Home > majick > 毛沢東の私生活

毛沢東の私生活



『毛沢東の私生活』には周恩来の特務政治と毛沢東の暗殺が文脈で語られています。



 

 









こちらは文庫





文春編集部がつけた下巻の帯は典型的なプロパガンダです。








『錬金術的哲学』を『象徴化』した文春文庫のロゴ

木(殊に聖なる樫)は『錬金術的哲学』の『象徴化』なのです。
木の枝が5本というのも実に『象徴的』です。








参照資料①

『辛亥革命』『54』『文革』を演出した謀略都市の『夢』
https://www.youtube.com/watch?v=HBbWz10TWhw



上海のシドペコールロー
https://www.google.co.jp/maps/place/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E4%BA%BA%E6%B0%91%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD+%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E5%B8%82+%E4%B8%8A%E6%B5%B7/@31.2402378,121.4961622,82m/data=!3m1!1e3!4m2!3m1!1s0x35b27040b1f53c33:0x295129423c364a1



三角形の中の目
https://www.google.co.jp/maps/place/%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E5%B8%82%E9%BB%84%E6%B5%A6%E6%B1%9F%E9%81%8A%E8%A6%A7%E7%A5%A8%E5%8B%99%E4%B8%AD%E5%BF%83/@31.2364229,121.4997852,163m/data=!3m1!1e3!4m2!3m1!1s0x35b270f2b55a91d9:0x8f4d1aa86af98b1e




参照資料②

『311』の直前から始動した『辛亥革命』のプロパガンダ
https://www.youtube.com/watch?v=ojjITVK88EM



子孫によるプロパガンダ




 



著者と目されている人物は『変容』していません。
この人が喋っている語り口の内容のなさから推して、
おそらく本を書いているのは別の人なのでしょう。





松本楼
https://www.google.co.jp/maps/place/%E6%97%A5%E6%AF%94%E8%B0%B7+%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E6%A5%BC/@35.6739342,139.7545978,621m/data=!3m1!1e3!4m2!3m1!1s0x60188bf2139f70cb:0x41096e80aa2b9146



先行出版されている同類項
 








定理 世界支配システム

政治・経済・文学・哲学・軍事・医療の6部門に
各11人ずつ『変容』した人間を配置して世界の堕落を促進するシステムである。
『変容』した人間は小児性愛、M、覗き、痴漢、女装癖などの『変態』となる。
『変容』した人間は記憶を入れ替えられて操作されている。


(マイクロチップを埋め込んで操作するというのはこの寓意である)




実例①

『覗き』の変態を促進するライブチャット
https://www.youtube.com/watch?v=5vLhVOnbCOE



私はこの動画を見てマカネがやっていることを思い出しました。





実例② 『豊穣の海』
三島由紀夫が『世界小説』として書いた『変態文学』
すなわち『豊穣の海』の第三部『暁の寺』と第四部『天人五衰』






四部作の狂言回しとして登場する本多はデバガメですが、
その衝動が起きると止めることができない。
これは団子の兄弟の中に『覗き』の変態がいることを示唆しています。
何かのきっかけで欲望が昂進し制御できないようにされている。
そのきっかけは特定の色を見ることによるかも知れません。


清顕、勲、ジン・ジャンの脇腹にある三つのホクロは、
尾てい骨の上に彫られた三桁の認識番号を、
20歳の誕生日を迎えると死んで転生するというのは、
20年の任期を迎えると役割が終えることを示唆しています。


この『変態の世界小説』のもう一つ重要な点は、
『変容』した人間の記憶が操作されているということです。
最期に門跡が本多の記憶を否定する場面がありますね。


「松枝清顕さんという方はお名をきいたこともありません。
そんなお方は、もともとあらそやらなかったのと違いますか?
何やら本多さんが、あるように思うてあらしやって、
実ははじめから、どこにもおられなんだ、ということではありませんか?」


本多は、
「それなら、勲もジン・ジャンもいなかったことになる・・・
その上、ひょっとしたらこの私ですらも・・・」
と確信が持てなくなります。


すると門跡は、
「それも心々(こころこころ)ですさかい」
という認識論で締め括ります。


「この庭には何もない。
記憶もなければ何もないところへ、自分は来てしまったと本多は思った。
庭は夏の日ざかりの日を浴びてしんとしている。・・・・・」




というラストは『変容』した人間がたどりつく『虚空』の寓意なのです。
『変容』した人間の行く着く先は『虚空』なのです。
今までこのラストは平岡公威の『遺書』として読まれてきましたが、
平岡公威は自決する覚悟を固めていた訳でもなければ、
またこれを書いたのも平岡公威自身ではありません。
『天人五衰』のラストはイルミナチオ信徒の末路の『象徴化』なのです。
目から鱗が落ちる思いとはこのことですね。









事例③ 『千と千尋の神隠し』

オルペウス教の信徒の宿命を『象徴化』した作品です。
千尋は名前を奪われ『千』という数字で呼ばれて酷使され、
自ら信徒となったハクは名前を奪われて記憶さえもなくしています。
エンデイング・テーマが竪琴をかき鳴らしながら歌われるのは、
イルミナチオがオルペウス教を下敷きにしているから。 


https://www.youtube.com/watch?v=9O4SMw_8Om0


おそらく『変容』した人間は記憶を操作されるだけでなく、
『いつも何度でも』『胸のどこか奥で』呼ばれているのです。







以上はみんな同じ同心円で出来ています。
これを支えているのがアルカナあるいはアイオーンと呼ばれているであろう、
『若返りの秘薬』と称するところのヤクです。




※『毛沢東の私生活』は非常に重要な資料なので出来れば目を通しておいてください。
コメント

コメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新記事

(08/06)
(07/07)
(07/07)
(06/01)
(05/11)
(05/03)
(04/02)
(03/01)
(02/19)
(02/01)

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]