Home > majick > 真の『満州国』日本

真の『満州国』日本


中国の人民元がIMFに承認されたということは
中共(漢民族)VS中国最高支配層(坂の上の満州族)の熾烈な対立構図に於いて
中共が有利に立ったことを意味しています。
(中国最高支配層の経済部門はドルで動かしている)



中国最高支配層の最強の暗殺者は5歳前後の子どもです。
関節を外してどんな狭い所からも侵入できるし
宅配便の段ボール箱の中に潜むこともできます。
くれぐれも注意してください。



では本題に入ります。




最終最大定義 真の『満州国』は日本である


中国東北地方の傀儡帝国はダミーである。



中国最高支配層(坂の上の満州人)によるプロパガンダです
(坂本龍一も満州人)
https://www.youtube.com/watch?v=IbyHSmIR9fA






最終定義 真田一族=坂の上の満州人


主家を転がしながら権力中枢へ浸透していったこの卑怯者一族は列島原住民ではない。


311の後から『創作神話』が堰を切ったように氾濫を始める。






https://www.youtube.com/watch?v=c8AnuUSgNN0
 




二人とも満州人です
https://www.youtube.com/watch?v=dwqOPmePg1c
 


大泉洋(北海道出身)は原田知世(角川三人娘)と一緒に
『マーニー教』のプロパガンダ『しあわせのパン』に主演している大物です。
https://www.youtube.com/watch?v=rzpEumJg4aQ





最終定義 
真田一族≒徳川宗家≒天皇家(昭和天皇以降は朝鮮人)



徳川宗家も天皇家も真田一族すなわち満州人によって換骨脱胎されている。
殊に徳川宗家が乗っ取られた時期はかなり早い。
少なくとも徳川吉宗の時代には御三家は満州人に乗っ取られている。






定義 落合莞爾=徳川宗家の獅子身中の虫として紀州文化振興会を率いる満州人

定義 落合莞爾=徳川宗家を換骨奪胎した真田一族に仕える満州人







最終定義 『明治維新』


坂の上の満州人の、坂の上の満州人による、坂の上の満州人のためのヤラセクーデターである。
彼らはとっくのとんまに列島の権力中枢を掌中に収めて苛烈な施政を行っていたが
思いっきし家畜祭祀中央絶対集権にすることを狙ってヤラセのクーデターを企図したのである。







定理 
『歴史認識』は坂の上の満州人によって捏造される





事例 水戸藩の一大事業として行われた『大日本史』の編纂


事例 『明治維新』のシナリオに使われた諸々のキャッチコピー
.『草莽崛起』『尊王攘夷』『大政奉還』『文明開化』『脱亜入欧』『富国強兵』etc.




『草莽崛起』する満州人=『明治維新』の『元型』





その『元型』を踏襲する卑近な実例が桜チャンネル―
すなわち満州人の、満州人による、満州人のためのウヨ番組である。




田母神俊雄以外は全員満州人 
https://www.youtube.com/watch?v=P4Inhj986AE



中国の『脅威』を吹聴する満州人



謹聴する満州人 メモを取る満州人 後ろにいるカメラマンも満州人







『田母神論文』を引っ提げて彗星のように登場した元航空幕僚長田母神俊雄。
田母神俊雄が書いた(ことになっている)一見新しい切り口のその『歴史認識』は
家畜人ヤプーに誇大妄想を吹き込んで戦争へと駆り立てたプロパガンダの焼き直しに過ぎない。




しかし田母神俊雄は腐っても家畜人ヤプーです。
確信犯の満州人たちとは最後のところでソリが合わなかったのでしょう。
何か揉めていたようですね。




くだらないのでザッと聞き流す程度にしてください
https://www.youtube.com/watch?v=wastF8lujKI
https://www.youtube.com/watch?v=OLo2E6qtgNM
https://www.youtube.com/watch?v=o_6LZvmgdKk



以下.『草莽崛起』を掲げて田母神俊雄をバッシングする満州人たち



満州人です




満州人です
 


満州人です





満州人です




満州人です
 


満州人です
 



満州人です
 



saya
往時の田母神を追慕して泣いて見せていますがウソ泣きです。
この人には愛情なんてありませんね。


佐波優子
予備自衛官としてモグリこんだこの女性もウソ泣きしてます。


そもそもこの連中は恥というものを知らない。
恥を知っていたらこんなことはやりません。
水島聡以外の全員が金を見ている目をしています。
水島聡の目はすでに虚空になっていて何を見ているか分からない。
口も曲がっているしストレスも限界に達しているのでしょう。
家畜人ヤプーのおのこは女の涙に助けてもらうことを潔しとしない。
そういう基本的心構えを弁えておくべきですね。




定理 傀儡国家6部門はすべて満州人によって占拠されている。



政界の卑近な実例
自由民主党 参議院議員 三原順子(満州人)



元女優の三原順子は子宮頸癌に罹患した自らの体験に基づき
予防ワクチンを中高生に接種することだけを目的に立候補したそうな
https://www.youtube.com/watch?v=Telbcu00Hnw


しかしアンジェリーナ・ジョリーの乳癌予防切除の手術と同じで
彼女が一体何の手術をしたのかはまったく保証の限りではない
https://www.youtube.com/watch?v=UVPFe1wwwDc



口先が達者で反省を知らない満州人
https://www.youtube.com/watch?v=b6hws1a6ndo



野党の満州人と与党の満州人の掛け合い
https://www.youtube.com/watch?v=rRYMye5ZYt8
https://www.youtube.com/watch?v=PH0KM1JgRBA



中谷元も蓮舫も満州人ですから安倍晋三(朝鮮人)より序列が上です。
石破茂(満州人)はこの二人よりもさらに序列が上です。
自衛隊(家畜人ヤプーは使い捨て要員)は中国最高支配層(満州人)直轄ですから
最高司令権は安倍総理にはありません。現場最高指揮権も満州人の手の内にあります。





政界のみならず新聞界・出版界・放送界も満州人がほぼ独占しています。


定理 各種メデイアの存在意義は中国最高支配層のシナリオを反映することにある



ミーハーな実例 


バフォメットに扮して『錬金術的哲学』を歌い上げている満州人
https://www.youtube.com/watch?v=D346tClTAaM


両性具有のメルクリウスを髣髴とする上杉謙信を演じる満州人
https://www.youtube.com/watch?v=7EVQu3b653I


脇を固めている大河ドラマの常連メンバーもまた満州人。


満州国の国歌を歌う満州人
https://www.youtube.com/watch?v=pgS_EBI2Q_U
https://www.youtube.com/watch?v=yOekRe4VrYQ




定義『日の丸』『君が代』
『日の丸』『君が代』は満州人の国旗であり国歌である。
日の丸は『錬金術的哲学』の『象徴化』そのものである。
列島原住民のおおきみは弑逆され根絶やしにされている。




平成天皇(朝鮮人)即位10年奉祝曲を演奏する満州人
https://www.youtube.com/watch?v=O3cje6_UQWU



ガクトと同じくヨシキも
両世具有のメルクリウスを『象徴化』する美形の満州人
(タモリも満州人)
https://www.youtube.com/watch?v=Y34HJ0abTuM




形象に名称を与えることによって人間は動かされる。  釈迦
        


釈迦―この不世出の哲学の天才の洞察を自家薬篭中のものとした坂の上の満州族は
『錬金術的哲学』の戦略としてオルペウス教を取り入れてフル活用しています。
そうして心を鷲掴みにするような詩歌管弦を次から次へと繰り出して来ます。
それらを作ったのは真に天才の名に値する天才たちです。
しかし家畜として使役されている彼らの名前が歓呼されることはありません。



鷲掴みの名曲 for ever love(X-JAPANは全員満州人 中井クンも満州人)
https://www.youtube.com/watch?v=iSEghLGiqLQ



ちなみに先だって遂に陥落した『独身女性最後の砦』も満州人
https://www.youtube.com/watch?v=6BUFywtR_Ys



ヴィジュアル系超大物アーテイスト   X-JAPANのロゴ
 




これはアルカナで華麗に縁取りされた『バフォメット』です。
『子宮』に該当する部分にX-JAPANとありますが
JAPANを『錬金術』して『3から4への移行』のオプスが完了する
そういうシナリオが見事に『象徴化』されています。




『錬金術』される地球の『象徴化』
 
鷲掴みしているニュアンスが良く出ています





ロード・オブ・リングの『象徴化』

『変容』の儀式を中央で執り行うロード・オブ・リングは
このようにアイオーンを模しています




こちらはガクトのロゴです
 


あまりに露骨すぎるバフォメットの『象徴化』
X-JAPANの凝った意匠と較べると芸がありません。




(続く)
コメント

コメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新記事

(04/02)
(03/01)
(02/19)
(02/01)
(01/26)
(01/01)
(12/22)
(12/01)
(11/23)
(11/18)

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]