Home > 未選択 > Z旗

Z旗


最終定義 
Z=坂の上の満州族
Z旗=坂の上の満州族の『象徴化』




定理 坂の上の満州族は旗に拘泥する。
八旗制、旗本制度、旗幟鮮明etc.





以下定義と定理の実践問題です。
簡単な解説をしておくので各自掘り下げてください。




実例その①坂の上の満州族の私物国家の旗3種



http://tonarinoretoro.blogspot.jp/2012/06/24527-107-3852728-527-zz-wiki.html

向かって中央に日章旗、右手に旭日旗、そして左手にZ旗が掲揚されております。このZ旗は日本海海戦にあたり当時の日本海軍連合艦隊を指揮した東郷平八郎とならぶ重要なパスワードとなっております。





※日露戦争
坂の上の満州人の坂の上の満州人による坂の上の満州人のための八百長戦争である。
満鉄付属地にヤプーを駆り出して『錬金術的哲学』モデル都市を次々と建設している。
満鉄も満映もいずれ坂の上の満州族の王が帰還するために創らせたものなのである。





※明治維新
極東のまことに小さな国が坂の上の蜘蛛に絡め取られた残酷な物語であり、
『真田丸』と同じく坂の上の満州族による厚顔無恥な創作神話である。
(武田信玄と織田信長を誅殺した真田一族は徳川幕府も早や三代目にして乗っ取っている)




参照 坂の上の満州族御用達ヤプー洗脳番組
https://www.youtube.com/watch?v=P5ze4-iFEL4



東郷平八郎 満州人 悲しみの目で金を見ている 知性も教養も信仰心も何もない 口先男 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:T%C5%8Dg%C5%8D_Heihachir%C5%8D.jpg





秋山真之 満州人 悲しみの目で金を見ている 感性も愛情も直観も何もない 虚言の口
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Akiyama_Saneyuki.jpg
 






※八紘一宇
坂の上の満州族の私物国家の私兵たる大日本帝国陸海軍の掲げた理念。
大日如来を中心とする宇宙観を現わした九会曼荼羅の『象徴化』。
或いは九会曼荼羅を模した会場で執り行われる『変容』の儀式の『象徴化』。
すなわち八紘一宇とは究極の家畜制度『666』による世界支配システムの『象徴化』である。
八紘一宇=八・一宣言=八一中国人民解放軍 
大日本帝国軍の後身たる自衛隊と人民解放軍は両サイドに配置されたトモダチ同志である。
ついこないだまではそうだったが現在はこの等式は成立しない。中共はマトモになりつつある。




実例その② オトポール!=坂の上の満州族!



オトポールの拳を握ったロゴはトルコ・フリーメーソンの聖なる指文字のZに該当する。


種村季弘『アナクロニズム』






CIA革命学校=坂の上の満州族のポチ学校


プラハの春=北京の春=アラブの春=太陽花学生運動=SEALDs=坂の上の満州族のポチの祝祭



※ちなみに「何とかの春」は『錬金術的哲学』用語すなわちイルミナチオの用語。
『錬金術』に於ける春とは真に高揚する五月を指している。
だからパリ五月革命では学生たちは胸に赤い薔薇の花を差していたのである。




実例その③ B'z(満州人のデユオ)=226
226が坂の上の満州族の使嗾によって演じられたヤラセであることを『象徴化』している。





実例その④ World War Z=坂の上の満州族の最終戦争


パラマウント映画=ヤンマイヨンの『象徴化』 
https://www.youtube.com/watch?v=FpkMu9pYkEY



中国雲南省シャングリラにある三つの神の山、その一つであるヤンマイヨンは、
文殊菩薩であると同時に文殊菩薩の化身たる坂の上の満州族の『象徴化』でもある。
またヤンマイヨンをぐるりと取り囲む22個の星は、11人の坂の上の満州族と、
11人のポルトガル最高支配層(すでに満州族に呑み込まれている)の『象徴化』である。



字幕付きはこちら
https://www.youtube.com/watch?v=k9y30n7oJFk



主演のブラッド・ピッドは満州人。悲しみの目で金を見ている。 
坂の上の満州族の世界最終戦争をリークした映画としては
『20世紀少年』の方が重要度が高い。



※zonbi(不死者)
坂の上の満州族あるいは世界支配システム『666』の『象徴化』。
若返りの薬と称する高品質のヤク(アルカナ)を不断に喫っているので不死者という。
アルカナは毎年12月25日に行われる『変容』の儀式に必要欠くべからざるアイテムだが、
昨年辺りから配給が途絶しており、今年に入って幻聴や統合失調などの禁断症状が顕著である。
昨年暮れの『変容』の儀式も執り行われていない。つまり『666』は実質崩壊している。
慣性の法則で機能している分野もあるが文学部門の崩壊は加速度的に進行している。
いずれすべて消滅する。

コメント

コメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新記事

(12/03)
(11/01)
(10/23)
(10/01)
(09/18)
(09/02)
(08/06)
(07/07)
(07/07)
(06/01)

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]