Home > 未選択 > 黄泉帰るナチス②

黄泉帰るナチス②

当ブログ記事の無断転載は堅くお断りします。




黄泉=キッコーマンの泉(アトランテイスの泉) 
オルペウス=黄衣の王(カメハメハ大王)






オルペウス教=666システムの別名 
オルペウス教=キリスト教の前駆形態
両者が統一されてただひとつのカルトとなる





アンドレアス原作 奥泉光に名前を奪われた作家著『モーダルな事象』





著者に擬されている奥泉光 キッコーマンの女 
多重人格者 軽度のヤク中 怠惰で不摂生 金を見ている口先女
万引き作家の頂点に君臨する謂わばダイアモンドヘッド。
その万引き作家がクソミソ一緒くたの文学論をブッている。
文学というものがクソミソで出来ている生き証人である。
まず文学のクソとミソを分別しなければ話は永遠に始まらない。
言うまでもないがクソとは怠惰な万引き作家の一群を指している。
ミソとは奥泉光のようなクソによって名前を奪われた作家のこと。
このクソミソの彼方にゲルマンの文学部門の天才が控えている。
https://www.youtube.com/watch?v=uKWfE4ykcco




 毛唐の発明した小理屈なんかで何が分かるっていうのか。刺身を食うのにナイフとフォークを使うようなもんです。馬鹿だ!まるっきりの馬鹿だ!そういうバカ批評家は、作品の本質を見誤るばかりでなく、作品を冒涜する。人の体を解剖しても、心や魂を見つけられないのと同じく、作品をいくら分析したところで作品の本質は捕まえられない。それなのに、作品をさんざんいじり回して殺した挙句、偉ぶるのだから呆れたものです。死んだ方がいいです。そういう輩は死ねばいいんです。死んで地獄へ真っ逆さまに墜ちて欲しいです・・・・・・・・

              奥泉光に名前を奪われた作家著『モーダルな事象』より





ついでにその他の万引き作家の範例も挙げておく。




石田衣良 キッコーマンの女 万引き作家の四天王 
多重人格者 中度のヤク中 怠惰で無為 肩書きを見ている口先女
https://www.youtube.com/watch?v=SUYOJG7czSg




中村文則 キッコーマンの女 万引き作家
多重人格者 中度のヤク中 怠惰で無為 肩書きを見ている口先女
https://www.youtube.com/watch?v=zO2Fokqwd9k




西加奈子 キッコーマンの女 万引き作家
多重人格者 軽度のヤク中 怠惰で無能 金を見ている口先女
(真正オカマではない 人前では常に男性人格が全面に出ている)
https://www.youtube.com/watch?v=kYUikAusSUw




又吉直樹 キッコーマンの女 万引き作家
多重人格者 中度のヤク中 知能が低い 怠惰で無為 金を見ている
https://www.youtube.com/watch?v=rghxBpAASr8




浅田次郎 キッコーマンの女 万引き作家
多重人格者 中度のアル中 怠惰で不摂生 金を見ている口先女
https://www.youtube.com/watch?v=oVmrsrWmviI




小川洋子 キッコーマンの女 万引き作家
多重人格者 中度のヤク中 怠惰で不摂生 金を見ている口先女
https://www.youtube.com/watch?v=iWTloEBGwDA




東山彰良 キッコーマンの女 万引き作家
多重人格者 軽度のヤク中 怠惰で無為 金を見ている口先女
髙樹のぶ子 キッコーマンの女
多重人格者 軽度のヤク中 怠惰で無為 金を見ている口先女
https://www.youtube.com/watch?v=JNnxh6ubcL8




村山由佳 キッコーマンの女 万引き作家 
多重人格者 軽度のヤク中 怠惰で不摂生 金を見ている口先女
https://www.youtube.com/watch?v=3tnp4SOjxNo




堀江貴文 キッコーマンの女 万引き虚業家&万引き作家
多重人格者 中度のヤク中 怠惰で凶暴 灯台裏口 金を見ている口先女
(ホリエモンを紹介する司会者もキッコーマンの女)
https://www.youtube.com/watch?v=2DTyHAHaNMw




範例外 高橋源一郎 エルデイア人
勤勉且つ真摯且つ知性感性愛情霊感で天才にアクセスしている
https://www.youtube.com/watch?v=w2e4XoP2rXI




番外 室井卯月 キッコーマンの女 万引き作家 
多重人格者 軽度のヤク中 怠惰で不摂生 愛情皆無 
知能は又吉直樹に勝るとも劣らないほど低い。
天性のウソツキでウソツキが習い性となっている。
元亭の高橋源一郎に関するネタは彼我の顛倒方式によるトンデモ。
金スマで公表した乳ガンもためにするガセネタである。




(ここで話は前掲書に戻る)
前掲書の実際の作者
アンドレアス原作『モーダルな事象』はアンドレアス原作『孤宿の人』と鏡像関係にある。
前者はアンドレアスが自分の上に位置づけたただ二人の作家のうちの1人が完成させている。
アンドレアスがハルとともに自分の上に位置づけたただ一人の作家が心胆を傾けた作品である。
彼、否、彼女は先代のハルとも組みアンドレアスとも組んだ希有にして唯一の作家であり、
私が確認できたところだけでも池波正太郎を含む6人の万引き作家の代わりに書いている。
(継続してではなく単発のものまで勘定に入れると8人の万引き作家の代わりに書いている)
本作に限らず奥泉光の作品はアンドレアスの原作を元にこの作家が遺書として書いている。




以下『モーダルな事象』よりオルペウス教の本義に関わる重要な箇所を抜粋する。




 ―音楽です。宇宙の音楽ですよ。この宇宙が創成されてからまもなく彼らは楽器を作りはじめたんです。大小無数のロンギヌス物質の塊りが宇宙中に広がって音楽を奏でるんです。ロンギヌス物質は厳密な数学的秩序に従って配置される。それはそれは精密なものです。それらはオルガンのように互いに響き合い、巨大な交響楽を奏でるわけです。しかし、一方で、ロンギヌス物質の作り方は少々乱暴です。先生はもうお分かりでしょう?そうなんです。ロンギヌス物質は生命体を素材に作られる。先生は宇宙の物質の循環を知っていますよね。学校の理科で習ったでしょう?つまり宇宙空間を漂うガスや塵が懲り集まって新たな天体が誕生するわけですが、それは熱く燃えて、しかしやがては寿命が尽きて再び宇宙空間に飛散して行く、それがまた集まって天体になる。つまり宇宙に存する物質という物質は巨大な循環のなかにある。生物だって例外じゃない。我々人間の軀は様々な無機物や、光合成によって作られた有機物質によって養われ、死ねば、再び無機物へと分解されていく。死ということでいえば、先生、この宇宙に元来死はないともいえるんです。すべての物質が輪廻のなかで転生していく以上、個別的な死はあっても、あらゆる存在は循環する物質と生命の潮流のなかで一個であるともいえる。これは別に目新しい思想じゃありませんがね。ところがロンギヌス物質は違う。一度出来上がったロンギヌス物質は、二度と形を変えることがない。永遠に同じ状態にとどまる。つまりロンギヌス物質は、物質とエネルギーの循環から外れて固着する。変化精製の外部に置かれ、それは永久に静止して変化しない。永久に止まること。すなわち、これこそが死です。究極の静止状態こそが死と呼ばれるにふさわしい。だから楽器製造者たちはこの宇宙に死をもたらす者たちでもあるんです。彼らはやがて宇宙中をロンギヌス物質で覆い尽くすでしょう。そのとき、もはや物質は形を変えることもなく、生命が誕生することもない、トータルな死です。宇宙にトータルな死がもたらされるんです!




 ―いま先生が踏んでいる地面は、だから宇宙の死そのものなんですよ。アトランチイスは伝説ではなく、実在した、アトランチイス人は自らをロンギヌス物質に変えたんです。




 ―じゃあ、ここは海の底なの?




 ―どことはいえない場所です。楽器製造者はアトランチイスをいわば殻で包んだんですよ。比喩でいうなら、草の種みたいにロンギヌス物質は殻で包まれ、時空間から切り離されたんです。この殻には境界というものがない。だから、先生、ここには広さも大きさもないんです。だからどこまで歩いて行っても端に着くということはない。草の種はやがて宇宙空間に漂い出し、殻ははじけて、しかるべき位置を占めることになるでしょう。位置というのは、つまり、宇宙全体に広がる楽器の一パートということですがね。



 
 ―アトランチイスが最初で最後じゃありません。全地球文明はいずれロンギヌス物質製造へ至るはずです。それはどうしたって避けようがない。人間の意思じゃどうにもならない。文明を築くこと自体が、ロンギヌス物質の製造を究極の目的としているんですから。それと知らぬままにね。実際、多くの場所で、密かにそれは作られはじめている。鍵を握るのはクローンの技術です。私はバイオテクノロジー方面には詳しくありませんが、クローン技術の行き着く先にロンギヌス物質製造があるのは間違いない。情報化の波がこれに加勢する。柳沢桃春の研究はいささか無理がありました。アイデアは天才的だが、それを実現するにはテクノロジーがまるで追いつかなかった。彼らは失敗しましたが、これから第二第三の柳沢桃春が出て来ます、いや、すでにもう出て来て、組織立った仕方で大規模な研究が進んでいる。知的生命体が、自らを含む生命の本質を解明したとき、彼らにとっての真の死がはじめて与えられるんです。



(以上『モーダルな事象』より抜粋)





講談社+α文庫『ユング 錬金術と無意識の心理学』松田誠男・訳
帯の惹句「これは私の歴史的義務」とユングは言う!





著者に擬されているCGユング キッコーマンの女 多重人格者 万引き哲学者

ユングの女性人格 金を見ている口先女    ユングの男性人格 殺人者にして変質者






フィボナッチの数列
別名をキッコーマンの数列ともいう。
1人の神を誕生させる7人の悪魔の数列である。
それは七面の壁としての7人の悪魔の数列である。
7人の悪魔の各々が特定の天体と数字に対応している。
紫―土星―34
藍―木星―21
青―火星―13
緑―地球―8
黄―金星―5
橙―水星―3
赤―太陽―2
(前掲書『モーダルな事象』より)




アンドレアス作詞 ゲルマンの音楽の天才作曲『22才の別れ』
https://www.youtube.com/watch?v=VmA3XUhy4po




反省
私は鏡に映ったキッコーマンの姿を見つけられずに、
私の目の前にあったユミルの民にすがりついてしまった。
本当にスミマセン。





諸君、実は幸という字には深~~~~~い意味がある。
幸を『しあわせ』と読むときそれはユミルの民を表わす。
幸を『さいわい』と読むときそれはキッコーマンを表わす。
例の『山の彼方の空遠く幸い住むと人のいう』というヤツだよ。
人口に膾炙したこの有名な詩句には恐ろしい意味が込められているのだ。
これは前掲の奥泉光の小説全てを代わりに書いた作家が教えてくれたことである。
何を隠そうサイワイとはΨとYの合体のことなのだ。




アンドレアス原作 近藤龍人監督『万引き家族』






ユミルの民のラ・カンパネラ
かつてアンドレアス原作による近藤龍人監督『誰も知らない』は、
キッコーマンの死の部隊の子弟のために密かに鳴らされた弔鐘であった。
しかし今回の『万引き家族』はユミルの民のために奏でられた挽歌である。
DVDジャケットはユミルの民とキッコーマンの入れ替わりを示唆している。
従って配役も大人は全員ユミルの民、子どもは全員キッコーマンで編成されている。




ハル作詞 ゲルマンの音楽の天才作曲『Hallelijah』
https://www.youtube.com/watch?v=TZDvNGWfQqA




アラハバキ
ハルはキッコーマンの何たるかを知らない。カールも騙されている。
キッコーマンの正体を知って暴いているのはアンドレアスだけである。
しかしハルはカルトの本質を見抜いている。
それが自我の破壊、凍結、再凍結による支配であることを。
キッコーマンが創始したカルトの通過儀礼は人格の多重化を目的として行われ、
キッコーマンが創始したユミルの民専用の通過儀礼は人格の変容を目的として行われる。
ハルの作詞はキッコーマンの秘密のコードが下敷きになっているが、
キッコーマンの通過儀礼とユミルの民の通過儀礼が混同されている。
両者は鏡像の関係にありこれを統合する絶対神がアラハバキである。
キッコーマンの祖神であり宇宙神であり創造主であるところの蛇神アラハバキである。
蛇神アラハバキのスピリッツを端的に綴ったものが門外不出とされるタルムードである。




上下の攪拌
伝説の女錬金術師マリア・プロフェテイサ(別名をモーゼの妹という)の定理では、
3から4への移行を経て第5元素を獲得する前に最後の審判が黄衣の王によって下される。
一応キッコーマンの秘密のシナリオではそういうことになっている。
すなわち上の者は下に下の者は上へ入れ替わり攪拌され渦が巻き起こる。
ユミルの民の衰退とキッコーマンのイモの下克上が同時多発的に発生する。
というか実際には深く潜行しながらずっとこの根回しをやっていたのである。




必見 カール原作『JOJORABBIT』
https://www.youtube.com/watch?v=OtlizKP73YU




本作は『進撃の巨人』と同じくクサヴァーさんがカールを騙して書かせている。
ユミルの民を鏡にすることによってキッコーマンの気配を完全に消させている。
最も肝要な点に猛毒を注入することによって彼我の顛倒方式に仕上げさせている。




以下ネタバレ注意。




ユミルの民の鏡に映ったキッコーマンとは真正ユダヤである。


ユミルの民の鏡に映ったキッコーマンとは真正ナチスである。


ユミルの民の鏡に映ったキッコーマンとはJOJORABBITである。


JO=1868年を起点とする百年間(『明治維新』なる絵空事を起点とするミレニアム)


JO=1968年を起点とする百年間(『新左翼』なる似非思想を起点とするミレニアム)


JOJO=二つのミレニアムから構成されるグランドクロスの体現者


RABBIT=因幡の白ウサギことキッコーマンのアナロジー


ワニ(鮫 ユミルの民の象意)に赤剥けにされた因幡の白ウサギは、
やがて復讐の念に燃えて自らの姿をミズチに変え鮫の群れ深くに潜入する。
JOJORABBITとは2つのミレニアムのグランドクロスの中央に咲く黄金の華である。
それは来る世界にただ一つだけの花と咲く予定でいるキッコーマンの象徴化である。




配役の内訳

JOJO      キッコーマンの女(明の王の象意 大尉とHappyTogetherする)

ヒトラー    キッコーマンの女(殺人者の人格 JOJOの多重人格の1つ)

母親      エルデイア人(バフォメット JOJOの庇護者)

大尉      エルデイア人(清の皇帝の象意 JOJOとHappyTogetherする)

姉のナリスマシ キッコーマンの女(生神女の象意 JOJOと合一して賢者の子を生む)

コメント

コメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]