



定義 『バフォメット』
『バフォメット』=『錬金術的哲学』の最終産物『フェニックス』のアナロジー。
5%の人間が95%の人間を支配する『フェニックス・プログラム』のアレゴリーでもある。
その『元型』は家畜祭祀中央集権国家清王朝の漢民族に対する苛烈な施政にある。



定義 中国最高支配層(白系ロシアとラテン系を交配させたハイブリッド種の満州族)
清王朝の中枢に浸透して実権を掌握していた呪術集団の末裔11人である。
『象徴化』によって呪術が強化されるという強迫的観念に取り憑つかれているため
国連を構成する主要『先進国』に『錬金術的哲学』の意匠を象った建造物を乱立させている。
アレゴリーとしてのアニメ、映画、音楽の氾濫も近年ますますエスカレートする傾向にある。




実例 中国最高支配層原案『トーキョーゲーム』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0




実例 イスラム国の命名も『象徴化』の一つである。
ISIS=イシス=all seeing eye=月の『象徴化』
太陽(中国最高支配層のシンボライズ)と照応する『冥府としての月』のそれである。




定義 モサド=MI6=CIA

中国最高支配層がスペイン最高支配層を吸収して以来
イスラエルもイギリスもアメリカも中国最高支配層が直轄している。
∴モサドもMI6もCIAも中国最高支配層が動かしている。


ISISがテロを起こすと同時に雲霞の如く湧いて出てきた工作員
すなわちISISと諜報機関の協力関係および今後予想されるシナリオについて
至れり致せりで解説する有象無象のブロガーもその配下にある。


実例



非常にタチの悪いカルト工作員
(言っていることはほとんどブラフだが本人にはその自覚がない)
http://www.y-asakawa.com/Message2015-2/15-message179.htm
ISに対する憎しみは、宗教や人種間の対立を一段と増すことになりそうだ。
新約聖書「マタイによる福音書」には、世の終わりの前に、民は民に、国は
国に敵対して立ち上がり、方々に飢餓や地震が起きると、記されている。
今回のテロは、世の中がそんな時代に一歩近づいたことを暗示しているようだ。

高い地位の猟師と低い地位の猟師との間に、狩り合いが始まるだろう。 高い地位にいる者たちは、 テロリズムを通して、獣のように狩られるであろう。 指導者たちも報復し、狩り合いが始まる。 やがてこの状況は力を増して広く行き渡り、世界中どこでも統制がきかなくなるだろう



これこそが中国最高支配層が漢民族に対してやってきたプログラムですよ。



プーチンの正体などとっくにバレバレであるにも拘わらず性懲りもなくネタに使っているゴミ
http://jp.ibtimes.com/articles/1613838



1906年の『ロシア革命』と1922年の『トルコ革命』以来、
両国は中国最高支配層に仕える同じ穴のトモダチ。その対立構図は演出以外の何ものでもない。
トルコは『錬金術的哲学』の『聖地』として黒い薔薇が栽培されている。
もとよりプーチンは政治哲学なんかない対立構図のキャラ専門として飼われているポチ。
何の実権も持っていない張り子の虎がマヌケなスキャンダルですっかり馬脚を晒している。
およそ実体からかけ離れたイメージ戦略とパフォーマンスから察するにたぶんMですね。
周恩来も分かりやすいタイプのMです。
(重大な犯罪である小児性愛と比べればMは遥かに嘉すべき変態です)


イスラエルは中共に対応する国家として1948年に建国されています。
つまりモサドは中国最高支配層直属の諜報組織としてMI6、CIAの上にいる。
その中核にいるのは満州人のハイブリッド種です。911と311を仕組んだのも彼らです。


11、101には遠く及ばずと雖も48はキーナンバーの一つです。
その『象徴化』の卑近な例としては『AKB48』や『2047』があります。


少女ユニット『AKB48』
十代の少女を性的対象とする児童ポルノの前駆形態として創られた商品である。
主要メンバーをアダルトビデオに出演させるのは当初より既定のシナリオである。


映画『2047』(プレ2048年の意である)
1648年 1748年 1848年 1948年に匹敵するような
何か大きな出来事が2048年に企図されていることを示唆する寓話である。
その前段階として『変容』した人間の相姦関係と記憶中枢の異状が描かれている。
満州族の大物ハイブリッド種が多数起用されている。




『2047』のワンシーン   『変容』した人間の諸形態の一つとしてのM
 




同上。   正統ハイブリッド種は眉骨の隆起と端正なEラインに特長がある
 






定理 似非言論形成の中心には満州族がいる




実例 佐藤優



ハイブリッド種の特長が突出し過ぎている顔貌
 




宮脇淳子と同じタイプの典型的な口舌の徒である
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=73504
https://www.youtube.com/watch?v=6O3sfowH_5k
https://www.youtube.com/watch?v=1ZnkNyxA0Ic



ハイブリッド種には京大や外務省に入る裏ルートが用意されている。
原案からプロパガンダを作成したり喋るネタを考えたりする知的作業は次男三男の担当である。




定義 『明治維新』
『王の殺害』により立憲政治の仮面を被った軍事傀儡国家を作り
主要6部門を満州族が占めるようにシステム化した『錬金術』を指す。




 CGユング『心理学と錬金術』人文書院



  CGユング『心理学と錬金術』人文書院






定義 伝説の公理『3から4への移行』
『王の心臓』から主要六部門が生まれ11組のユニット(団子三兄弟)が配置され
同時にそのユニットを統合する満州人が布陣される。即ち『3から4への移行』の公理である。
伝説の錬金術師マリア・プロフェテイサの公理は『明治維新』を『象徴化』した公理なのである。




定理 大陸・半島・列島の王族を殺害した実行犯の中核にいたのは満州族である。
孝明天皇・睦仁父子を弑逆したのは長州人だとされている。
閔妃を斬殺し高宗を毒殺したのは日本軍だとされている。
珍妃を虐殺したのは白人様で光緒帝を毒殺したのは西太后で
西太后は自殺だということになっているがすべて同一組織による犯罪である。




定理 傀儡国家の主要六部門は満州族のハイブリッド種が占有している
傀儡国家の軍事部門の実質トップはみんな満州人。
お互いツーカーの仲で八百長戦争をする。


実例 李鴻章、袁世凱、川上操六、児玉源太郎、陸奥宗光、秋山兄弟は同じ穴の満州人である。



中国最高支配層原案『坂の上の雲』の主人公



秋山真之(白系ロシアのDNAがなせる秀麗な容貌)



秋山好古(ほとんどドイツのカイザー)
 




応用定理 傀儡国家の伝統芸能・無形文化財もまたハイブリッド種の独壇場である
梨園の御曹司はほとんど全員満州人。江戸時代から満州人。



初代 市川猿翁 満州人



11代目 市川海老蔵 満州人



二代目 中村獅童 満州人
 


元嫁 竹内結子 満州美女
 



宝塚は満州美女の巣窟である(東京宝塚映画⇒東宝映画⇒東方の宝を意味する)


ハイブリッド種の大輪の華
https://www.youtube.com/watch?v=CfOVCMwe3C4



真田一族と満州人の接触はすでに18世紀から始まっているでしょう。
松平信綱によって始められた外様大名潰しや田沼意次の経済改革は
『フェニックス・プログラム』の一環として行われています。
つまりこの時期すでに徳川宗家は真田一族に換骨奪胎されている。
『明治維新』の萌芽は我々が思わされているよりもずっと前に存在していた。
そういうことを示唆していると思います。



コメント

コメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新記事

(08/06)
(07/07)
(07/07)
(06/01)
(05/11)
(05/03)
(04/02)
(03/01)
(02/19)
(02/01)

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]