Home > majick > majick44  難民支援という名の人身売買

majick44  難民支援という名の人身売買

まず訂正とお詫びから。mjick43補足資料のAFPの合成写真についてですが、ベルリンのプレミアでアンジーと一緒に携帯写真を撮っている女性は、単独の埋め込みではありません。動画を見たら他の人たちと同じように写っていました。大変申し訳ありません。


http://www.youtube.com/watch?v=xe5xpx8SMJs




4分50秒~56秒に奥の方に見える群衆はCGですね。パリの方はもっと分かりやすいです。



http://www.youtube.com/watch?v=_Fr-WIIfLnc



CGでない人たちも全員ヤラセのエキストラでしょう。もし本当にヤラセでなくて一緒に携帯写真を撮ったりしたら『アンジェリーナ・ジョリー』がCGで出来ている虚構だとバレてしまいますから。では以下本文です。



アンジェリーナ・ジョリーの項 ウイキより抜粋

2001年頃から本格的に慈善活動を始め国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の親善大使も務める。その活動の一環として、2002年3月にカンボジア人の男児(マドックス・チヴァン)、2005年7月にエチオピア人の女児(ザハラ・マーレー)、2007年3月にベトナム人の男児(パックス・ティエン)をそれぞれ養子として引き取る[15]。2006年5月には、ナミビアで俳優ブラッド・ピットとの間の実娘、シャイロ・ヌーベルを出産した(入籍はしていない)。ちなみに「シャイロ」は「救世主」「幸福なもの」という意味があり、アンジェリーナの実兄につけられるはずだった名前である。2008年7月12日にフランス南部のニースで男児(ノックス・レオン)と女児(ヴィヴィアン・マーシェリン)の双子を出産[16][17]。

(以上抜粋)



ウイキの文章は言い得て妙です。『アンジェリーナ・ジョリー』はUNCHRの活動の一環として世界各国の子どもたちを色々取り揃えているんでしょう。しかし大抵の人はこうしたプロパガンダを鵜呑みにしています。



参照
http://norinaotaehit.jugem.jp/?eid=211



実際は『アンジェリーナ・ジョリー』は公称の1975年より約2年ほど早く生まれているようです。父親はジョン・ヴォイト。しかし実母はマルシェランではありません。それがpeople紙に掲載された上半身挿げ替えの赤ちゃんの写真が意味するものです。下の二葉の写真もそうです。マルシェランが抱いているのはいずれもジェイムズです。マルシェランは2歳以降のアンジーしか知りません。おそらく一度もその腕にアンジーを抱いたことはないでしょう。



http://www.tumblr.com/tagged/marcheline%20bertrand?language=ja_JP


 
Angelina Jolie as a baby w/ her mom Marcheline Bertrand,
aunt Debbie Bertrand Martin, and Martin’s son Chris Martin. Both Marcheline and Debbie
 passed away from cancer six years apart :-(Credit: Team-Jolie.com GalleryPeople magazine 2013.






こちらに同じ赤ちゃんが登場しています。写真提供には「赤ちゃんのアンジェリーナ・ジョリー1975年」というキャプションがついています。しかし次のブログではジェイムズの赤ちゃん時代だとしています。こちらが正解です。





http://www.femalefirst.co.uk/board/post3891622.html
These have to be 2 pictures of a younger Jon Voight with his Son James as a baby,
The 1st picture appears to be Jon Voight, Marcheline and baby Son James
And oh my what a gorgeous baby James was!









同じ赤ちゃんが「名付け親のジャクリーン・ビセットと赤ちゃんのアンジー」と題した写真にも登場しています。アンジーは二歳の時に連れてこられたのであり得ないシーンです。






Jacqueline Bisset (Angie's godmother) and Angie (as a baby)-Extra fantastic!
http://www.fanforum.com/f25/angelina-jolie-53-her-mighty-heart-wanted-beyond-borders-63070247/index16.html




ジャクリーン・ビセットはマルシェランとは長い友人付き合いをしています。アンジーがマルシェランの子どもでないことも熟知しているでしょう。にも拘わらずジャクリーン・ビセットは後年アンジーとはわだかまりなく接しています。マルシェランンはこの友人に一切の愚痴を言わなかったのですね。


私はマルシェランという人はその言葉の意味する通り善人なのだと思います。ジャクリーン・ビセットはマルシェラン亡き後「死人に口なし」で出版された『暴露本』を読んで、ヴォイトとアンジーのやり方のあまりの酷さに怒りを覚えたことと思います。そして親友がどんな状況にいたかを初めて理解して愕然としたことでしょう。



下は例のpeople紙に掲載されたジェイムズ4歳のお誕生日パーテイーの時のヤラセ写真です。アンジーの上半身を挿げ替えて、2歳という設定にしています。上の写真がアンジー本人であれば挿げ替える道理はありません。









同じく上半身を挿げ替えたアンジーの写真









面差しが上の赤ちゃんとは違っています。私見ではアンジーの実母は十代のヒスパニック系の少女です。アンドリュー・モートン著とされる『暴露本』は、その実ヴォイトとアンジーの共謀によるマルエシェランの誹謗中傷です(おそらくジェームズはヤラセ写真を担当)。ヴォイト家の物語は95%がウソで練り固められています。


アンジーが二歳ころに生母から引き離されヴォイト家と同じアパートメントの5階に連れて来られていることが分かります。『暴露本』はマルシェランを俗臭フンプンたる過干渉の母親に仕立てていますが、私はマルシェランはアンジーとはほぼ没交渉で暮らしていたと思います。


アンジーの両親が幼いころに離婚し母親が経済的に苦労したというのも創作です。ヴォイトとマルシェランは一度も離婚していないし経済的に困窮したこともないでしょう。歯列矯正はともかく、痩せっぽちが原因でイジメられたという話も作り話、14歳の時にアンジーが初体験をしたというのもマルシェランの許可を得て同棲したというも作り話でしょう。実際のアンジーは中学卒業と同時に家を出て一人暮らしを始めているようです。


女優になろうとして百回近くもオーデイションを受けたようですが落ちてばかりで、自暴自棄になったアンジーから自分の醜聞が漏れるのを恐れヴォイトが陰で援助して、漸く女優としてデヴュー。『サイバーネット』で共演したジョニー・リー・ミラーと恋に堕ちます。この前後で拒食症を発症。ミラーとの協議離婚の原因には恐らくアンジーの多重人格症の症状があったと私は考えています。


1998年頃に世界支配層にスカウトされてからはヤク漬けにされ、『トウームレイダー』で世界的に大ブレイク。アンジーが出演しているものは過去に遡って全て加工修正され、CG美女として仮想世界の中に生きるようになります。
2001年8月27日、すなわち911の二週間前に正式にUNHCR(国連高等難民弁務官)の親善大使に就任。『人道介入』の名を借りた主権国家潰し&『国際養子縁組』の名を借りた人身売買の広告塔として、世界中を飛び歩くようになります。


やがてビリー・ボブ・ソーントンと結婚。両者ともポルノの象徴のような映画に出演する一方では、二人でカンボジアへ出かけて人身売買をしている斡旋業者から赤ちゃんを買い取ったりします。米国政府からビザ発行が禁止されますが、アメリカ大使がAP通信に「ノープロブレム」と発言して一件落着。生れて半年も経たないマドックス君は人身売買されてしまいます。アンジーは国連から世界市民賞第一号を受賞。その後ビリー・ボブの浮気の『噂』だけで強引に離婚。一心に養子に愛情を注ぐシングルマザーとして売り出します。


お次は『アメリカの恋人』と呼ばれるジェニファー・アニストンからブラピを略奪するストーリー展開です。『三角関係』の醜聞のお蔭で『Mr.&Mrs.スミス』は抜群の興行成績を上げます。やがてアンジーはブラピとの間にできた子どもを『出産』。その一部始終もまた過熱報道されて売上げ倍増に。その一部を慈善団体に寄付する代わりに、『実子』の名前で寄付を募ったりと抜け目のない商売をします。『実子』と人身売買でかき集めた子どもたちを引き連れて、見世物興行する『ブランジェリーナ』(国連の偽善と欺瞞を一身に体現する世界的商標)の誕生です。


現在このゲテモノカップルは、豊胸手術を『乳癌予防切除手術』と偽ってangelina of revolutionを起こしている最中です。




Angelina Jolie's Medical Choice Video 1
http://www.youtube.com/watch?v=H1Sn08FgKUs


Angelina Jolie's Medical Choice Video 2
http://www.youtube.com/watch?v=2YrUgtHh1vA


Angelina Jolie's Medical Choice Video 3
http://www.youtube.com/watch?v=n7GbIgnIsww


Angelina Jolie's Medical Choice Video 4
http://www.youtube.com/watch?v=vbtp_CpT93Q


Angelina Jolie's Medical Choice Video 5
http://www.youtube.com/watch?v=FPpV_CXKxqQ


Jolie Pitt TV News - May 15, 2013
http://www.youtube.com/watch?v=psDMfJzt3aY


Jolie Pitt TV News - May 16, 2013
http://www.youtube.com/watch?v=pn3H6cIFn9w


Jolie Pitt TV News - May 17, 2013
http://www.youtube.com/watch?v=WT6kOZSuYFI


Jolie Pitt TV News - May 20, 2013
http://www.youtube.com/watch?v=gCQIhkzl4U8


Jolie Pitt TV News - May 21, 2013
http://www.youtube.com/watch?v=Xvk4GXdIT4U


Jolie Pitt TV News - May 22, 2013
http://www.youtube.com/watch?v=WI9AEn32wrU


Jolie Pitt TV News - May 23, 2013
http://www.youtube.com/watch?v=FnFxLiOBfJY


Jolie Pitt TV News - May 24, 2013
http://www.youtube.com/watch?v=x2eOk2mgI4M


Jolie Pitt TV News - June 3, 2013
http://www.youtube.com/watch?v=sUUMeh03PyM


Angelina Jolie Interview on French TV - June 3, 2013
http://www.youtube.com/watch?v=4zeQBpzSNHE


参照
http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/df1c23e1a03b3f60c9c85b2d55c4eb5c




以下アンドリュー・モートン著『アンジェリーナ・ジョリー 暴かれた秘密』鈴木しょう子訳
より抜粋します。



アンジーが養子を引き取ろうと考えていたのは、アフガニスタンではなく、『トゥームレイダ―」撮影中に強い影響を受けたカンボジアだった。9・11事件以来、飛行機に乗るのがますます恐ろしくなっていたにもかかわらず、ビリー・ボブとアンジーは二〇〇一年十一月、プノンペンへと飛び、養子縁組の仲介者とともに児童養護施設を見学・・・・養子縁組への最初のステップは、ハワイ出身のセミプロのダンサーであるローリン・ガリンドと元ソーシャル・ワーカーのリン・デヴィンの姉妹が運営する、シアトル国際養子縁組エージェントとコンタクトを取ることだった。


そこはカンボジア最大の養子縁組エージェントで、児童養護施設の運営から学校の設立、また教養公正プログラムなどに資金提供もしていた。<カンボジア・デイリー>紙はローリンを次のように紹介している。『ローリン・ガリンドのような人が、アンジェリーナ・ジョリーを含め、養子を望む多くのアメリカ人夫婦たちから信頼される理由はすぐにわかる。ローリンはダンサーのように優雅な振る舞いと、カンボジアから養子を迎えることを決意させるだけの思いやりを持って多くの両親たちに接しているからだ。親たちの安堵のため息が聞こえるようだ。“彼女は私たちの見方だわ”と』


カンボジアへと飛び立つ前、ビリー・ボブとアンジーはそのエージェントによる事前検査を受けていた。まずリンが里親としての適性を審査。次にローリンが受け入れ状況と両親の希望に合わせ、子どもを選ぶという段取りとなる。


仲介手数料は、里親候補のカップルの収入によって変わる。
標準的な料金は九千ドルだが、アンジーはさらに高い額を支払ったと考えられている。一部では十万ドル以上支払ったという噂もあるが、その正確な金額は明かされていない。支払れた手数料は、孤児への寄付と、政府当局への支払い、そして施設運営費へと分配される。ローリンはこの手数料を“賄賂”ではなく、“チップ”と呼びたがっていた。


ちなみに彼女の来る車はお抱え運転手つきのメルセデス・ベンツで、窓にはスモークフィルムが貼ってあり、さらにはトヨタのカムリに乗ったボデイーガードたちが後ろを追走してきていた。



引用者注
まるで組長待遇のヤーさんですね。





施設で、ビリー・ボブとアンジーはたくさんの赤ん坊に会ったが、彼らの心をつかんだのは、最後に会った生後三か月の赤ちゃん、ラス・ビボルだった。・・・「児童養護施設に行って、子どもを連れて帰ろうとするなんて、最高におかしな気分だったわ」とアンジー。


十一月下旬、二人はロサンゼルスに戻るとすぐに、それぞれ別の映画の準備を始めたが、調整した結果、どちらもモントリオールで撮影されることになった。これは彼らの親密さ、そして撮影場所を自分たちで決められるほどの映画界での影響力の大きさの証だった。


だが悲劇が起きた。モントリオールから帰って数日後の十二月、アメリカ政府が、カンボジアから養子として入国する子どものビザ発行を禁止したのだ。


その頃、カンボジア人権促進擁護同盟LICADHO(リカド)が、カンボジアの子どもの人身売買に関する報告をした。子どもたちをめぐり数百万ドルにわたる取引が行われており、なかには貧しい家庭から売られたり、盗まれたりした子どももいる、ということだった。さらには悪徳業者がこのような子どもたちを主にアメリカ人に売っている事例も報告された。


実はこのスキャンダルの渦中にいたのが、アンジーたちの養子、ラスのビザ申請を進めていたローリン・ガリンドだった。一時的に施設に預けていた赤ん坊を母親の同意なしに養子にしていたとして、LICADHO(リカド)がローリンを告発。三人の子どもを養子にされ、七百ドルだけ支払われたという母親の証言を含め、多数の証拠も揃っていると主張した。


アメリカ移民局は、ビザ発行が禁止される前に進められていた百十四件の養子縁組について、慎重に審議することを決定。これには当然、時間がかかることになる。下手したらアンジーとビリー・ボブも里親としての適性検査からまたやり直し、面談や家庭訪問を受けなければならないかもしれなかった。


だがしばらくすると、無実を訴え続けていたローリン・ガリンドからいい知らせがあった。二人がマドックスと名づけた赤ちゃんラスに、年末までにはカンボジアのパスポートが与えられるだろうというのだ。



養子を引き取る計画は世間には秘密であった。



引用者注
ザハラちゃんの時やパックス君の時はメデイアを使って予告宣伝しています。
なぜマドックス君の場合だけ極秘裏に事を運んだのかを考えるとき自ずと答えが見えて来ます。




養子縁組エージェントのローリン・ガリンドはナミビアの空港でビリー・ボブとアンジーに新しい家族を渡すと、あっという間に去っていった。『マドックスと一緒に来た看護士も、あの子を渡すと十分くらいで帰ったわ』とアンジーは振り変える。




引用者注
ナミビアは後にシャイローちゃんを偽装妊娠出産する時にも選んだ国です。
ブランジェリーナのために上空を飛行禁止区域にする措置を取っています。
貧富の格差が並はずれて大きく世界一と言われています。





『私はその小さな子を見つめて、どうしたらいいかわからなくなって母に電話したの。“赤ちゃんは一日にミルクをどれくらい飲むの?ボトル二本?それとも十本?全然分からないわ”って言ったのを覚えてる』




引用者注
こんな不用意な無責任な『里親』はいません。





結局、ビリー・ボブとアンジーは急遽、広報担当を通して共同声明を出した。『私たちがあの子に出会ったのは四か月前です。通常の国際養子縁組と同じように、里親となる私たちも子どもも、経歴を含めたあらゆるチェックを受けました。そしてカンボジアのパスポートが下りて、三月十一日、正式に私たちの息子となりました。…・』




引用者注
アンジェリーナ・ジョリーは自傷癖・拒食症を病み、
ヤク中で自己管理も自己コントロールもできないでしょう。
これでは育児能力も里親としての適性も皆無です。
もし本当に里親としての適正なチェックを受けていれば、
マドックス君は養子に出されることはなかったでしょう。
そもそもマドックス君は人身売買されたのですから、
里親の資格審査をする必要はありません。
言い方を変えれば,
そういう不法な調達方法でなければA・ジョリーには養子縁組など出来なかった、
ということです。






アンジーは、映画撮影を終える五月にマドックスを家に連れて帰る計画を立てていた。カンボジアのアメリカ大使館から、マドックスのビザが下りるのを待っている状態だったものの、明るい兆しはあった。


声明を出した二日後アメリカ大使ケント・ヴィーデマンがAP通信に、この案件に関する調査等の準備作業が完了し、マドックスが“人身売買された子ども”であると信じるに足る証拠は何もなかった、とコメントしたのだ。




引用者注
かくて十分信じるに足る証拠をリカドが提出しているにも拘わらず、
マドックス君は人身売買されたのです。






国連親善大使という立場のアンジーは、政治的な批判の的になった。彼女は、六月の世界難民の日を記念し、ノーベル平和賞受賞者のデズモンド・ツツ元大主教、国連事務総長のコフィ・アナンとともにドキュメンタリービデオに出演。それからまもなくの七月、オーストラリアの<ジ・エイジ>紙が、プノンペンの人権促進擁護団体の話を引用した記事を掲載した。


その内容とは、マドックス君がお金に困った母親から百ドルで買われた子どもで、政府高官に高額の賄賂が支払われたため、養子の手続きが急速に進んだ、というものだった。「あの子は絶対に、本物の孤児でも、親に捨てられた子どもでもないと思います。」


一方、アメリカ当局は、ローリン・ガリンドについて徹底的な実態調査を行っていた。二年にわたる調査で捜査当局は、ローリンがカンボジアの子どもの調達業者に金を渡し、家族から子どもを買収もしくは盗み、さらに子どもの身許証明書類を偽造したと主張。


アンジーはこの報告を受け、私立探偵を雇ってマドックスの素性を調べさせた。しかし、彼女の調査の結果は公にされず、ローリンを起訴した検事にすら調査結果を提出することはなかった。




引用者注
アンジェリーナ・ジョリーがやっていることは人身売買の事後共犯です。
最初からそのつもりだったられっきとした主犯です。



しばらくして、罪を認めたローリンは懲役十八か月の実刑判決を受け、連邦刑務所に送られた。だがその罪状は、ビザ詐欺とマネーロンダリングで、人身売買は含まれていなかった。妹のリンが罪の証拠を提出したのだ。


『アメリカ国民なら、世界中で子どもを買っても逃げ切れてしまうんです』とローリンを調査した米国入国・税管理局のFBI操作感リチャード・クロスは皮肉を込めて言った。『この国だと罪にはならないのですから」この一件は、アンジーの世界に直接的な影響を及ぼすことはなかったようだ。』」



以上アンドリュー・モートン『アンジェリーナ・ジョリー暴かれた秘密』より抜粋。




人身売買:10時間で子供を買う方法 (1)
http://www.youtube.com/watch?v=eMZixMkDHVo





コメント

コメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

RSS・ブックマーク

最新記事

(06/01)
(05/11)
(05/03)
(04/02)
(03/01)
(02/19)
(02/01)
(01/26)
(01/01)
(12/22)

最新コメント

[02/27 ペリマリ]
[02/27 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/26 ペリマリ]
[02/16 ペリマリ]
[01/20 ペリマリ]
[01/17 クールCyrusII]
[11/20 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/13 ペリマリ]
[11/12 jdwsr736]
[09/05 ペリマリ]
[03/16 ペリマリ]
[03/15 NONAME]